【Nikon】D7500でMotorsportsを撮る » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language







光をみつめ、光を追求し、光の可能性に挑みつづけてきたNikonの100年。
光と共に新たな100年へ

Nikon創立100周年、おめでとうございます!







【D7500×フォーミュラカー】

フォーミュラカー
それは自動車レースで速く走る為に造られた、オープンホイールのレーシングカー


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

ハイパワーなエンジンに、風を味方にすべく研究された空力形状と限界まで軽量化されたカーボンモノコックボディ
日本一速い車をカッコよく撮影したいとなると、撮影機材にも要求される性能が高くなります。



そこで、今回は先月発売された新製品Nikon D7500を使い、サーキットへ撮影に行きました。

Nikon (ニコン) D7500 ボディ

レーススタート!

一斉に19台の車が我先にとコーナーへ飛び込んできます


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

D7500の3DトラッキングAFを使ってピントを追ってみました。

筆者は前機種D7200を所持しておりますが、複数台の車両がいるときに違う車両にピントをつられてしまう時があり、
どうしても外せない時にはダイナミック9点等に切り替えて使用していました。

しかしD7500のAFは3Dトラッキングでかなり正確にピントを追ってくれます
それに加えてグループエリアAF等の機能も増し、測距点は変わっていませんが、AF性能はかなり上がっていると感じました。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

流し撮りも連写のコマ数が8コマとなった事でより追いやすく、
シャッターフィーリングも軽快なのでファインダー像が非常に見やすかったです。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

レース撮影では連写を多用しますが、余裕あるバッファのお陰で、
書き込み中で待たされる事は殆ど無く、撮影に集中をする事が出来ました。
限界ギリギリで白煙の上がるブレーキング。
貴重なシャッタータイミングも逃しません。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

年々スピードアップし、進化を遂げるレーシングカー

D7500を使う前は、正直なところ前機種でも充分な性能だし、大差は無いのではないかと思っていましたが、
使ってみるとカタログを見ただけではわからない進化を沢山感じ取れました!

高精度のAFやバッファ増の連写ももちろんですが、ピクチャーコントロールAUTOカメラ内一括RAW現像等も非常に有用で、
撮影後の編集時間までもが短縮され、非常に快適ですよ。


Nikon (ニコン) D7500 ボディ

D500の画像処理エンジン、炭素繊維複合材料の小型軽量モノコックボディ


高性能ながら、極限まで軽量化されたこのカメラはレーシングカーに通じるものもありますが、このD7500はスパルタンではなく、
どんな方にもオススメできる良いカメラに仕上がっています!



Nikon (ニコン) D7500 ボディ


D7500があればきっとお気に入りの一枚が撮れるはず!
ステップアップの一台に、ぜひ手にして触ってご検討頂ければと思います!










【おめでとうニコンフェア】
ニコン創立100周年を記念して指定の新品ニコン製にお買い替えで買取見積額15%UP!
是非、お得で記念すべきこの機会にご購入ください!
↓詳しい指定商品はこちらから↓


Nikon100周年記念 限定商品もご予約受付中
↓詳しくはこちらから↓

Nikon (ニコン) D5 ボディ(XQD-Type) 100周年記念モデル



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:07月25日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
オリオンビール Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う 2017年12月08日
ニコンからD5が発表されたのが2016年1月。 連写、画素数、高感度、耐久性など種々の素晴らしいスペックに圧倒された方も多いのではないでしょうか。 まさに極限の状況で撮影に挑むプロフェッショナル・フォトグラファーのためのフラッグシップ機。 そんなフラッグシップ機を使えば、非常に暗い居酒屋で酔いながらビールを撮る、といった極限の状況でも綺麗な写真が撮れるはず。 そこまでの極限状況ではなくとも、料理や飲み物などを美味しそうに撮れるはず。 そう考えた私は即座に予約して手に入れまし...
続きを読む
null Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色 2017年12月03日
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4 ライカLマウント(写真右) 日本光学工業株式会社(現ニコン)は、戦後の一定期間、他社用にLマウントのレンズを供給していましたが、 自社用Sマウントレンズには無くて、一部のLマウントレンズにしかないものがあります。 古いレンズがお好きな方はピンとくることと思いますが、それは、ピントリングのストッパー機構です。 今回は、少々マニアックですが、このストッパー機構の音色についてです。 個人的にゾナー型のレンズの写りが大好きで、5cm...
続きを読む
【Nikon】史上最高の本格FX300mm  ~ 日常にスパイス ~ 【Nikon】史上最高の本格FX300mm ~ 日常にスパイス ~ 2017年11月27日
日常にスパイス 日常に望遠単焦点という名のスパイスを。憧れの『サンニッパ』 望遠の単焦点って、なんだか重そうだし、そんなに使わなさそう。そして何より高額・・・。 そういった理由でずっと購入を見送ってきた方は、たくさんいらっしゃると思います。 しかし、何も臆することはございません。 マップカメラにある中古という選択肢なら、もしかしたらあなたのお手元にも憧れのレンズがやってくるかもしれません。 今回ご紹介するのは、AF-S 300mm F2.8G ED VR IIでございます。...
続きを読む
null 【Nikon】Nikon (ニコン) SP復刻モデル 2017年11月20日
D850が大好評のニコンは、今年創立100年周年を迎えました。 そこで、クラシックニコンに触れてみてはいかがでしょうか。 Nikon (ニコン) SP復刻モデルをご紹介いたします! Nikon SPは、1957年(昭和32年)に発売された、ニコンSシリーズの最高峰モデルです。 Nikon SPの特徴は、なんと言っても「ユニバーサルファインダー」です。 左側に広角専用(28mm、35mm)ファインダー、 右側に標準・望遠用(50mm、85mm、105mm、135mm)の4種類のブライトフレームを内蔵した 距離計連動ファインダーが...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]