【星を撮りに行こう】双眼鏡のススメ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







星空を撮りに行こうtit
双眼鏡tit

天体観測というと望遠鏡のイメージが強いですが、実は星空を撮影する際に双眼鏡は必須アイテムなんです。

両目で観ることでより広い視野で観察出来ますし、選択する双眼鏡によっては肉眼では暗くて見えない星も見ることができます。



双眼鏡の見方


星空の撮影に有効な双眼鏡を選ぶにあたってポイントは3つあります。




1.倍率 ×〇


双眼鏡表記の前の部分。小さい数字の方が視野は広い。

倍率は7倍・8倍ほどあれば大丈夫。中には星空観察用の特殊なモデルもあります。




2.明るさ 〇×


対物側のレンズ口径。カメラレンズと同様に大きいほど明るい。

星空を観察するなら最低30~50程のものを選択したいところ。




3.軽さ/コンパクト


倍率と明るさを重視していくと使用プリズムの構成などにもよりますが大型になる可能性があります。

しかし、アウトドアで持ち運ぶことを考えると軽量でコンパクトであることも重要です。

また、一部機種によっては防水機能などがついているものもあるのでこちらも有効です。






オススメの双眼鏡tit




オススメの双眼鏡1

Nikon (ニコン) MONARCH HG 8×42

圧倒的な明るさと広視界で隅々までシャープで鮮明な見え味。
軽く堅牢な防水ボディーなので、雪山や水辺などタフなフィールドや、悪天候の状況下でも活躍してくれます。


商品の詳細はコチラ




オススメの双眼鏡2

Carl Zeiss (カールツァイス) TERRA ED 8x42

言わずと知れた名門光学メーカーの軽量コンパクトなモデル。
デザイン性も高く、所有感を満たしてくれる一台。


商品の詳細はコチラ




オススメの双眼鏡3

PENTAX (ペンタックス) 双眼鏡 SD 8×42 WP

コストパフォーマンスの高さはさすがペンタックス。防水構造も施してあるので、
カメラと同様にフィールドで活躍してくれます。


商品の詳細はコチラ




双眼鏡は天体観測以外にもバードウオッチングやスポーツ観戦などにもピッタリ!一台あると色々な用途で楽しめます。

ぜひこの機会に双眼鏡もチェックしてみてください!


商品の詳細はコチラ












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:07月07日 10時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 写友・スウィング第11回写真展『樹彩景』 2017年11月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写友・スウィング第11回写真展 - 『樹彩景』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【Nikon】Nikon (ニコン) SP復刻モデル 2017年11月20日
D850が大好評のニコンは、今年創立100年周年を迎えました。 そこで、クラシックニコンに触れてみてはいかがでしょうか。 Nikon (ニコン) SP復刻モデルをご紹介いたします! Nikon SPは、1957年(昭和32年)に発売された、ニコンSシリーズの最高峰モデルです。 Nikon SPの特徴は、なんと言っても「ユニバーサルファインダー」です。 左側に広角専用(28mm、35mm)ファインダー、 右側に標準・望遠用(50mm、85mm、105mm、135mm)の4種類のブライトフレームを内蔵した 距離計連動ファインダーが...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 河童寫眞部 写真展『「※写真はイメージです」展2017』 2017年11月20日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 河童寫眞部 写真展 - 『「※写真はイメージです」展2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 グループ展『氣 サラブレッド 2017』 2017年11月16日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは グループ展 - 『氣 サラブレッド 2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【SONY】α9 Maptimes Review 2017年11月10日
ミラーレス一眼の新たな新時代を切り開く 「α9」 完全無音でレリーズ時の暗転がなく AF/AE追従で20コマ/秒で連写の行えるカメラということで 様々な可能性を秘めた高速連写機となっています。 マップカメラがおくる作例サイト『Kasyapa』でも発売時にご紹介しておりますが 本館5Fスタッフの間でも撮影に臨んで参りましたのでご覧ください。 それではどうぞ。 α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS ss1/1600 F2.8 ISO8000 焦点距離143mm まずはα9の主戦場である「動体撮影」から見ていきましょう...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]