【Leica】スタッフ一押しの中古Pick up!! Vol.2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






皆様こんにちは!
6月30日まで開催中のLEICA FAIR
今日を入れてあと3日となりました!!
対象商品が追加され、更にパワーアップしています!!

今回はVol.2ということで引き続きスタッフ一押しの中古商品をPick up!!

早速いってみましょう!

Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH
Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH
近年目覚しい成長を遂げている「ミラーレスカメラ」の市場に
Leicaが初参戦を遂げた記念すべきモデル!
APS-Cサイズのセンサーを搭載した小型・軽量設計で持ち運びも楽々♪
アルミのインゴッド(塊)から切削して作られたボディは洗練されたデザイン。
手にすると金属特有のひんやりとした質感と共に高級感が伝わってきます。


Leica T(Typ701) + ズミクロンM35mm F2 7枚玉
Leica T(Typ701) + Summicron M35mm F2 (7枚玉)
マウントアダプターを介してMマウントのレンズが装着可能なのも嬉しいですね!
今までずっとM型を使ってきたという方も資産を活かせるので実に画期的です。
レンジファインダーとは異なり、ピント拡大が出来るので
じっくり撮るときはピントをより正確に合わせられます。


Leica T(Typ701) + ズミクロンM35mm F2 7枚玉
今回は1979~97年まで製造されていたロングランモデルのレンズをPick up!!
カメラがAPS-Cサイズのセンサーなので35mm判換算で約52mm相当になります。
「The標準レンズ」といった画角になるので、様々なシーンで使えますね!
写りは最新のレンズよりも幾らか柔らかく、適度なシャープネスです。
自然なコントラストはモノクロ撮影にも適していて豊かなグラデーションが楽しめます。


続いてご紹介するのは超弩級の大口径レンズ!

>Leica M-P(Typ240)Noctilux M50mm F1.0フード組込
Leica M-P(Typ240) + Noctilux M50mm F1.0フード組込
人間の目が「F1.0」と言われているので、人の目と同等の明るさを誇るレンズ!
昔はフィルムの感度に限界があったので明るいレンズでないと撮れないシーンがありましたが
近年は背景をぼかすために明るいレンズを求める方が多いと思います。
単に背景をぼかすのなら90mmなどの中望遠レンズを使えばいいですが
焦点距離が長くなるほど背景が写りこまなくなってしまいます。
背景が何か分かるような遠近感でいながら大きなボケを味わえるのがNoctilux!

気になるその写りはマップカメラのフォトプレビューサイト「kasyapa」でご覧になれます!
今回ご紹介しているNoctilux M50mm F1.0の「kasyapa」は商品詳細

Leica M-P(Typ240) + Noctilux M50mm F1.0フード組込
上から見ると前玉の大きさがインパクト大です!
そしてこのモデルはフード組込なのでフレアやゴースト対策にも効果を発揮します!
数あるM型のカメラの中でもM/M-P(Typ240)ならライブビュー撮影や外付けのEVFにも対応するので
レンジファインダーでは使うのが難しい、と感じる方も安心です♪
動画撮影も出来るので、F1.0の世界で動画を録ってみるのも面白そうですね。


↓今回ご紹介したLEICA FAIR対象品はコチラ!↓


Leica T(Typ701)に使用したマウントアダプターはFAIR対象ではありませんが在庫ございます!
デジタル時代になって追加された6bitコードにも対応する優れものです!




今回Pick upしたもの以外にも対象商品がまだまだ沢山ございます!
Leicaをお得に手に入れるチャンスです!
また、「Premium Collection」も同時に展開中!
世にも珍しい希少なモデルを中心に様々ご紹介しています!
所有欲を満たしてくれること間違いなしの極上ラインナップを是非ご覧下さい!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:06月28日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null トークイベント『ライカを使う理由、 選ぶ理由。』レポート 2018年02月20日
2018年2月17日 東京・新宿にて、ライカを使用している5人のフォトグラファーの方々をお招きし、 愛用の機材解説も交えたトークショー『ライカを使う理由、 選ぶ理由。』が開催されました。 今回はその様子を写真を交えてレポートいたします。 今回はマップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の5周年記念として開催されたイベントの一つで、有名フォトグラファー5人が一堂に会す特別なトークイベントとなりました。 会場はいつ...
続きを読む
【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス 【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス 2018年02月20日
50mm F0.95 1/125秒 ISO320 皆様こんにちは。 本日はマップカメラ本館地下にある「ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU」の設立5周年の記念日です。 皆様に支えられて、まずは5年という節目を迎えることが出来ました! 誠にありがとうございます。 本日は、4年ぶりくらいに会った中学時代からの友人をモデルに、夕方~夜の時間の街中ポートレートをお送りします。 使用機材はLeica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHです。 その日のファーストカットだった、ちょっと固い笑顔から...
続きを読む
【Leica】ライカブティックは5周年を迎えました! 【Leica】ライカブティックは5周年を迎えました! 2018年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン5周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックではLeica M10やSL (Typ601)など話題の機種をお試しいただけます。 是非、ライカの魅力をご堪能くだ...
続きを読む
Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH 【Leica】Mモノクローム(Typ246)と行く江ノ島の旅 2018年02月19日
皆様こんにちは! だいぶ前になりますが、江ノ島へ旅に出ました。 オトモに選んだのはLeica Mモノクローム(Typ246)、ズマリット M35mm F2.4 ASPHです。 M型は手に取った時のサイズ感がちょうどよく、特にレンズが小型・軽量なので 一日中歩き回っても負担になりません。 この日は片瀬江ノ島駅からスタート。 大橋を渡る前からいい景色です。 だいぶ雲が多いので少し不安だったもののまだ大丈夫そう。 むしろ雲量が多い空をモノクロで撮るとすごく良い感じです。 まずはヨットハ...
続きを読む
【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]