【Leica】一風変わったバルナック入荷しました! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica】一風変わったバルナック入荷しました!

[ Category:Leica|掲載日時:2017年07月12日 10時30分]




手前から、IIIf 後塗りレッド + IIIf 後塗りブラック + IIIg 後塗りブラック
皆様こんにちは!
まだ梅雨のハズですが、東京はギラギラとした陽射しが真夏の様相です。
日照時間も長いですし、低感度のフィルムでもバッチリ撮って歩けますね♪

今回はちょっと珍しいカメラが入荷しましたのでPick upしてご紹介!


IIIf 後塗りレッド + エルマー L50mm F3.5 ニッケル
バルナックライカといえばシルバークロームとブラックペイントが多いですが
コチラのモデルはナント赤!
自分だけのカメラというこだわりを感じますね。
調和が取れるかなと思って暖色系のニッケルレンズと合わせてみました。

IIIf 後塗りレッド + エルマー L50mm F3.5 ニッケル
底ブタのつまみは黒。
全体も赤と黒のツートーンでまとめられています。
目にも鮮やかですが黒が要所で引き締めてくれてカッコイイです!
ちなみにこのカメラはIIIfというモデルでバルナック型の中では完成形ともいわれ
最も人気が高く、ユーザーの支持も厚いモデルです。
私もM型しか持っていないので実は前から気になっています…。


左から、IIIg 後塗りブラック + IIIf 後塗りブラック
続いてはブラックペイントの2台!
左のカメラの方が一回り大きく、ファインダー周辺は特に違いますね。
左はIIIgというバルナック型の最終モデルです。
M型の始まりであるM3の技術を取り入れており
バルナック型でありながら50/90mmのブライトフレームが出てパララックス補正まで付いています。

右は先程の赤いモデルと同様のIIIfです。
この個体はセルフタイマーが無いので、それも相まってスッキリ見えますね。

IIIg 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
IIIgにズミクロンM50mm F2沈胴モデルを装着!
カッコイイですねぇ。

IIIg 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
シャッターボタンは赤いペイント。
白いマークがてんとう虫みたいで可愛いです。
ちなみにISOダイヤルが巻上げノブではなく背面になったのもIIIgからの変更点です。

IIIf 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
今度はIIIfのブラックペイントです。
シャッターダイヤルの脇に赤い数字が書いてあります。
これは「コンタクトナンバー」といい、当時のフラッシュを使用する際の指標でした。
fシリーズだけにしかない特徴です。

IIIf 後塗りブラック + ズミクロン L50mm F2 沈胴
IIIgとは逆サイドからパシャリ。
半世紀以上前のカメラが今もこうして手に入ると言うのは感慨深いです。
しかもこんなに綺麗なんですから感動モノです。

他の人とは一味違うぞ、という気持ちで使っていきたいカラフルなバルナック!
滅多にお目にかかれないので是非ともお早めにご検討下さい!


↓商品の詳細&ご注文はコチラ!↓



マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」
36回払いまで金利がかかりません!
滅多にお目にかかれないモデルもお得にすぐ手に入れられるチャンスです!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



珍しいと言えばマップカメラの「Premium collection」
上記の「超低金利ショッピングクレジット」と併せてご検討下さい。
ちなみにバナーのカメラはM型ライカ50周年記念で
世界600台限定生産の希少なセットです。(ストラップは除く)
これが手元にあったらと思うと所有欲がすごいです。
こういったカメラやレンズを多数ご紹介しております!
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓
null


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年07月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む
【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 【Leica】タンバールM90mmと新宿ふらり旅。 2018年04月02日
皆様こんにちは! その昔、「タンバール」というレンズがあったのをご存知でしょうか? 1934~40年までの6年間でわずか3500本ほどしか生産されなかったLeica唯一の「ソフトフォーカスレンズ」です。 レンズの収差の1つである「球面収差」を利用したレンズであり ソフトフォーカスのその名の通り、独特のにじみを伴った描写が特徴です。 朝日新聞社の写真賞の名前にもなっている写真家の木村伊兵衛が愛用していたことでも有名です。 さて、そんな世にも珍しい「タンバール」が昨年末にライカMマウ...
続きを読む
null 気の向くままに 2018年03月31日
最近はすっかり春らしくなりました。 花粉が猛威を振るっていることを除けば、家でじっとしているのが 少しもったいなく感じるくらいです。 皆さんは外に出掛ける時は、予定をちゃんと組んでからでしょうか? 筆者は、家族や友人と一緒じゃない限りその日の気分で決める事が多いです。 ふらふらっと出かけて、気になった物をひたすら写真に収める そんな休日が多いです。 ズミルックス35mm2ndが最近のパートナーです。 癖玉として愛好家に有名なこの1本。 上の写真は解放で撮影しました。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]