【SONY】α9ついに発売!早速開封してみました! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






SONY α9 外観プレビュー




『SONY α9』 ついに本日発売!

待ちに待った今日という日がやってきました!ついに発売された次世代のミラーレス一眼『SONY α9』!

フルサイズセンサーを搭載しながら秒間20コマという高速連写を実現し、今までのカメラの常識を覆す超高性能機です!

今回はその『SONY α9』の箱を開けて、実際にボディのどこが、どうなったのかを見ていきたいと思います。





SONY α9 外観プレビュー



ジャーン!きました『SONY α9』!

α7シリーズと同じようなデザインの箱ですが、ちゃんと“9”と書かれています!



SONY α9 外観プレビュー



いました!これが『SONY α9』です!カッコイイ!




SONY α9 外観プレビュー



EVFが搭載されているペンタ部の形状がα7シリーズに比べて少し背が高くなり、丸くなっています。





SONY α9 外観プレビュー



カメラ左肩にダイヤルが追加され、ドライブ系(連写モード・AFモードなど)が集約されています。

またシャッターボタンを含む各ボタンの形状が平ではなく立体的になりました。これは指に馴染むいい形ですね!




SONY α9 外観プレビュー



お馴染みのチルト式液晶ですが、なんと『SONY α9』ではタッチパネルが採用されています!




SONY α9 外観プレビュー



AFポイントの選択が出来るジョグダイヤルが追加!これは嬉しい追加点です!




SONY α9 外観プレビュー



Carl ZeissのT*コーティングを施したファインダーです。

新しいアイピースカップ FDA-EP18はロック機構がついており、今までのアイピースカップとくらべて外れにくくなっています。

アイピース単体の発売日は6月23日。α9ユーザーのみならず、α7シリーズユーザーにもオススメですよ!





SONY α9 外観プレビュー



Wスロットになりました!これも嬉しい変更点ですね!

また、スロットのふたが勝手に開閉しないように開閉スイッチが新設。

これで鞄の中で勝手にスロットの蓋が開いてしまうこともありません!





SONY α9 外観プレビュー



プロユースに応える充実の機能も『SONY α9』には備わっています。

LANケーブルとシンクロコード接点があるので、スタジオ撮りのカメラマンにも嬉しい設計です。




SONY α9 外観プレビュー



付属品一覧はコチラ。同梱ストラップにもα9の文字が!





SONY α9 外観プレビュー



バッテリーが大容量化したとのことで、NP-FW50と並べてみました。

その差は一目瞭然!ボディの大きさはほとんど変わっていないのに、バッテリーはかなりの違いが見られます。




SONY α9 外観プレビュー



厚みもこんなに違います。

KASYAPA担当スタッフによると、5000枚連写した撮影をしても残り40%バッテリーが残っていたとのこと!

これで“予備バッテリーが2個ないと不安になる症候群”から解放されそうです!




SONY α9 外観プレビュー



バッテリーチャージャーも進化!

どれくらい充電されているかが目視できるのはありがたいですね。




SONY α9 外観プレビュー



さて、バッテリーを充電し終えたら早速電源をON!

なんだかメニューがカラフルになりました。これは選択しているメニューがわかりやすいですね!


そして、モニターをチルトしている状態だと、体がモニターに近づいてもアイセンサーが作動しない仕様になっています。

これはチルトモニターを使用してローアングルで撮影をするときに非常に便利!

(α7RIIの時は作動してしまって、お客様からよくOFFにできないのかお問い合わせを受けました。)




SONY α9 外観プレビュー



前面から見ると『SONY α9』は少しマッシブに見えます。

そしてキラリと輝くゴールドのα9ロゴがまぶしい!




SONY α9 外観プレビュー



背面はダイヤルの位置等が見直され、より直感的な操作系に変わりました!

ジョグダイヤルの追加、背面のメインのダイヤルが大きくなるなど操作性はかなり良くなっているのがわかります!

そして録画ボタンの位置が変わったのも嬉しい!(今まで誤って押してしまった事が多々ありました)




SONY α9 外観プレビュー



上から見ても少しマッシブ。

実際に手に取ってみるとグリップのホールド感がかなり良くなっています!





↓入庫したてのα9を早速外へ持ち出し、少しですが撮影してみました!↓

SONY α9 フォトプレビュー

使用機材:SONY α9 + FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM



『SONY α9』では積層型CMOSという新しいセンサーを搭載しています。

色も階調も解像感も素晴らしいですね!




SONY α9 フォトプレビュー

使用機材:SONY α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM



面白い形の花が咲いていたのでパシャリ。この写真もとてもキレイです。




『SONY α9』のフォトプレビュー『Kasyapa』は5/28公開予定です!

今担当者が掲載に向けて超特急で準備を進めていますのでご期待ください!





α9を深掘りっ!特集ページはこちらから





〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 葛原よしひろ 写真展『水鳥の楽園 -水の故郷 びわ湖高島-』 2017年08月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 葛原よしひろ 写真展 『水鳥の楽園 -水の故郷 びわ湖高島-』 です。 是非足をお運び下さい。 期 間:9/4(月)〜 9/22(金) 場 所:ソニーストア大阪
続きを読む
null 【Nikon】S4・希少な普及版ニコン 2017年08月19日
Nikon S4をご存知ですか? 「Nikon S4」は、1959年発売のニコンSマウントカメラ(S型ニコン)。 「Nikon S3(1958年)」から、ファインダーの35mmフレーム、セルフタイマー、モータードライブ取付け機構、 フィルムカウンターの自動復元機構を省いた、普及版として登場しました。 ↑ Nikon S3(奥)とNikon S4(手前) 他のS型ニコンとの見分け方は、「レバー式巻上」、「大きなファインダー窓」(S3と同じ)で、 「セルフタイマー無し」、「ロゴのNが直線的」なら「S4」です。 生産台...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 金子裕昭 写真展『サバンナ ストーリー』 2017年08月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 金子裕昭 写真展 - 『サバンナ ストーリー』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験され...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]