【FUJIFILM】GFX待望の新レンズ!まだまだご予約受付中! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







皆様こんにちは!
中判ミラーレスデジタルカメラという新たなジャンルを切り開いたFUJIFILM GFX 50S

待望の新レンズの発売日が6月22日(木)に決まりました!
ということは…発売まで2週間を切りました!
もうご予約されましたか?
今回発売される2種類のレンズ、どちらも珠玉のレンズとなりそうです!


GF 110mm F2 R LM WR

35mm判換算で87mm相当の中望遠レンズ。
「中判カメラのセンサーでF2が使える」という驚きの大口径レンズ!
ポートレートで主に活躍しそうなレンズですね!
私も普段はフルサイズセンサー搭載機で85mmばかり使っているので
中判になるとどれだけ違いが出るのか…是非とも使ってみたいです!

EDレンズを4枚も使用した9群14枚構成。
これにより球面収差・色収差を徹底的に抑制、とのことなので
キレのあるシャープな描写に期待大です!



GF 23mm F4 R LM WR

35mm判換算で18mm相当の超広角レンズ。
今まではGF 32-64mmの広角側(35mm判換算で25mm相当)が最も広角でしたが
更にワイドな単焦点レンズの登場です!
風景を雄大に写したいという方には待望のレンズではないでしょうか。

可視光の波長より更に小さいナノレベルの技術を使用した
ナノGIコートによりフレアやゴーストを徹底して低減。
更にはスーパーEDレンズ1枚と、EDレンズ3枚を使用した12群15枚構成により
ディストーションを極限まで補正した全く妥協の無い光学設計。
フィルター径が82mmとGFレンズとしては最大径なのも頷けます。


もうすぐ発売の両レンズとも、絞りは9枚羽根で円形絞りになるよう配慮され
リニアモーターによる静粛かつ高速なインナーフォーカスを採用しています。

新しい2本は6月22日(木)の発売です
これによって、GFレンズも5種類になります!

現在展開中のラインナップ
GF 63mm (35mm判換算で50mm相当)
GF 32-64mm (35mm判換算で25-51mm相当)
GF 120mm (35mm判換算で95mm相当、マクロレンズ)

もうすぐ発売のレンズ
☆GF 23mm (35mm判換算で18mm相当)
☆GF 110mm (35mm判換算で87mm相当)

かなり充実してきました!
これからも楽しみですね!!

↓ご予約はコチラから!!↓

また、「GFX 50S」をデジタルバッグとして使用可能にするアダプターも同時発表!
大判レンズの大きなイメージサークルと、ビューカメラ独特の
蛇腹による「アオリ」撮影が行えます。
商品撮影や建築撮影などに効果的です!




まだボディをお持ちで無いという方も是非、併せてご検討下さい!!
フルサイズを凌ぐ大型センサーによる、圧倒的なまでの高精細で緻密な描写。
驚異のダイナミックレンジが生み出す、豊かなグラデーション。
このカメラを使えば新しい世界が開けること間違いなしです!!
お買い得な中古商品も登場し、ますます注目が集まりますね!

↓FUJIFILM GFXボディのご注文はコチラ!!↓





〓〓新製品〓〓

[ Category:Fujifilm]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
Voigtlnader NOKTON 40mm F1.2 Aspherical VM 【Voigtlander】NOKTON 40mmF1.2VM ご予約受付開始! 2017年10月20日
続きを読む
null 【MAPCAMERA × SIGMA】シグマ会津工場レポート 2017年10月19日
シグマ製品の故郷、福島・会津を訪ねて。 2017年10月初旬、東北新幹線・郡山駅から磐越西線へと乗り継ぎ、私たちが目指したのは福島・磐梯町。車窓からは黄金色の田園風景と雄大な姿の磐梯山。「会津は朝晩冷えますよ」という会話をしながら駅のホームへ降りると、ひんやりと澄んだ風に乾いた草木の香りが少し混じっていました。なぜマップカメラがここへ来たのかというと、魅力的な製品を作り続けるカメラ・レンズメーカー『シグマ』の唯一の生産拠点が...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]