揃えたらすごい大三元レンズ!ボケフェス2開催中! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





皆様こんにちは!
タイトルの「大三元」というのは元々は麻雀の上がり役の1つです。
何も書いていない「白」、緑の字の「發」、赤い字の「中」
これら3種類の牌を3つずつ揃えるというものです。
なかなか揃えるのが難しいとのこと。

さて、なんでこんな話をしたかというと…
カメラの世界にもあるんです「大三元」


まず、カメラのレンズには「ニッパチトオシ」なんて呪文があります。
ズームレンズはズームをするとF値が変動するものが多いですが
高級なレンズになるとズームによるF値の変動が無くなるものがあります。
特にその中でも人気が高く、最高級の「F2.8通し」のズームレンズのことです。

各社の高級レンズ群にある「F2.8通し」の広角・標準・望遠ズームレンズをひとまとめにして
「大三元レンズ」と総称するようになりました。
総じて高級なレンズなので揃えるのが大変であること。
ただ、揃えたら凄い威力を発揮すること。
そういった理由からインパクトが強いネーミングになったと推測されます。

ちなみにCanonから1989年に20-35mmと80-200mm、93年に28-70mmの3種類がF2.8通しで発売。
Nikonからは1987年に35-70mm、88年に80-200mm、95年に20-35mmの3種類が
F2.8通しで発売されているので「大三元レンズ」と呼ばれ始めたのはこの頃からでしょう。
意外と最近の話のようです。

ズームによるF値の変動が無いというのは非常に便利で、絞り優先モードで撮っている方は特にですが
焦点距離によってシャッタースピードやISO感度が変わることを防いでくれます。

例:F3.51/125秒、ISO100固定で適正露出が得られるシーンがあるとします。
ズームをしたことによってF5.6になったら…
明るさが1.3EV(1と1/3段分)変わることになるので
シャッタースピードが1/50秒まで落ちてしまいます。
ズームをして焦点距離が長くなるのにシャッタースピードが落ちてししまう。
シチュエーションにもよりますがこれは手ブレの原因にもなりかねません。

マニュアル露出で撮影する方はシャッタースピードを変えないと
露出アンダーで暗い仕上がり
になってしまいます。
いちいち設定を直さないといけないのも大変ですよね。


高性能なズームレンズでこの夏を切り取ってみませんか?
前回のボケフェスは単焦点レンズがお買い得でしたが今回は「大三元レンズ」もお得に!

ボケフェス2開催中!!
7月31日(月) 20:29まで

↓セール会場は下記バナーをクリック!↓



マップカメラで大好評の「超低金利ショッピングクレジット」
36回払いまでは金利がかかりません!
この機会に大三元レンズを揃えてみませんか!?
↓詳しくは下記バナーをクリック!↓




〓〓セール情報〓〓

[ Category:Information]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】S4・希少な普及版ニコン 2017年08月19日
Nikon S4をご存知ですか? 「Nikon S4」は、1959年発売のニコンSマウントカメラ(S型ニコン)。 「Nikon S3(1958年)」から、ファインダーの35mmフレーム、セルフタイマー、モータードライブ取付け機構、 フィルムカウンターの自動復元機構を省いた、普及版として登場しました。 ↑ Nikon S3(奥)とNikon S4(手前) 他のS型ニコンとの見分け方は、「レバー式巻上」、「大きなファインダー窓」(S3と同じ)で、 「セルフタイマー無し」、「ロゴのNが直線的」なら「S4」です。 生産台...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 金子裕昭 写真展『サバンナ ストーリー』 2017年08月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 金子裕昭 写真展 - 『サバンナ ストーリー』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 【ZEISS & Voigtlander】Milvus 1.4/35と ULTRON40mm F2 ご予約受付中 2017年08月18日
Carl ZeissとVoigtlanderから新しいレンズが発表となりました! 【Carl Zeiss】 ニコン F/キヤノン EFマウント用 「Milvus」はデジタル撮像素子に最適化されたレンズ設計と 新しい時代にベストマッチした解像性能を持つカールツァイスの美しきレンズ。 どのような場面にも万能に使える35mmの焦点距離に、大きなボケ表現も楽しめるF値1.4。 好評だった従来のディスタゴンタイプを継承しつつ、 新しい光学系に生まれ変わり最新のMilvusが誕生しました。 1.4/35が新しく加わり、Mil...
続きを読む
【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 【貸出機材更新】8/20 イベント開催のお知らせ『ライカで撮る、ライカを知る。 SLとM』 2017年08月18日
自分に合うのはどっちのライカ?その答えがわかるライカイベントを開催いたします。 ゲストにプロカメラマン・河田一規氏とフリーライター・ガンダーラ井上氏をお迎えし、なぜライカなのか?ライカレンズは何が違うのか?を少しマニアックだけど分かりやすく説明していただきます。さらにライカSLとM10で実際に撮影ができる時間をご用意。 ライカに興味があるけど持っていない、実際にライカを使って撮影をしてみたい、など 初めてライカを体験...
続きを読む
null オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm... 2017年08月16日
オリンパスで広がる撮影の世界 第2回 高性能ズームの新スタンダード。 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO ただいまマップカメラでは、 創業祭「MAP FES MAP CAMERA 23rd Anniversary」を開催中。 お得なSALEやイベントなど、 すでに利用してくださったお客様も多いことだろう。 そんな創業祭で盛り上がっているマップカメラでは、 本年カメラグランプリで三冠を達成したオリンパスを大特集!! OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED12-100MM F4.0 IS PROが カメラグラン...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]