【SONY】α9を深掘りっ!~アクセサリー編~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

今までご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は「アクセサリー編」です!
α9と同時に発売されるアクセサリーを紹介してきますが
装着できるボディはα9だけではありません。
従来のα7/α7IIシリーズでも利用できる製品がありますので、要チェックです!

容量は約2.2倍に!
NP-FZ100
α9用に新しく作られたバッテリーで、容量はNP-FW50比で2.2倍!
フルサイズミラーレスの弱点であった電源周りにやっと手が入りました。
1本で約480枚の撮影が行えるようになり、やっと安心して使えるといった印象ですね。


ハンドリング性能UP!
VG-C3EM
縦位置グリップもα9に合わせたものに一新されています。
特に変わったのがグリップ部分。
今まではLA-EA4装着時の事も考慮しないといけなかったため
LA-EA4下部のAFセンサーやモーターを避けた設計をする必要がありましたが
今回はLA-EA3がかなり実用的になった事もあり、少しスマートになっています。

更に、プロからの要望でバッテリー収納部を開けるコックが変更になっています。
今まではツマミを回すタイプだったのですが、寒冷地などで手袋をした状態で
開閉がしづらいということで、ノブを起こして回すタイプに変更になっています。


NPA-MQZ1K

NP-FW50、NP-FZ100に対応したカメラで使えるアクセサリー
バッテリーが4つ繫げられるアダプターとなっており、
ボディに対しての電源の出力が可能になっていますので、長時間の撮影に重宝します。
またUSBの電源入力端子も備えており、複数個のバッテリーを纏めて充電することも出来ますので
様々な用途をひとつで纏められるアクセサリです!

ボディに差し込む先端部はNP-FW50の形状なのですが
NP-FZ100用のカプラーが同梱しているためどちらのボディにも使えますし
NP-FZ100が最初から2本付属しているのもポイントです!
α9を買われる方でバッテリーの追加を考えられている方は
こちらのアダプターを購入というのもありかもしれませんね。


筆者も予約しました!
GP-X1EM
α7IIシリーズにも対応したアクセサリーになります。
筆者も使用感に惚れて1つ予約してしまいました。

α9も含めてα7IIシリーズではグリップが少し小さく
男性は握った時に小指が余ってしまう事があったのですが
指がかりを良くし、ホールドしやすくなるという製品です。

指が余らなくなるため、ストレスなく握れますし
片手持ちをした場合などでも非常にホールドしやすくなるアクセサリです。


底部の三脚ネジを使って取り付けるアクセサリーになりますが
少し緩める事で簡単にバッテリーが交換出来るようになっており、
非常に考えて作られている製品だなと思いました。
今までより、ホールド感を上げたいと思われているお客様にかなりオススメです。

その他にも、純正の保護フィルムがセミハードではなくガラス製になっていたり
アイピースカップはロック機構が付き外れづらくなるなど
α9の発売に合わせて、非常に魅力的なアクセサリが登場してまいります。

2度目にはなりますが、エクステンショングリップは本当に良いです。
筆者イチオシのアクセサリです!

それでは、今回はこの辺りで失礼します。


皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours
α9を深掘りっ!特集ページはこちらから


※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 葛原よしひろ 写真展『水鳥の楽園 -水の故郷 びわ湖高島-』 2017年08月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 葛原よしひろ 写真展 『水鳥の楽園 -水の故郷 びわ湖高島-』 です。 是非足をお運び下さい。 期 間:9/4(月)〜 9/22(金) 場 所:ソニーストア大阪
続きを読む
null 【Nikon】S4・希少な普及版ニコン 2017年08月19日
Nikon S4をご存知ですか? 「Nikon S4」は、1959年発売のニコンSマウントカメラ(S型ニコン)。 「Nikon S3(1958年)」から、ファインダーの35mmフレーム、セルフタイマー、モータードライブ取付け機構、 フィルムカウンターの自動復元機構を省いた、普及版として登場しました。 ↑ Nikon S3(奥)とNikon S4(手前) 他のS型ニコンとの見分け方は、「レバー式巻上」、「大きなファインダー窓」(S3と同じ)で、 「セルフタイマー無し」、「ロゴのNが直線的」なら「S4」です。 生産台...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 金子裕昭 写真展『サバンナ ストーリー』 2017年08月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 金子裕昭 写真展 - 『サバンナ ストーリー』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験され...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]