【Canon】EOS 6Dを携えて » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






梅雨入りしてからじめじめとした暑い日々が続いておりますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ちょうどこの時期の見頃といえば、紫陽花や蓮ですよね!

本日は、キヤノンのEOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを組み合わせて、
早朝から埼玉県某所の蓮で有名な撮影スポットに出掛けてきました!

この日の天気は曇り模様。
始発の電車に乗り込み、約1時間半ほど眠気と闘い、
目的地に到着すると入口からたくさんの蓮が花びらを開いてお出迎えしてくれました。


しかしながら私が最初に撮ったのは、蓮の葉でした!

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO160
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの特徴である最短撮影距離0.95mmを
使用して撮影しました。
マクロで撮影したような楽しさがあってお気に入りです。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/500秒 ISO100
フルサイズと望遠レンズならではのボケ味に魅了されました。
おしりを出している蜂が顔を出さないかなあ、と待ち構えていたのですが、
蜂も蓮の花粉に魅了されてしまったのか…
ダイブしたまましばらく出てきてくれませんでした。
さらば蜂。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO125
すこしだけ紫陽花も咲いていました。
梅雨の雰囲気が感じられてとても素敵です。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/500秒 ISO100
鮮やかな、緑とピンクのコントラスト。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO100

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/800秒 ISO100

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO160
鷭(バン)という鳥の親子がいました。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F6.3 1/320秒 ISO500
いつの間にか親鳥を見失ってしまった様子。
生い茂る蓮の中で雛鳥が親鳥を探し回っていました。
すこし離れたところで、親鳥が水面を移動しながら餌を捕らえていました。
このあとちゃんと再会できたのかな。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO3200
場所を移して小動物園にやってきました。
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMをさらに大活躍させます!

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO200
実際の背景は草木があったのですが、なぜか真っ黒。
加工でもなんでもなく個人的に奇跡の一枚でした。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO8000

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO640
キリッ
逞しく凛々しい、素敵な眉毛の持ち主。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO2500
2組目の親子に遭遇!
小さくてかわいいコモンリスザルの赤ちゃんでした。


ご覧いただきありがとうございます。
もしかしたらお気付きになられた方もいらっしゃるかと思いますが、
写真はすべて望遠側での撮影です。

実は今回が初めての白レンズでの撮影で、
「私の腕力で耐えられるだろうか…」とほんの僅かな心配はあったのですが、
実際のところまったく問題なかったです。
トータルで2時間弱の手持ち撮影をして、多少腕の疲れは感じましたが意外といけてしまうものですね。

キヤノンのフルサイズ機の中でもコンパクトで軽量さを誇るEOS 6Dと、
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの高いレベルの手ブレ補正機構に助けられた部分が大きかったように感じます。

これから初めてフルサイズ機を使ってみようかな、もしくはサブ機で持ちたいという方には、
リーズナブルな価格帯で万能なスペックが備わっているEOS 6Dがおすすめです!

そして手持ち撮影にも応えられるEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは
描写力、機動性、操作性すべてにおいて優秀なんです◎
さらにテレコンバーターを組み合わせたら最強の超望遠レンズと言えるのではないでしょうか。








店頭では、カメラやレンズを直接手にとってお試しいただけます。
スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております!


〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

大きいはお得がいっぱい! フルサイズセンサー機のススメ! 大きいはお得がいっぱい! フルサイズセンサー機のススメ! 2017年07月22日
皆様こんにちは! デジタルカメラを新しく買う時に気にすることって幾つかありますね。 カメラの大きさや重さ、画素数、連写スピード…etc. そしてセンサーの大きさも重要です! 昔のフィルムカメラは35mm判フィルム(36x24mmサイズ)が主流でした。 しかし、デジタルカメラの時代になってからは マイクロフォーサーズ(17.3x13mm)やAPS-C(23.6x15.8mm)など多種多様な種類が登場しました。 その為、モデルによって採用しているセンサーの大きさが違っています。 様々な種類がある中で「センサー...
続きを読む
null 【SONY】αプレミアムキャンペーンも残りあと10日です! 2017年07月21日
皆様、こんにちは。 連日暑い日が続く中、梅雨明けが発表されましたがいかがお過ごしでしょうか。 現在好評をいただいている、ソニーのキャッシュバックキャンペーンですが 7月31日まで継続中です!! (↑上記バナーをクリックするとキャンペーン特設サイトにジャンプします) 今回の対象商品は α7II型のシリーズと 一部のFEレンズが対象です。 そしてなんと応募者全員に ボディなら最大¥30,000 レンズなら¥10,000 のキャッシュバック!! 期間は2017年5月19日(金)~2017年7月31...
続きを読む
【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 【Leica】更に洗練されたミラーレスカメラ!TL2ご予約受付中!! 2017年07月20日
昨年11月に発売されたLeica TLが更にパワーアップして登場! その名もLeica TL2 ・新開発の有効画素数2424万画素の高性能CMOSセンサーにより、 優れたダイナミックレンジやコントラスト・色再現性・シャープネスを実現! 更に美しい描写が楽しめます。 ・映像エンジンがQ(Typ116)等に採用されている「LEICA MAESTRO II」にグレードアップ! オートフォーカスの高速化はもちろん、4Kやスローモーション動画にも対応! ・新開発の電子シャッターで1/40000秒の超高速シャッターが可能に! 連写...
続きを読む
【TAMRON】18-400mm F3.5-6.3 Model B028 本日発売! 【TAMRON】18-400mm F3.5-6.3 Model B028 本日発売! 2017年07月20日
世界初の超望遠高倍率ズームレンズ 本日発売!! TAMRON 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD Model B028 キヤノン、ニコン用APS-Cサイズ向けレンズ 世界で初めてAPS-Cサイズ用として18-400mmまでの焦点距離、ズーム比22.2倍を実現。 望遠端400mmは、35mm判換算で620mm相当の画角となる超望遠撮影を可能とし、 迫力ある画面作りを1本のレンズで手軽に楽しむことができるようになりました。 最新の光学設計、独自開発のHLDオートフォーカスモーター、手ブレ補正機構の搭載など、 ...
続きを読む
【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 【Leica】一風変わったMDa入荷しました! 2017年07月20日
皆様こんにちは! 今回もちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介します。 Leica MDa のリペイント(後塗り)が2台! Leica MDa自体が珍しいのですが、元々ボディカラーはシルバーのみでした。 MDaについてはをクリック! 今回は、薄い緑色のハンマートーンとブラックです。 ハンマートーンと言えば、Leicaでは限定モデルに時々登場する、 表面の凹凸が、光の当たり方や角度によって様々な表情を見せる仕上げですね。 「鉄の表面をハンマーで叩いて、凹凸模様を付けた表面...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]