Select Language



【SONY】α9を深掘りっ!~機能編~

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月23日 21時30分]



SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

絶賛ご予約受付中です!

各地のソニーストアでも先行展示が行われ始めましたね!
maptimesをご覧になられているお客様はもう触られましたか?

今までご紹介した部分を踏まえつつ
ソニーから聞いた内容なども含めもう少し突っ込んだ
ところを紹介していきたいと思います。

今回は「機能編」です!

EVF起動の高速化
ミラーレス機では基本的に液晶を通して被写体を見る為
どうしても、光学ファインダーの機種と比べると電源投入時のレスポンスは劣る点がありました。
α9は機動が従来比30%高速化しており、より速写性にも優れたボディになっています。

5軸手ブレ補正の進化
センサー周りが新しくなった事で、手ブレ補正ユニットの設計もイチから見直しとなっています。
フルサイズセンサー用手ぶれ補正ということで
強化もかなり難しかったと思われますが
α7IIシリーズの約4.5段*1から約5段*2へと少しパワーアップしました。
*1(Sonnar T* FE 55mmF1,8 ZA装着時に約4.5段分)
*2(Planar T* FE 50mmF1.4 ZA装着時に約5段分)

高画素EVF


ついにソニー機にも300万画素を超えるEVFが搭載されました。
背面液晶との色ズレも少なく、そして高精細かつ高輝度のEVFになります。
撮影後はプレビューをすると思いますが
これをそのままリアルタイムに見ながら撮れるというのがEVFの本質であると筆者は思います。
その本質にかなり近い物であると感じました。

ちなみに今回搭載された約369万画素の高画素EVFは
センサー上に搭載された処理エンジンあってこそ。
同様のEVFをα7RIIなどに載せてもここまでクリアには見えないそうです。
センサーを自ら作るソニーだからこそ、
その心臓部を最大活用して様々な部分に作用させることが出来るのでしょう。

AF時低輝度限界


α99IIでは専用位相差センサーを用いて
中央のフォーカスポイントで-4EVを達成していましたが
α9では像面位相差AF/コントラストAFを用いて-3EVを達成。
α7RIIでは-2EVが限界でしたので、α99II並とまでは行かずとも
より低照度な環境でもAFが使えるようになりました。

フォーカスエリア登録機能
カスタムキーをひとつ消費する形になりますが、
よく使うフォーカスエリアを押している間だけ呼び出すことが出来ます。
決まったフレーミングが既にあり
そのフレーミングに頻繁に構図を切り替える必要がある場合などに有用です。

縦/横位置時フォーカス切換
その名の通り、縦位置時/横位置時でフォーカスエリアや位置を変えられるというモノ。
横位置時は全面で走査する「エリア:ワイド」を使いつつ
縦位置時は特定のポイントでAFさせる「エリア:フレキシブルスポット」を選択し
更にそのポイントを三分割線の交点に置くなど
縦横で想定される構図に合わせて、即時切替が可能となっています。

マイメニュー
よく使う項目を最大30個まで登録できる「マイメニュー」機能が付きました。
使用頻度の高い順に入れ替えたり、使わなくなった項目の削除も行えますので
自由にメニュー構築ができ、他社からの乗り換えでも設定の並びを近づける事ができます。

などなど…挙げるとキリがなくなってしまいますので
真新しくかつ主要なところを纏めてみましたがいかがでしたでしょうか。

大きく打ち出している部分を除いても、従来機よりかなり使いやすくなっている印象ですね。

さて、発売まであと3日!
まだまだご予約承っております。

それでは、今回はこの辺りで。
Now the future is yours
α9を深掘りっ!特集ページはこちらから


※商品ページ内にある『欲しいリストに追加』をしていただくと商品情報が更新された際
お客様にいち早くお知らせすることができます。
ぜひご活用ください!








〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月23日 21時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む
ねことほそ道 ねことほそ道 2018年04月30日
その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。 そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]