【SONY】α9を深掘りっ!~アクセサリー編~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

今までご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は「アクセサリー編」です!
α9と同時に発売されるアクセサリーを紹介してきますが
装着できるボディはα9だけではありません。
従来のα7/α7IIシリーズでも利用できる製品がありますので、要チェックです!

容量は約2.2倍に!
NP-FZ100
α9用に新しく作られたバッテリーで、容量はNP-FW50比で2.2倍!
フルサイズミラーレスの弱点であった電源周りにやっと手が入りました。
1本で約480枚の撮影が行えるようになり、やっと安心して使えるといった印象ですね。


ハンドリング性能UP!
VG-C3EM
縦位置グリップもα9に合わせたものに一新されています。
特に変わったのがグリップ部分。
今まではLA-EA4装着時の事も考慮しないといけなかったため
LA-EA4下部のAFセンサーやモーターを避けた設計をする必要がありましたが
今回はLA-EA3がかなり実用的になった事もあり、少しスマートになっています。

更に、プロからの要望でバッテリー収納部を開けるコックが変更になっています。
今まではツマミを回すタイプだったのですが、寒冷地などで手袋をした状態で
開閉がしづらいということで、ノブを起こして回すタイプに変更になっています。


NPA-MQZ1K

NP-FW50、NP-FZ100に対応したカメラで使えるアクセサリー
バッテリーが4つ繫げられるアダプターとなっており、
ボディに対しての電源の出力が可能になっていますので、長時間の撮影に重宝します。
またUSBの電源入力端子も備えており、複数個のバッテリーを纏めて充電することも出来ますので
様々な用途をひとつで纏められるアクセサリです!

ボディに差し込む先端部はNP-FW50の形状なのですが
NP-FZ100用のカプラーが同梱しているためどちらのボディにも使えますし
NP-FZ100が最初から2本付属しているのもポイントです!
α9を買われる方でバッテリーの追加を考えられている方は
こちらのアダプターを購入というのもありかもしれませんね。


筆者も予約しました!
GP-X1EM
α7IIシリーズにも対応したアクセサリーになります。
筆者も使用感に惚れて1つ予約してしまいました。

α9も含めてα7IIシリーズではグリップが少し小さく
男性は握った時に小指が余ってしまう事があったのですが
指がかりを良くし、ホールドしやすくなるという製品です。

指が余らなくなるため、ストレスなく握れますし
片手持ちをした場合などでも非常にホールドしやすくなるアクセサリです。


底部の三脚ネジを使って取り付けるアクセサリーになりますが
少し緩める事で簡単にバッテリーが交換出来るようになっており、
非常に考えて作られている製品だなと思いました。
今までより、ホールド感を上げたいと思われているお客様にかなりオススメです。

その他にも、純正の保護フィルムがセミハードではなくガラス製になっていたり
アイピースカップはロック機構が付き外れづらくなるなど
α9の発売に合わせて、非常に魅力的なアクセサリが登場してまいります。

2度目にはなりますが、エクステンショングリップは本当に良いです。
筆者イチオシのアクセサリです!

それでは、今回はこの辺りで失礼します。


皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours
α9を深掘りっ!特集ページはこちらから


※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:05月21日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]