【SONY】α9を深掘りっ!~アクセサリー編~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

今までご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は「アクセサリー編」です!
α9と同時に発売されるアクセサリーを紹介してきますが
装着できるボディはα9だけではありません。
従来のα7/α7IIシリーズでも利用できる製品がありますので、要チェックです!

容量は約2.2倍に!
NP-FZ100
α9用に新しく作られたバッテリーで、容量はNP-FW50比で2.2倍!
フルサイズミラーレスの弱点であった電源周りにやっと手が入りました。
1本で約480枚の撮影が行えるようになり、やっと安心して使えるといった印象ですね。


ハンドリング性能UP!
VG-C3EM
縦位置グリップもα9に合わせたものに一新されています。
特に変わったのがグリップ部分。
今まではLA-EA4装着時の事も考慮しないといけなかったため
LA-EA4下部のAFセンサーやモーターを避けた設計をする必要がありましたが
今回はLA-EA3がかなり実用的になった事もあり、少しスマートになっています。

更に、プロからの要望でバッテリー収納部を開けるコックが変更になっています。
今まではツマミを回すタイプだったのですが、寒冷地などで手袋をした状態で
開閉がしづらいということで、ノブを起こして回すタイプに変更になっています。


NPA-MQZ1K

NP-FW50、NP-FZ100に対応したカメラで使えるアクセサリー
バッテリーが4つ繫げられるアダプターとなっており、
ボディに対しての電源の出力が可能になっていますので、長時間の撮影に重宝します。
またUSBの電源入力端子も備えており、複数個のバッテリーを纏めて充電することも出来ますので
様々な用途をひとつで纏められるアクセサリです!

ボディに差し込む先端部はNP-FW50の形状なのですが
NP-FZ100用のカプラーが同梱しているためどちらのボディにも使えますし
NP-FZ100が最初から2本付属しているのもポイントです!
α9を買われる方でバッテリーの追加を考えられている方は
こちらのアダプターを購入というのもありかもしれませんね。


筆者も予約しました!
GP-X1EM
α7IIシリーズにも対応したアクセサリーになります。
筆者も使用感に惚れて1つ予約してしまいました。

α9も含めてα7IIシリーズではグリップが少し小さく
男性は握った時に小指が余ってしまう事があったのですが
指がかりを良くし、ホールドしやすくなるという製品です。

指が余らなくなるため、ストレスなく握れますし
片手持ちをした場合などでも非常にホールドしやすくなるアクセサリです。


底部の三脚ネジを使って取り付けるアクセサリーになりますが
少し緩める事で簡単にバッテリーが交換出来るようになっており、
非常に考えて作られている製品だなと思いました。
今までより、ホールド感を上げたいと思われているお客様にかなりオススメです。

その他にも、純正の保護フィルムがセミハードではなくガラス製になっていたり
アイピースカップはロック機構が付き外れづらくなるなど
α9の発売に合わせて、非常に魅力的なアクセサリが登場してまいります。

2度目にはなりますが、エクステンショングリップは本当に良いです。
筆者イチオシのアクセサリです!

それでは、今回はこの辺りで失礼します。


皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours
α9を深掘りっ!特集ページはこちらから


※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:05月21日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む
車両のない鐵道写真2 写真展のご案内 〜 GTYと愉快な仲間たち 写真展『車両のない鐵道写真2』 2018年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは GTYと愉快な仲間たち 写真展 - 『車両のない鐵道写真2』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 【RICOH】GR II お気軽お散歩写真 2018年01月21日
皆さん、ご存知でしたか。 日本は世界でも珍しく四季のある国であること。 子供の頃から季節の変化があるのが当たり前の為 気にしていませんでした。 写真も当たり前に撮影しているかもしれません。 常識や知識だけではなく 自分だけの感覚や感性で撮影してみようと思います。 RICOH GR IIならそんな気持ちに応えてくれます。 1枚目は東京狭山茶手揉み実演をしているところを撮影。 GRレンズ18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8なので フラッシュなしでもブレずに表現出来まし...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]