Select Language



【Canon】EOS 5D MarkIV + EF-Lレンズ 安定のポートレート

[ Category:Canon|掲載日時:2017年08月11日 18時00分]




Canon EOS 5D MarkIV
EF16-35mm F2.8L III USM
EF24-70mm F2.8L II USM



発売してまだ1年弱のEOS 5D MarkIVを使って女性ポートレート撮影をしてきました。
使用したレンズは主にEF24-70mm F2.8L II USM。
プラス味付けでEF16-35mm F2.8L III USMを持っていきました。


Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
F8 1/30 ISO-500 16mm

Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/320 ISO-200 55mm

2本のレンズの特徴を生かして撮影。
さすが安定の純正Lレンズ。
非常にAFが安定しており、色も出しやすかったです。



Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF16-35mm F2.8L III USM
F2.8 1/125 ISO-200 16mm

Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/125 ISO-200 24mm

2本のレンズで、同じ設定で撮影してみました。
周りの葉の写りで、ゆがみ具合の違いの参考になればと思うのですが。
広角レンズは端のゆがみが課題となりますが、私は迫力が出て好きです。


今回あまり広角を活かせるロケーションがなかったため、
ここから先は全てEOS 5D MarkIVとEF24-70mm F2.8L II USMで撮影した写真となります。


Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm

さり気無く上部に葉の前ボケを入れました。
手前のモデルと葉の立体感と、奥の緑のボケの違いを見て頂ければと思います。
奥にいくにつれて馴染むように徐々にボケてますね。
このレンズの写真は、ごく自然で違和感のないボケ方を感じました。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/125 ISO-200 24mm



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/500 ISO-200 70mm

ここから衣装を変えて撮影。
雰囲気に合わせてカメラでケルビン、コントラスト、彩度をいじりました。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/640 ISO-200 65mm

モデルをアップめにして望遠で撮影したら、
まるで単焦点のようにかなりボケました。
背景のコスモスからはそんなに離れていないのですが、モデルをアップにすることでよくボケます。



Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
Canon EOS 5D MarkIV + EF24-70mm F2.8L II USM
F2.8 1/160 ISO-200 70mm

逆にアップにしない場合は、モデルに背景から離したところに立ってもらえば、背景が綺麗にボケます。
しかし、ここまで綺麗にボケると思いませんでした!
高画質で緑の彩度をしっかり表現、とても滑らかな階調でした。


今回撮影した写真は全てJPEG撮って出しです。
私は機材の良さを伝えるために、基本的にほとんど撮って出しでブログを書くことにしています。
その中で特に5D MarkIVは、撮って出しでも色合いがとても素晴らしい。
更に大三元レンズを装着すれば間違いない。

やはりCanonはポートレート撮影にうってつけだと実感しました。
モデルの肌の質感の良さ、色が鮮やか、EFレンズのボケの柔らかさが素晴らしかったです。
ぜひ皆様もその手で、Canon最高級の良さを味わって下さい。


↓今回使用した機材はコチラ!↓












今なら36回払いまで金利手数料0%のショッピングクレジットをご利用いただけます!ボーナス併用も可能です!
↓↓この機会にぜひご利用くださいませ!!↓↓




〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category:Canon|掲載日時:2017年08月11日 18時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 【Canon】東京から小一時間の世界(前編) 2018年05月14日
とある5月の連休直前。何も考えておらず、直前まで特に予定を入れないでいました。 しかし学生時代、制作のため奄美大島で撮影した写真を見て急に離島へ出かけたくなります。 奄美大島は羽田空港から直行便で2時間半近く、しかも1日1往復しか飛んでおらず 2日間の日程で出かけるには少々もったいない行き先です。 もう少し近くでよい場所は無いか、悩んでいたところ....ありました! その名も「八丈島」 羽田空港から1時間かからず到達でき1日3便就航しています。運賃もそんなに高くない。 気付いた...
続きを読む
Canon(キヤノン)PowerShot G7X Mark II 【Canon】G7X Mark IIで街歩き 2018年04月19日
本日はCanon PowerShot G7X Mark IIを持って有楽町周辺を散策してきました。 この日の天候は晴れ。 青空に綺麗な雲が浮かび上がり、少し汗ばむくらいの心地良い一日でした。 焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/640秒 ISO:200 まずは東京国際フォーラム内で広角撮影をしました。 はじめて訪れた場所だったのですが、事前に調べた際に「ガラスの船」のようだという文字を目にしました。 実際に目の当たりにしたら、まさにその通りで、ガラス張りの天井から光が差し込んでいる...
続きを読む
【Canon】EOS Kiss M レビュー  エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力 【Canon】EOS Kiss M レビュー エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力 2018年04月12日
Canon EOS Kiss M 2018年3月23日に新発売となったEOS Kiss M 気になっている方も多いのではないでしょうか? 今までキヤノンのKissシリーズはすべて一眼レフカメラでしたが、ついに満を持してミラーレス機としてデビューを果たしました。 今回EOS Kiss Mを使う機会がありましたので、作例を交えたレビューをお伝えしたいと思います。 エントリークラスとしての位置付けですが、実質的には現行のEOS M5やM6に対しての下剋上機種といって差し支えない完成度です。 新映像エンジンDIGIC 8が...
続きを読む
null SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!! 2018年03月29日
SUPER GTとは、主に国内のサーキットで行われていて、 前身が全日本GT選手権(JGTC)として開催されていた自動車レースで、 2005年からFIA公認の国際シリーズとなった自動車レースです。 GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で, 両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、 コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開になる為、 観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、 コースサイドではその迫力のレースを撮ろうと多くのアマチュ...
続きを読む
null 単焦点レンズでポートレート撮影 2018年03月22日
単焦点レンズ2本とストロボを持って、 野外と室内とで友人の和装ポートレート作品を撮影。 今回は異なるメーカー2本を持って行きました。 Canon EF50mm F1.2L USM F2 1/500 ISO-100 50mm 公園で夕暮れ時に撮影。 小さな公園で背景選びに苦労しましたが、レンズ効果で背景が綺麗にボケてくれるので良く撮れました。 着物はモデル自身が着付けています。 和装撮影は滅多に出来ないのでとても楽しむことができました。 F1.8 1/160 ISO-500 50mm 室内で小物を持ち寄って背景を作り、撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]