【Canon】EOS 5D MarkIV + EF-Lレンズ 安定のポートレート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






Canon EOS 5D MarkIV
EF16-35mm F2.8L III USM
EF24-70mm F2.8L II USM



発売してまだ1年弱のEOS 5D MarkIVを使って女性ポートレート撮影をしてきました。
使用したレンズは主にEF24-70mm F2.8L II USM。
プラス味付けでEF16-35mm F2.8L III USMを持っていきました。


Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
F8 1/30 ISO-500 16mm

Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/320 ISO-200 55mm

2本のレンズの特徴を生かして撮影。
さすが安定の純正Lレンズ。
非常にAFが安定しており、色も出しやすかったです。



Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
F2.8 1/125 ISO-200 16mm

Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/125 ISO-200 24mm

2本のレンズで、同じ設定で撮影してみました。
周りの葉の写りで、ゆがみ具合の違いの参考になればと思うのですが。
広角レンズは端のゆがみが課題となりますが、私は迫力が出て好きです。


今回あまり広角を活かせるロケーションがなかったため、
ここから先は全てEOS 5D MarkIVとEF24-70mm F2.8L II USMで撮影した写真となります。


Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm

さり気無く上部に葉の前ボケを入れました。
手前のモデルと葉の立体感と、奥の緑のボケの違いを見て頂ければと思います。
奥にいくにつれて馴染むように徐々にボケてますね。
このレンズの写真は、ごく自然で違和感のないボケ方を感じました。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/125 ISO-200 24mm



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/500 ISO-200 70mm

ここから衣装を変えて撮影。
雰囲気に合わせてカメラでケルビン、コントラスト、彩度をいじりました。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/640 ISO-200 65mm

モデルをアップめにして望遠で撮影したら、
まるで単焦点のようにかなりボケました。
背景のコスモスからはそんなに離れていないのですが、モデルをアップにすることでよくボケます。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm

逆にアップにしない場合は、モデルに背景から離したところに立ってもらえば、背景が綺麗にボケます。
しかし、ここまで綺麗にボケると思いませんでした!
高画質で緑の彩度をしっかり表現、とても滑らかな階調でした。


今回撮影した写真は全てJPEG撮って出しです。
私は機材の良さを伝えるために、基本的にほとんど撮って出しでブログを書くことにしています。
その中で特に5D MarkIVは、撮って出しでも色合いがとても素晴らしい。
更に大三元レンズを装着すれば間違いない。

やはりCanonはポートレート撮影にうってつけだと実感しました。
モデルの肌の質感の良さ、色が鮮やか、EFレンズのボケの柔らかさが素晴らしかったです。
ぜひ皆様もその手で、Canon最高級の良さを味わって下さい。


↓今回使用した機材はコチラ!↓












今なら36回払いまで金利手数料0%のショッピングクレジットをご利用いただけます!ボーナス併用も可能です!
↓↓この機会にぜひご利用くださいませ!!↓↓




〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:Canon|掲載日時:08月11日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 グループ展『氣 サラブレッド 2017』 2017年11月16日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは グループ展 - 『氣 サラブレッド 2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【SONY】α9 Maptimes Review 2017年11月10日
ミラーレス一眼の新たな新時代を切り開く 「α9」 完全無音でレリーズ時の暗転がなく AF/AE追従で20コマ/秒で連写の行えるカメラということで 様々な可能性を秘めた高速連写機となっています。 マップカメラがおくる作例サイト『Kasyapa』でも発売時にご紹介しておりますが 本館5Fスタッフの間でも撮影に臨んで参りましたのでご覧ください。 それではどうぞ。 α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS ss1/1600 F2.8 ISO8000 焦点距離143mm まずはα9の主戦場である「動体撮影」から見ていきましょう...
続きを読む
【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 2017年11月10日
【 KeyMission:Impossible 】 あなたのミッションは何ですか? 何をするのか・・・なぜそれをするのか・・・ 目指すものはさらなる高みへ・・・攻め続ける! 様々なミッションに可能な限り挑む! それが KeyMission:Impossible! ミッションはあなたをより近くへ導く ミッションはあなたをより遠くへ誘う ミッションはあなたを解き放ち・・・大胆に、生き生きと、自由に! どこへでも行くことができる! あなたのミッションは・・・I AM KeyMission! 【 KeyMi...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]