【SONY】新FEレンズ3種がPHOTO NEXT2017にて初お披露目! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【SONY】新FEレンズ3種がPHOTO NEXT2017にて初お披露目!

[ Category:SONY|掲載日時:2017年06月21日 14時30分]


null

6月20(火)より本日6月21日(水)までパシフィコ横浜で行われております、
“PHOTONEXT2017”にて開発発表済みのソニーFEレンズの実機が初お披露目されておりました!


いずれも現時点では今年の7月~8月に発売開始を予定されているソニーEマウントユーザーには待望、
かつ他マウントのユーザーからも注目を集める製品です。


■FE 12-24mm F4 G SEL1224G

null


※6月23日情報更新 / こちらのレンズのご予約受付を開始致しました!





≪製品の魅力ついて≫
・非球面レンズ4枚を含む新規光学設計により絞り開放から高い解像性能を実現
・EDガラス3枚、スーパーEDガラス1枚を最適に配置し、色収差を低減
・ナノARコーティングの採用で、フレアやゴーストを大幅に抑制
・12mmの画角をカバーしたズームレンズでありながら重量約565g!!
・高速、高精度で静音性に優れたダイレクトドライブSSMで静止画、動画ともに快適なAFが可能


写真の通り想像以上にハンドリングが良さそうな超広角ズームレンズとなっており、
F2.8の大口径もしくは35mm域までの画角を1本でカバーすることを必要としない方には
非常に魅力的な選択肢になりそうです!!
ソニー製Eマウントレンズ初となる12mmの画角のイメージはこちら。
null null
(左)16mm / (右)12mm
12mmの画角の広さ、ダイナミックさは圧巻ですね。



■FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM

null

≪製品の魅力ついて≫
・超高度非球面XAレンズ2枚、非球面レンズ3枚を効果的に配置し全域で高い解像性能を実現
・EDガラスを2枚採用。色収差を良好に補正し、画面隅々までシャープに描写
・フローティング機構の採用により、近距離から遠距離まで鮮鋭な描写を実現
・重量680gと35mm判フルサイズ対応の大口径超広角ズームとしては非常に軽量
・2つのフォーカスレンズ群の駆動にはダイレクトドライブSSMを採用。静止画、動画を問わず精緻なピント合わせが可能
・ナノARコーティングの採用で、フレアやゴーストを大幅に抑制
・超高度非球面XAレンズと11枚羽根の円形絞りにより、被写体を引き立てる自然で滑らかなぼけ表現が可能
・最新のシミュレーションを用いた光学設計と製造工程での球面収差の最適な調整による洗練されたぼけ描写


こちらのレンズの発売を以って、遂にソニーEマウントにおいてもF2.8通しの通称“大三元ズーム”レンズがそろい踏みです!
先に発売されたG Masterレンズの傾向から、広角ズームでありながら解像力だけでなくボケ味にも期待ができる
魅力的な製品です!!



■FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM

null

null

≪製品の魅力ついて≫
・G Masterの高い設計基準を満たす新規光学設計により全域での高い解像性能を実現
・G Masterならではの美しいぼけ描写
・フローティング機構の採用により、400mmレンズでは異例の最短撮影距離0.98m、最大撮影倍率0.35倍を実現!
・被写体のとっさの動きにも対応する、フォーカスレンズの素早い動き出し、追随性を実現
・本体重量約1,395g(三脚座除く)を達成。軽量ボディとも優れたバランスを実現
・手持ち撮影時に便利な光学式手ブレ補正機構を搭載。流し撮りに効果的なMODE2も選択可能
・1.4倍と2倍のテレコンバーターに対応し、さらなる望遠撮影も可能
・ズームリングの回転の重さを調整できる、ズーム操作感調整リング搭載
 
null null

 TIGHT→SMOOTHに切り替えることで、レンズ先端を保持して直進ズームのような操作感も可能!



