【RICOH】RICOH THETAで簡易HDRI作成~IBLに挑戦!!~ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





RICOH THETA最大の魅力は一回の撮影で360°の画像が作成できる点です。
今回はこの画像を利用したRICOH THETAの少しマニアックな活用方法を紹介致します。


RICOH (リコー) THETA m15

3D制作で役立つRICOH THETA活用術
~THETAで撮影した画像を3DCGのライティングとして使う~
3DCG制作において重要な要素の一つがライティングです。
特に、フォトリアルな描写が必要な場合、現実に近い自然な光源を再現する必要があります。

そんな時にIBL(イメージベースドライティング)と呼ばれるライティング方法がよく行われます。
これは、撮影現場の光源を360度フルパノラマのHDRIとして記録し使用します。

それを環境データとして読み込み、ライティングや背景、写り込み等の素材として使用する事で、
3Dモデルがその空間に存在しているような自然なレンダリング結果を得ることができます。

従来は、このHDRIを作成するには機材と手間、時間が必要となり、
個人で作成するにはハードルがありましたが、RICOH THETAシリーズを使用することで、
時間の掛かるパノラマ画像作成の手間を大幅に簡略化できます。

~HDRI撮影~
幅広いダイナミックレンジを得るために、露出の異なる画像をブラケットで撮影します。
「RICOH THETA S」では「マルチブラケット」撮影が可能となっていますが、
今回は、THETA m15を使用したのでiOS向けの無料アプリ「360HDR」を使用し、ブラケット撮影を行いました。
RICOH (リコー) THETA m15
HDRIにする理由として、一般的な画像データはRGBの各色256階調で表現されており、
画像を光源とするIBLでは、光源再現に必要な情報をカバーする事が出来ません。
そこで256階調を超えるダイナミックレンジ情報を持つHDRIが必要になります。

~HDRI作成~
撮影した画像をPCに読み込み、複数の画像をHDRとして一つにまとめます。
RICOH (リコー) THETA m15
今回は、三脚が写っていますが三脚の映り込みを少なくする為に、自立一脚を使用したり編集で消込を行う事でより良いHDRI素材になります。
今回のHDRI編集にはPhotoshopを使用し、人物の消込を行っています。

~HDRI読み込み~
作成したHDRIファイルを光源として、CGソフトに読み込ませます。
3Dモデル
CGソフト上で適当な3Dモデルとマテリアルを割り当てました。


HDRIを元にレンダリングした画像です。
RICOH (リコー) THETA m15
簡易的に作成したHDRIですが、撮影場所の光源再現が上手く出来ました。

より精度の高い光源や色再現が必要な場合は、一眼レフなどを使い情報量の多いRAWで撮影・編集するのが好ましいですが、
撮影の手間や扱い易さを考えるとTHETAは非常に便利です。

THETAを使用することで個人制作ではハードルのあった、パノラマHDRI作成を簡単に行えます。
本来のパノラマカメラとしては勿論、HDRI撮影場所の確保が難しい所や撮影時間の無い現場等、
初心者でも扱いやすく、個人の3D制作でも活躍してくれるカメラです!

↓撮影に使用したカメラ&オススメはコチラから↓







「36回払いまで金利ゼロ!!」でお馴染みの
「超低金利ショッピングクレジット!!」もご利用いただけます。

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓


↓↓お電話でのご注文もお気軽にどうぞ!↓↓







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

大きいはお得がいっぱい! フルサイズセンサー機のススメ! 大きいはお得がいっぱい! フルサイズセンサー機のススメ! 2017年07月22日
皆様こんにちは! デジタルカメラを新しく買う時に気にすることって幾つかありますね。 カメラの大きさや重さ、画素数、連写スピード…etc. そしてセンサーの大きさも重要です! 昔のフィルムカメラは35mm判フィルム(36x24mmサイズ)が主流でした。 しかし、デジタルカメラの時代になってからは マイクロフォーサーズ(17.3x13mm)やAPS-C(23.6x15.8mm)など多種多様な種類が登場しました。 その為、モデルによって採用しているセンサーの大きさが違っています。 様々な種類がある中で「センサー...
続きを読む
null 【SONY】αプレミアムキャンペーンも残りあと10日です! 2017年07月21日
皆様、こんにちは。 連日暑い日が続く中、梅雨明けが発表されましたがいかがお過ごしでしょうか。 現在好評をいただいている、ソニーのキャッシュバックキャンペーンですが 7月31日まで継続中です!! (↑上記バナーをクリックするとキャンペーン特設サイトにジャンプします) 今回の対象商品は α7II型のシリーズと 一部のFEレンズが対象です。 そしてなんと応募者全員に ボディなら最大¥30,000 レンズなら¥10,000 のキャッシュバック!! 期間は2017年5月19日(金)~2017年7月31...
続きを読む
【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 2017年07月20日
昨年11月に発売されたLeica TLが更にパワーアップして登場! その名もLeica TL2 ・新開発の有効画素数2424万画素の高性能CMOSセンサーにより、 優れたダイナミックレンジやコントラスト・色再現性・シャープネスを実現! 更に美しい描写が楽しめます。 ・映像エンジンがQ(Typ116)等に採用されている「LEICA MAESTRO II」にグレードアップ! オートフォーカスの高速化はもちろん、4Kやスローモーション動画にも対応! ・新開発の電子シャッターで1/40000秒の超高速シャッターが可能に! 連写...
続きを読む
【TAMRON】18-400mm F3.5-6.3 Model B028 本日発売! 【TAMRON】18-400mm F3.5-6.3 Model B028 本日発売! 2017年07月20日
世界初の超望遠高倍率ズームレンズ 本日発売!! TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD Model B028 キヤノン、ニコン用APS-Cサイズ向けレンズ 世界で初めてAPS-Cサイズ用として18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現。 望遠端400mmは、35mm判換算で620mm相当の画角となる超望遠撮影を可能とし、 迫力ある画面作りを1本のレンズで手軽に楽しむことができるようになりました。 最新の光学設計、独自開発のHLDオートフォーカスモーター、手ブレ補正機構の搭載など、 ...
続きを読む
【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 2017年07月20日
皆様こんにちは! 今回もちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介します。 Leica MDa のリペイント(後塗り)が2台! Leica MDa自体が珍しいのですが、元々ボディカラーはシルバーのみでした。 MDaについてはをクリック! 今回は、薄い緑色のハンマートーンとブラックです。 ハンマートーンと言えば、Leicaでは限定モデルに時々登場する、 表面の凹凸が、光の当たり方や角度によって様々な表情を見せる仕上げですね。 「鉄の表面をハンマーで叩いて、凹凸模様を付けた表面...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]