【Canon】EOS 6Dを携えて » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






梅雨入りしてからじめじめとした暑い日々が続いておりますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ちょうどこの時期の見頃といえば、紫陽花や蓮ですよね!

本日は、キヤノンのEOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを組み合わせて、
早朝から埼玉県某所の蓮で有名な撮影スポットに出掛けてきました!

この日の天気は曇り模様。
始発の電車に乗り込み、約1時間半ほど眠気と闘い、
目的地に到着すると入口からたくさんの蓮が花びらを開いてお出迎えしてくれました。


しかしながら私が最初に撮ったのは、蓮の葉でした!

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO160
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの特徴である最短撮影距離0.95mmを
使用して撮影しました。
マクロで撮影したような楽しさがあってお気に入りです。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/500秒 ISO100
フルサイズと望遠レンズならではのボケ味に魅了されました。
おしりを出している蜂が顔を出さないかなあ、と待ち構えていたのですが、
蜂も蓮の花粉に魅了されてしまったのか…
ダイブしたまましばらく出てきてくれませんでした。
さらば蜂。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO125
すこしだけ紫陽花も咲いていました。
梅雨の雰囲気が感じられてとても素敵です。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/500秒 ISO100
鮮やかな、緑とピンクのコントラスト。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO100

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/800秒 ISO100

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO160
鷭(バン)という鳥の親子がいました。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F6.3 1/320秒 ISO500
いつの間にか親鳥を見失ってしまった様子。
生い茂る蓮の中で雛鳥が親鳥を探し回っていました。
すこし離れたところで、親鳥が水面を移動しながら餌を捕らえていました。
このあとちゃんと再会できたのかな。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO3200
場所を移して小動物園にやってきました。
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMをさらに大活躍させます!

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/320秒 ISO200
実際の背景は草木があったのですが、なぜか真っ黒。
加工でもなんでもなく個人的に奇跡の一枚でした。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO8000

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO640
キリッ
逞しく凛々しい、素敵な眉毛の持ち主。

EOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
400mm F5.6 1/400秒 ISO2500
2組目の親子に遭遇!
小さくてかわいいコモンリスザルの赤ちゃんでした。


ご覧いただきありがとうございます。
もしかしたらお気付きになられた方もいらっしゃるかと思いますが、
写真はすべて望遠側での撮影です。

実は今回が初めての白レンズでの撮影で、
「私の腕力で耐えられるだろうか…」とほんの僅かな心配はあったのですが、
実際のところまったく問題なかったです。
トータルで2時間弱の手持ち撮影をして、多少腕の疲れは感じましたが意外といけてしまうものですね。

キヤノンのフルサイズ機の中でもコンパクトで軽量さを誇るEOS 6Dと、
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの高いレベルの手ブレ補正機構に助けられた部分が大きかったように感じます。

これから初めてフルサイズ機を使ってみようかな、もしくはサブ機で持ちたいという方には、
リーズナブルな価格帯で万能なスペックが備わっているEOS 6Dがおすすめです!

そして手持ち撮影にも応えられるEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは
描写力、機動性、操作性すべてにおいて優秀なんです◎
さらにテレコンバーターを組み合わせたら最強の超望遠レンズと言えるのではないでしょうか。








店頭では、カメラやレンズを直接手にとってお試しいただけます。
スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております!


〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Canon】新製品 Lレンズ4本 と EOS M 予約受付中です! 2017年08月29日
EF85mm F1.4L IS USM ◇非球面レンズとASCを採用でLレンズにふさわしい高画質を実現。シャープなピントと美しいボケを両立。 ◇85㎜の画角で初めてのISを搭載。CIPA基準で4段分の手ブレ補正を達成。 ◇インナーフォーカスとリングUSMの採用により、高速・高精度AFを実現。 【11月下旬発売予定】 TS-E50mm F2.8L Macro/TS-E 90mm F2.8L Macro/TS-E135mm F4L Macro ◇UDレンズの採用とそれぞれのレンズに最適なコーティングSWC/ASCを施すことで、 高画質とフレア・ゴース...
続きを読む
null 【Canon】EOS 5D MarkIV + EF-Lレンズ 安定のポートレート 2017年08月11日
Canon EOS 5D MarkIV EF16-35mm F2.8L III USM EF24-70mm F2.8L II USM 発売してまだ1年弱のEOS 5D MarkIVを使って女性ポートレート撮影をしてきました。 使用したレンズは主にEF24-70mm F2.8L II USM。 プラス味付けでEF16-35mm F2.8L III USMを持っていきました。 Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM F8 1/30 ISO-500 16mm Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM F2.8 1/320 ISO-200 55mm 2本のレンズの特徴を生かして撮影。 さすが安定の純正Lレンズ。...
続きを読む
null 【Canon】EOS 6D MarkII 本日発売! 2017年08月04日
EOS 6D MarkII 本日発売!! 待望の「Canon EOS 6D Mark II」が、ついに発売されました!! 初代6Dが発表されたのは、今や懐かしさも漂い始めた2012年9月17日。 合成樹脂を大胆に多用した造りの軽量ボディや、 Wi-FiとGPSが組み込まれている点などが、 フルサイズ一眼レフとしては珍しいということで、当時かなり話題になりました。 そんな初代6Dのボディ構造は、 2016年9月に発売されたEOS 5D Mark IVにも継承され、 キヤノンフルサイズ一眼レフの 基本形と言える状況に至っています。 ...
続きを読む
さらにめんこくなった!! 待望の新モデルに、キャッシュバックキャンペーンもスタート!! 2017年07月28日
Canon EOS Kiss X9 発売!! 可愛いルックスに基本性能充実、 あの名物カメラマンA先生も唸ったEOS Kiss X7。 この子役も4年の時を経て、 メジャーアップデートを迎えました。 EOS Kiss X9!!新発売です!! 基本性能充実は踏襲しながら、 待望の可動式モニターを搭載!! Wi-Fiを使ってスマートフォンへの写真送信、 フルハイビジョンの滑らかな動画撮影もできるなど、 初心者からヘビーユーザーまで、どなたでも楽しめるカメラです。 これからのお散歩、旅行などにぴったりの1台となるでし...
続きを読む
【Canon】EOS 6Dを携えて 【Canon】EOS 6Dを携えて 2017年07月05日
梅雨入りしてからじめじめとした暑い日々が続いておりますが、 皆さまいかがお過ごしでしょうか。 ちょうどこの時期の見頃といえば、紫陽花や蓮ですよね! 本日は、キヤノンのEOS 6D+EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを組み合わせて、 早朝から埼玉県某所の蓮で有名な撮影スポットに出掛けてきました! この日の天気は曇り模様。 始発の電車に乗り込み、約1時間半ほど眠気と闘い、 目的地に到着すると入口からたくさんの蓮が花びらを開いてお出迎えしてくれました。 しかしながら私が最初に...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]