Select Language



【SONY】α9を深掘りっ!~マウントアダプター編 その2~

[ Category:SONY|掲載日時:2017年06月27日 20時30分]



SONY (ソニー) α9 ボディ ILCE-9


伝統の「9」が付いたミラーレスカメラ。

その名は「SONY α9」

好評発売中です!

今までご紹介した部分を踏まえつつ
更に突っ込んだところを見ていきましょう。

今回は「マウントアダプター」編第2弾!
なぜ、今更マウントアダプター編をもう一度お送りするのかというと
キヤノンEFレンズを使う際の制限に進展があったからなのです!

今回は前回の「α9」に「LA-EA3」を付けた際の挙動を踏まえた上で、お話を進めさせていただきますので
まだお読みになられていない方は先にそちらをご覧ください。


・・・


よろしいでしょうか。
さて、キヤノンEFレンズソニーEマウントに装着する場合
比較的快適にAFが使えるマウントアダプターとして
SIGMAから発売されている「MC-11」
Metabonesから発売されている「Canon EF Lens to Sony E Mount T Smart Adapter」
の2種類がございます。

Metabones製のアダプターは最近Ver.5が発売されたのが記憶に新しいところですね。

基本的な部分は「LA-EA3」に準拠いたしますが
上記のアダプターだと
「α9」「LA-EA3」を組み合わせた際の
「AE/AF追従での連写が10コマ/秒」
に対応した連写は行う事が出来ませんでした。

AF-CによるAF追従連写は「LA-EA3」を「α7II」や「α7RII」に装着した時と同じように
3コマ/秒までの制限に足を引っ張られてしまい
3コマ/秒以上でAF追従させながら連写をしようとすると、
ピントが1枚目で固定になってしまいます…。

「α9」の場合、電子シャッターとメカシャッターで連写のコマ数が異なっており
電子シャッター…Low(5コマ/秒)、Mid(10コマ/秒)、Hi(20コマ/秒)
メカシャッター…Low(2.5コマ/秒)、Mid(5コマ/秒)、Hi(5コマ/秒)
となりますが、3コマ/秒以下で連写をするにはメカシャッターで「Low」を選択するしかなく
キヤノンEFレンズで動きものを撮影するにはかなり使いづらい仕様となっていました。

が、しかし
Metabones製のマウントアダプターのVer.4Ver.5
最新ファームウェアを導入していただくことで
「α9」に「LA-EA3」を付けた時のような
「AF/AE追従での10コマ/秒連写」
がキヤノンEFマウントレンズでも出来るようになったのです!!!

すごいです!!

Excellent!!

早速、最新ファームウェアを導入したMetabones製アダプターで
店内で簡単なテストを行ってみましたが
10コマ/秒に近いコマ速で連写をする事が出来ました。
キヤノンEF純正のレンズに限らず、比較的新しめのSIGMA製やTAMRON製でも
動くレンズもありましたので、かなり使えるレンズに幅が生まれますね。

マップカメラ本館5Fでは最新ファームウェアを導入を導入した
Metabones製のEF-E変換アダプター「MB_EF-E-BT5」をご用意しておりますので
ご希望いただければ、お客様のEFレンズをお試しいただくことも可能です!

皆さまのご来店、心よりお待ち申し上げております!

Now the future is yours

α9を深掘りっ!特集ページはこちらから




マップカメラでは36回まで金利0%の
「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットはこちら!!





〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年06月27日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]