Select Language



【SONY】α9を深掘りっ!~アクセサリー編~

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月21日 21時00分]



SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

今までご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は「アクセサリー編」です!
α9と同時に発売されるアクセサリーを紹介してきますが
装着できるボディはα9だけではありません。
従来のα7/α7IIシリーズでも利用できる製品がありますので、要チェックです!

容量は約2.2倍に!
NP-FZ100
α9用に新しく作られたバッテリーで、容量はNP-FW50比で2.2倍!
フルサイズミラーレスの弱点であった電源周りにやっと手が入りました。
1本で約480枚の撮影が行えるようになり、やっと安心して使えるといった印象ですね。


ハンドリング性能UP!
VG-C3EM
縦位置グリップもα9に合わせたものに一新されています。
特に変わったのがグリップ部分。
今まではLA-EA4装着時の事も考慮しないといけなかったため
LA-EA4下部のAFセンサーやモーターを避けた設計をする必要がありましたが
今回はLA-EA3がかなり実用的になった事もあり、少しスマートになっています。

更に、プロからの要望でバッテリー収納部を開けるコックが変更になっています。
今まではツマミを回すタイプだったのですが、寒冷地などで手袋をした状態で
開閉がしづらいということで、ノブを起こして回すタイプに変更になっています。


NPA-MQZ1K

NP-FW50、NP-FZ100に対応したカメラで使えるアクセサリー
バッテリーが4つ繫げられるアダプターとなっており、
ボディに対しての電源の出力が可能になっていますので、長時間の撮影に重宝します。
またUSBの電源入力端子も備えており、複数個のバッテリーを纏めて充電することも出来ますので
様々な用途をひとつで纏められるアクセサリです!

ボディに差し込む先端部はNP-FW50の形状なのですが
NP-FZ100用のカプラーが同梱しているためどちらのボディにも使えますし
NP-FZ100が最初から2本付属しているのもポイントです!
α9を買われる方でバッテリーの追加を考えられている方は
こちらのアダプターを購入というのもありかもしれませんね。


筆者も予約しました!
GP-X1EM
α7IIシリーズにも対応したアクセサリーになります。
筆者も使用感に惚れて1つ予約してしまいました。

α9も含めてα7IIシリーズではグリップが少し小さく
男性は握った時に小指が余ってしまう事があったのですが
指がかりを良くし、ホールドしやすくなるという製品です。

指が余らなくなるため、ストレスなく握れますし
片手持ちをした場合などでも非常にホールドしやすくなるアクセサリです。


底部の三脚ネジを使って取り付けるアクセサリーになりますが
少し緩める事で簡単にバッテリーが交換出来るようになっており、
非常に考えて作られている製品だなと思いました。
今までより、ホールド感を上げたいと思われているお客様にかなりオススメです。

その他にも、純正の保護フィルムがセミハードではなくガラス製になっていたり
アイピースカップはロック機構が付き外れづらくなるなど
α9の発売に合わせて、非常に魅力的なアクセサリが登場してまいります。

2度目にはなりますが、エクステンショングリップは本当に良いです。
筆者イチオシのアクセサリです!

それでは、今回はこの辺りで失礼します。


皆様からのご予約、心よりお待ちしております!

Now the future is yours
α9を深掘りっ!特集ページはこちらから


※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月21日 21時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む
ねことほそ道 ねことほそ道 2018年04月30日
その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。 そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]