【Leica】スタッフ一押しの中古Pick up!! Vol.2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






皆様こんにちは!
6月30日まで開催中のLEICA FAIR
今日を入れてあと3日となりました!!
対象商品が追加され、更にパワーアップしています!!

今回はVol.2ということで引き続きスタッフ一押しの中古商品をPick up!!

早速いってみましょう!

Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH
Leica T(Typ701) + TL18-56mm F3.5-5.6 ASPH
近年目覚しい成長を遂げている「ミラーレスカメラ」の市場に
Leicaが初参戦を遂げた記念すべきモデル!
APS-Cサイズのセンサーを搭載した小型・軽量設計で持ち運びも楽々♪
アルミのインゴッド(塊)から切削して作られたボディは洗練されたデザイン。
手にすると金属特有のひんやりとした質感と共に高級感が伝わってきます。


Leica T(Typ701) + ズミクロンM35mm F2 7枚玉
Leica T(Typ701) + Summicron M35mm F2 (7枚玉)
マウントアダプターを介してMマウントのレンズが装着可能なのも嬉しいですね!
今までずっとM型を使ってきたという方も資産を活かせるので実に画期的です。
レンジファインダーとは異なり、ピント拡大が出来るので
じっくり撮るときはピントをより正確に合わせられます。


Leica T(Typ701) + ズミクロンM35mm F2 7枚玉
今回は1979~97年まで製造されていたロングランモデルのレンズをPick up!!
カメラがAPS-Cサイズのセンサーなので35mm判換算で約52mm相当になります。
「The標準レンズ」といった画角になるので、様々なシーンで使えますね!
写りは最新のレンズよりも幾らか柔らかく、適度なシャープネスです。
自然なコントラストはモノクロ撮影にも適していて豊かなグラデーションが楽しめます。


続いてご紹介するのは超弩級の大口径レンズ!

>Leica M-P(Typ240)Noctilux M50mm F1.0フード組込
Leica M-P(Typ240) + Noctilux M50mm F1.0フード組込
人間の目が「F1.0」と言われているので、人の目と同等の明るさを誇るレンズ!
昔はフィルムの感度に限界があったので明るいレンズでないと撮れないシーンがありましたが
近年は背景をぼかすために明るいレンズを求める方が多いと思います。
単に背景をぼかすのなら90mmなどの中望遠レンズを使えばいいですが
焦点距離が長くなるほど背景が写りこまなくなってしまいます。
背景が何か分かるような遠近感でいながら大きなボケを味わえるのがNoctilux!

気になるその写りはマップカメラのフォトプレビューサイト「kasyapa」でご覧になれます!
今回ご紹介しているNoctilux M50mm F1.0の「kasyapa」は商品詳細

Leica M-P(Typ240) + Noctilux M50mm F1.0フード組込
上から見ると前玉の大きさがインパクト大です!
そしてこのモデルはフード組込なのでフレアやゴースト対策にも効果を発揮します!
数あるM型のカメラの中でもM/M-P(Typ240)ならライブビュー撮影や外付けのEVFにも対応するので
レンジファインダーでは使うのが難しい、と感じる方も安心です♪
動画撮影も出来るので、F1.0の世界で動画を録ってみるのも面白そうですね。


↓今回ご紹介したLEICA FAIR対象品はコチラ!↓


Leica T(Typ701)に使用したマウントアダプターはFAIR対象ではありませんが在庫ございます!
デジタル時代になって追加された6bitコードにも対応する優れものです!




今回Pick upしたもの以外にも対象商品がまだまだ沢山ございます!
Leicaをお得に手に入れるチャンスです!
また、「Premium Collection」も同時に展開中!
世にも珍しい希少なモデルを中心に様々ご紹介しています!
所有欲を満たしてくれること間違いなしの極上ラインナップを是非ご覧下さい!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:06月28日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート 【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート 2017年10月29日
50mm F0.95 1/50秒 ISO1600 突然ですが、人間の目というのは暗い場所でもよく見えるものです。 カメラのレンズに換算すると「F1.0」だそうです。 明るいレンズというのは昔から誰しもが憧れるものですが 1966年にカメラ界の一線を走り続けるLeicaから「M50mm F1.2」が登場して以来 Leica最高峰の明るさを誇る名レンズとして君臨し続けているのが 「ノクティルックス」というレンズ。 今回ご紹介するのはノクティルックスの現行Ver.である「M50mm F0.95 ASPH」 レンズの明るさは驚異の「F0.95...
続きを読む
【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 【Leica】ゾフォート“特別限定”モデルご予約受付中です! 2017年10月23日
ゾフォートの特別限定モデルのご予約を受付中です! 2017年11月発売予定 Leica ゾフォート LimoLand by Jean Pigozzi こちらのモデルは写真家、実業家、アートコレクターなど多彩な顔をもつ、 フランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ氏とのコラボレーションモデル。 ゾフォートのホワイトモデルをベースに、 前面・背面に同氏が立ち上げたファッションレーベル「LimoLand」の アイコニックなロゴである「Mr.Limo」が色彩豊かにデザインされています。 インスタント写真の純粋な楽...
続きを読む
null 【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 2017年10月22日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう? ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。 ↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!) 画像は、クリックすると大きく表示されます。 二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。 偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、 青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠か...
続きを読む
null 【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中! 2017年10月18日
Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる 28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、 再び衝撃的なニュースが飛び込んできました! なんと タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか! タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像) 1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、 その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、 現代のレンズにはない描写で、世界中のファン...
続きを読む
【Leica】M型ボディとレンズ同時購入でONAメッセンジャーバッグプレゼント!! 【Leica】M型ボディとレンズ同時購入でONAメッセンジャーバッグプレゼント!! 2017年10月13日
Leica M型ボディとレンズ同時購入で とっても素敵な 『ONAメッセンジャーバッグ』 をプレゼントいたします!! 非常に高品質でお洒落な高級バッグです。 カメラバッグとしても普段使いのバッグとしても手に入れたい方はきっと多いと思います。 特にライカをお使いの方のお好みにはピッタリ合っているようです。 ライカフロアでは本当に良く売れているバッグです。 是非この機会にボディとレンズの同時購入をご検討ください。 ライカに似合うカッコいいバッグも含めて・・・。 対象商品は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]