【Nikon】時代を超えて!レンジファインダーニコン » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





今年は、ニコン創立100周年ということで記念モデルも登場して盛り上がっていますね!



ニコン最初の小型カメラ「ニコン」(後に「ニコンI型」と呼ばれる)が発売されたのは1948年でした。

null
そして、レンジファインダーの最高峰「ニコンSP」から新世代の一眼レフ「ニコンF」へと引き継がれていきました。

ニコンの歴史は、現在予約受付中(期間限定受注生産 2017年8月31日まで)の
Nikon (ニコン) 100周年記念 ピンバッジコレクション を見てもわかるように
レンジファインダーの時代、一眼レフの時代、デジタルカメラの時代と推移してきたんですね。

デジタルカメラ全盛の時代ですが、
今なお人気のあるニコンのレンジファインダー機(S型ニコン)を紹介しましょう。

Nikon (ニコン) S3 Limited Edition (50mm F1.4付) シルバー
こちらは、2000年に発売された「Nikon S3 Limited Edition」です。
新レンズと呼ばれた50mmF1.4の改良型とともに復刻されたものです。
中古価格も落ち着いてきて、初めてのS型にもオススメの機種です。

Nikon (ニコン) S3 Limited Edition + Nikon W-NIKKOR (S) 35mm F3.5
「S3」のファインダーは、35mm、50mm、105mmのブライトフレームを内蔵(常時表示)しているので
35mm、105mmの交換レンズも、外付けファインダーを取り付けることなく使用できます。

Nikon (ニコン) S3 Limited Edition + Nikon NIKKOR-P (S) 105mm F2.5
105mmF2.5です。一眼レフにも受け継がれたニコン独特の焦点距離ですね。

Nikon (ニコン) S2 + Voigtlander SC-SKOPAR 21mm F4
こちらは「ニコンS2(1954年)」です。「ニコンS」から大きく進化して、使いやすくなったカメラです。
レンズは、Voigtlander SC-SKOPAR 21mm F4を着けてみました。
かつて、コシナからニコンS型用に超広角21mmから望遠85mmまで7種類の交換レンズが発売されていました。
ニコン純正に比べて安価に入手できますし、ニコンには無かった非球面レンズを使用したものもありました。

Nikon (ニコン) S2 + Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 (S)
この変わった形のレンズは、Voigtlander HELIAR 50mm F3.5 です。
アメリカのNHS (The Nikon Historical Society)特注品で
Voigtlander BESSA R2Sと限定500セットのみ販売されたものです。
レンズだけ購入できるのも中古ならではです。


レンジファインダー(S型)ニコンは、使ったことが無いという方
ニコン創立100周年ですし、是非とも手に入れていただきたいカメラです!
撮影スタイルも変化し、写真も今までと違うものになりますよ!










ニコンレンジファインダーカメラ一覧は商品詳細をクリック!



ご利用ください!36回払いまで金利0%で話題の「超低金利ショッピングクレジット」
↓詳しくはコチラ!↓






〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:07月13日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Nikon D600  AF-S 28-300mm VR Nikonの話 ~高倍率ズームを楽しんでみる話~ 2018年02月14日
今年の冬はとにかく寒さが厳しく雪が積もるたびに交通障害が毎回おこっています。 まだ、今しばらくは厳しい気候への対策が必要なようです。 とはいえ、散歩に出てみると道端にある花の蕾は膨らんできており 春の足音も確実に訪れているようです。 寒さに負けないように散歩にはでてもカメラのレンズを交換するのも 億劫になるほどの寒さではあるので高倍率のズームレンズをチョイスしてみるのもありでしょう。 AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR NikonのFX用の高倍率ズームといえば...
続きを読む
【Nikon】史上最高の本格ズームFX24-70mm~日常に標準ズームスパイス~ 【Nikon】史上最高の本格ズームFX24-70mm~日常に標準ズームスパイス~ 2018年02月07日
日常にスパイス 03 1月某日、機会に恵まれ、北陸は石川県へ 旅行へ行くことができました。 いつか降りしきる雪を撮影したいと思っていましたので、 絶好の機会と思い、23時新宿発の夜行バスに飛び乗りました。 バスで揺られること約8時間。トンネルを抜けるとそこは・・・ というわけでもなく、現地石川県金沢市は冷たい雨でした。 前日までに薄く積もった雪も雨によって流れてしまって、 これと行って雪が積もっているわけでもありません。 落胆しながら一日を過ごし、その日は眠りにつきまし...
続きを読む
RAWデータって大切 愛犬と向き合おう 2018年01月13日
愛犬と向き合おう 焦点距離50mm(35mm判換算75mm),SS 1/125,F4.0,ISO 400 鏡開きも過ぎた今日この頃。 筆者にとっては、本日がお客様への年頭挨拶でございます。 皆様の期待に応えるべく精進してまいりますので、 本年もよろしくお願いいたします。 皆様ご存じのことと思いますが、今年は戌年です。 カメラ好きな方なら脳裏によみがえることでしょう。 「Nikon New FM2/T 戌」がリリースされた、あの戌年です。 24年前のリリースと聞くと、何ともいえない衝撃が走ります。 さて、マップカ...
続きを読む
高画素機で撮るモノクローム 高画素機で撮るモノクローム 2018年01月07日
昨年、2017年はニコンのD850、ソニーのα7RIIIなど高画素でなおかつ高性能なモデルが相次いで登場し盛り上がりました。 ところで高画素の機種について、 「センサーが高精細すぎて半端なレンズでは粗が目立つ」 「センサーの性能をフルに活かすためにはレンズも高性能なものを使わなければならない」 などと言われることが多いと思います。 では高画素の機種で気軽に撮影はできないものか、できるだけ軽快に撮影を楽しめないものか検証しようと思います。 今回使用した機材は、 Nikon D800E Vo...
続きを読む
Nikonの話 ~中望遠単焦点レンズを愉しむ話~ Nikonの話 ~中望遠単焦点レンズを愉しむ話~ 2017年12月20日
身が引き締まる寒さは、来る降誕祭に向け季節感を演出しているようです 周囲ではクリスマスを盛り上げるイベントがいろいろと始まっており カメラ片手に足を伸ばしてみる機会が増えつつあります 今回、茨城県は稲敷にある「こもれび森のイバライド」にて開催された “クリスマス マーケット ~Ferme de Noel~”なる アンティーク・小道具・ハンドメイドなどを販売するイベントに うちの愛犬たるToToの散歩がてらに出掛けてみました ちなみに~Ferme de Noel~はフランス語でクリ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]