フルサイズシステムではどうしても不足しがちな300mm越えの望遠画角をカバーする超望遠ズームレンズが、
遂にソニーEマウントにもラインナップ!もちろんフルサイズモデルだけでなく、
APS-Cモデルでは望遠端で600mmをカバーできる魅力的なレンズです。
しかも最新の光学設計により、最短撮影距離を0.98mを実現!使い勝手の次元も変わる、
他社の同等製品の比べても抜群のベストパフォーマンスが期待できます。
null null
左)100mm / (右)400mm
同じ立ち位置からの画角変化のイメージはこのような感じ。
望遠端でも非常に解像力が高くよく写りすぎてしまうため、ホコリまで写ってしまっておりますがご容赦ください...。



■ご予約受付の開始、発売が非常に待ち遠しい3本の新レンズ。ご予約が開始された際にはぜひ当店にてご注文ください!!
null



■6本になったG Masterレンズの選択肢null
また、2本のG Masterレンズが加わりG Masterレンズもこれで6本のラインナップ!
ソニーαシリーズを使うなら是非とも手に入れて頂きたい魅力的な製品群です。

これからもソニーEマウントのαシステムから目が離せません!!


▼ G Masterレンズとテレコンバーターのショッピングはこちら ▼








▼ まだまだあります!フルサイズEマウントレンズ群はこちらでチェック!▼
E-mount FULL SIZE LENSES





〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年06月21日 14時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

広角日和α7III+COLOR SKOPAR 21mm F4 【Voigtlander】広角日和。 COLOR SKOPAR 21mm F4 2018年04月16日
用事の帰り。なんとなく立ち寄った関内駅。ふらふらと潮風に誘われて山下公園へ入る。 首から下げた「SONY α7III」とマウントアダプターでLマウントからEマウントへ変換した「Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4 」を海へと向けた。 じょなさんズ キリッした視線を向けるカモメたち、ぷかぷかと浮かぶもの、並んで鎖に止まるもの、気持ちよさそうに空を飛ぶものと自由気ままに過ごしている。 海を見つめて 観光地でよく見かける100円を入れるタイプの望遠鏡。お客さんがいない時は...
続きを読む
null 日々のうつろい 2018年04月01日
3月末にもなると随分と暖かくなりました。 春の陽気を感じますがもうチラホラと散り始めている桜もあり、あっという間だなあと少し寂しくもあります。 1ヶ月前はまだまだ寒い日々が続いていたような気がするのですが、本当に早いものです。 今回は今日までのうつろいを写真とともに簡単に振り返ってみました。 春とはいえ、まだまだ寒かった3月初旬。 まだまだコートは手放せませんでした。 輪。 未だ桜は咲かず。日常的なスナップに徹します。 花は咲かずとも、独特の柔らかな光を持...
続きを読む
null 【SONY】α6500でプロレスの写真を撮る。 2018年03月23日
本日は大好きなプロレスの写真を撮るべく「SONY α6500 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」を片手に格闘技の聖地「後楽園ホール」にやって参りました。 リングに最も近い席、最前列での観戦になります。 試合中は観客席の照明が落ちて会場がだいぶ暗くなるのですが、 「α6500」は高感度におけるシャドー部のノイズが少なく、暗い屋内でも安心して撮影ができました。 この写真、なんとISO感度51200です。 「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」はズームレンズながら、ハレーションにも強く...
続きを読む
null 光を求めて 2018年03月12日
「光を掬う。」 筆者が普段写真を撮る際に心がけていることです。 手でお椀を作って水を掬い上げるように、慌てず、そっと、光と向き合います。 よろしければご覧ください。 冬の光は柔らかく、強い影を生まないところがポイントです。 何気ない引き戸にスポットライトの様に落ちる木漏れ日が画を印象的にしてくれました。 緩やかな光も、大きな影と一緒になると引き締まった印象を与えます。 斜光。屋内に入ると冬でも光と影がハッキリし、ドラマティックに。 一...
続きを読む
null 『仮想世界の片隅で』 2018年03月04日
夢を見た。まるで現実の様な、それは夢だった。 ・・・ 今日は待ちわびた休日。天気も良いし出かけよう! 来ました通称「千葉フォルニア」故郷の風を思い出します。 半世紀以上変わらないものたち。 東の海岸に着いた頃には日が暮れました。 見知らぬ町の名もなき夜道で人知れずテンションあがる現象。 何のために生まれ、何のために生きているのだろう。 寄り道しながらのんびり帰ろう。 共感も共有もいらない。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]