Select Language



【SONY】α9ついに発売!早速開封してみました!

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月26日 12時25分]




SONY α9 外観プレビュー




『SONY α9』 ついに本日発売!

待ちに待った今日という日がやってきました!ついに発売された次世代のミラーレス一眼『SONY α9』!

フルサイズセンサーを搭載しながら秒間20コマという高速連写を実現し、今までのカメラの常識を覆す超高性能機です!

今回はその『SONY α9』の箱を開けて、実際にボディのどこが、どうなったのかを見ていきたいと思います。





SONY α9 外観プレビュー



ジャーン!きました『SONY α9』!

α7シリーズと同じようなデザインの箱ですが、ちゃんと“9”と書かれています!



SONY α9 外観プレビュー



いました!これが『SONY α9』です!カッコイイ!




SONY α9 外観プレビュー



EVFが搭載されているペンタ部の形状がα7シリーズに比べて少し背が高くなり、丸くなっています。





SONY α9 外観プレビュー



カメラ左肩にダイヤルが追加され、ドライブ系(連写モード・AFモードなど)が集約されています。

またシャッターボタンを含む各ボタンの形状が平ではなく立体的になりました。これは指に馴染むいい形ですね!




SONY α9 外観プレビュー



お馴染みのチルト式液晶ですが、なんと『SONY α9』ではタッチパネルが採用されています!




SONY α9 外観プレビュー



AFポイントの選択が出来るジョグダイヤルが追加!これは嬉しい追加点です!




SONY α9 外観プレビュー



Carl ZeissのT*コーティングを施したファインダーです。

新しいアイピースカップ FDA-EP18はロック機構がついており、今までのアイピースカップとくらべて外れにくくなっています。

アイピース単体の発売日は6月23日。α9ユーザーのみならず、α7シリーズユーザーにもオススメですよ!





SONY α9 外観プレビュー



Wスロットになりました!これも嬉しい変更点ですね!

また、スロットのふたが勝手に開閉しないように開閉スイッチが新設。

これで鞄の中で勝手にスロットの蓋が開いてしまうこともありません!





SONY α9 外観プレビュー



プロユースに応える充実の機能も『SONY α9』には備わっています。

LANケーブルとシンクロコード接点があるので、スタジオ撮りのカメラマンにも嬉しい設計です。




SONY α9 外観プレビュー



付属品一覧はコチラ。同梱ストラップにもα9の文字が!





SONY α9 外観プレビュー



バッテリーが大容量化したとのことで、NP-FW50と並べてみました。

その差は一目瞭然!ボディの大きさはほとんど変わっていないのに、バッテリーはかなりの違いが見られます。




SONY α9 外観プレビュー



厚みもこんなに違います。

KASYAPA担当スタッフによると、5000枚連写した撮影をしても残り40%バッテリーが残っていたとのこと!

これで“予備バッテリーが2個ないと不安になる症候群”から解放されそうです!




SONY α9 外観プレビュー



バッテリーチャージャーも進化!

どれくらい充電されているかが目視できるのはありがたいですね。




SONY α9 外観プレビュー



さて、バッテリーを充電し終えたら早速電源をON!

なんだかメニューがカラフルになりました。これは選択しているメニューがわかりやすいですね!


そして、モニターをチルトしている状態だと、体がモニターに近づいてもアイセンサーが作動しない仕様になっています。

これはチルトモニターを使用してローアングルで撮影をするときに非常に便利!

(α7RIIの時は作動してしまって、お客様からよくOFFにできないのかお問い合わせを受けました。)




SONY α9 外観プレビュー



前面から見ると『SONY α9』は少しマッシブに見えます。

そしてキラリと輝くゴールドのα9ロゴがまぶしい!




SONY α9 外観プレビュー



背面はダイヤルの位置等が見直され、より直感的な操作系に変わりました!

ジョグダイヤルの追加、背面のメインのダイヤルが大きくなるなど操作性はかなり良くなっているのがわかります!

そして録画ボタンの位置が変わったのも嬉しい!(今まで誤って押してしまった事が多々ありました)




SONY α9 外観プレビュー



上から見ても少しマッシブ。

実際に手に取ってみるとグリップのホールド感がかなり良くなっています!





↓入庫したてのα9を早速外へ持ち出し、少しですが撮影してみました!↓

SONY α9 フォトプレビュー

使用機材:SONY α9 + FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM



『SONY α9』では積層型CMOSという新しいセンサーを搭載しています。

色も階調も解像感も素晴らしいですね!




SONY α9 フォトプレビュー

使用機材:SONY α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GM



面白い形の花が咲いていたのでパシャリ。この写真もとてもキレイです。




『SONY α9』のフォトプレビュー『Kasyapa』は5/28公開予定です!

今担当者が掲載に向けて超特急で準備を進めていますのでご期待ください!





α9を深掘りっ!特集ページはこちらから





〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年05月26日 12時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む
ねことほそ道 ねことほそ道 2018年04月30日
その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。 そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]