【Leica】スタッフ一押しの中古Pick up!! Vol.2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica】スタッフ一押しの中古Pick up!! Vol.2

[ Category:Leica|掲載日時:2017年06月28日 11時00分]




皆様こんにちは!
6月30日まで開催中のLEICA FAIR
今日を入れてあと3日となりました!!
対象商品が追加され、更にパワーアップしています!!

今回はVol.2ということで引き続きスタッフ一押しの中古商品をPick up!!

早速いってみましょう!

Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH
Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH
近年目覚しい成長を遂げている「ミラーレスカメラ」の市場に
Leicaが初参戦を遂げた記念すべきモデル!
APS-Cサイズのセンサーを搭載した小型・軽量設計で持ち運びも楽々♪
アルミのインゴッド(塊)から切削して作られたボディは洗練されたデザイン。
手にすると金属特有のひんやりとした質感と共に高級感が伝わってきます。


Leica T(Typ701) + ズミクロンM35mm F2 7枚玉
Leica T(Typ701) + Summicron M35mm F2 (7枚玉)
マウントアダプターを介してMマウントのレンズが装着可能なのも嬉しいですね!
今までずっとM型を使ってきたという方も資産を活かせるので実に画期的です。
レンジファインダーとは異なり、ピント拡大が出来るので
じっくり撮るときはピントをより正確に合わせられます。


Leica T(Typ701) + ズミクロンM35mm F2 7枚玉
今回は1979~97年まで製造されていたロングランモデルのレンズをPick up!!
カメラがAPS-Cサイズのセンサーなので35mm判換算で約52mm相当になります。
「The標準レンズ」といった画角になるので、様々なシーンで使えますね!
写りは最新のレンズよりも幾らか柔らかく、適度なシャープネスです。
自然なコントラストはモノクロ撮影にも適していて豊かなグラデーションが楽しめます。


続いてご紹介するのは超弩級の大口径レンズ!

>Leica M-P(Typ240)Noctilux M50mm F1.0フード組込
Leica M-P(Typ240) + Noctilux M50mm F1.0フード組込
人間の目が「F1.0」と言われているので、人の目と同等の明るさを誇るレンズ!
昔はフィルムの感度に限界があったので明るいレンズでないと撮れないシーンがありましたが
近年は背景をぼかすために明るいレンズを求める方が多いと思います。
単に背景をぼかすのなら90mmなどの中望遠レンズを使えばいいですが
焦点距離が長くなるほど背景が写りこまなくなってしまいます。
背景が何か分かるような遠近感でいながら大きなボケを味わえるのがNoctilux!

気になるその写りはマップカメラのフォトプレビューサイト「kasyapa」でご覧になれます!
今回ご紹介しているNoctilux M50mm F1.0の「kasyapa」は商品詳細

Leica M-P(Typ240) + Noctilux M50mm F1.0フード組込
上から見ると前玉の大きさがインパクト大です!
そしてこのモデルはフード組込なのでフレアやゴースト対策にも効果を発揮します!
数あるM型のカメラの中でもM/M-P(Typ240)ならライブビュー撮影や外付けのEVFにも対応するので
レンジファインダーでは使うのが難しい、と感じる方も安心です♪
動画撮影も出来るので、F1.0の世界で動画を録ってみるのも面白そうですね。


↓今回ご紹介したLEICA FAIR対象品はコチラ!↓


Leica T(Typ701)に使用したマウントアダプターはFAIR対象ではありませんが在庫ございます!
デジタル時代になって追加された6bitコードにも対応する優れものです!




今回Pick upしたもの以外にも対象商品がまだまだ沢山ございます!
Leicaをお得に手に入れるチャンスです!
また、「Premium Collection」も同時に展開中!
世にも珍しい希少なモデルを中心に様々ご紹介しています!
所有欲を満たしてくれること間違いなしの極上ラインナップを是非ご覧下さい!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年06月28日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む
【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 2018年04月02日
皆様こんにちは! その昔、「タンバール」というレンズがあったのをご存知でしょうか? 1934~40年までの6年間でわずか3500本ほどしか生産されなかったLeica唯一の「ソフトフォーカスレンズ」です。 レンズの収差の1つである「球面収差」を利用したレンズであり ソフトフォーカスのその名の通り、独特のにじみを伴った描写が特徴です。 朝日新聞社の写真賞の名前にもなっている写真家の木村伊兵衛が愛用していたことでも有名です。 さて、そんな世にも珍しい「タンバール」が昨年末にライカMマウ...
続きを読む
null 気の向くままに 2018年03月31日
最近はすっかり春らしくなりました。 花粉が猛威を振るっていることを除けば、家でじっとしているのが 少しもったいなく感じるくらいです。 皆さんは外に出掛ける時は、予定をちゃんと組んでからでしょうか? 筆者は、家族や友人と一緒じゃない限りその日の気分で決める事が多いです。 ふらふらっと出かけて、気になった物をひたすら写真に収める そんな休日が多いです。 ズミルックス35mm2ndが最近のパートナーです。 癖玉として愛好家に有名なこの1本。 上の写真は解放で撮影しました。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]