【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】 VOL.2 街撮りスナップ最強の常用ズームレンズ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





オリンパス・タイトル


【TOKYO VIEW BY OLYMPUS】

VOL.2 : 原宿
街撮りスナップ最強の常用ズームレンズ


OM-D E-M1 Mark IIを使用し、東京をテーマにスナップ撮影へ訪れたのは次の街は原宿。
今も昔も新たな流行を発信し続けているこの街は、訪れるたびに違った表情を見せてくれる。

今回撮影に持ち出したレンズは『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』。
35mm判換算で24-200mmという焦点距離をカバーしながらも、F4通しの明るさを誇る本レンズ。
「F4だと少し暗いのでは」と思う贅沢な方もいるかもしれないが、
使用したカメラは手振れ補正に定評のある『OM-D E-M1 Mark II』なので、
夕暮れ時や夜間の撮影時でもシャッタースピードで明るさを稼ぐことが出来る。

筆者は撮影の際に手振れによく悩まされているのだが、このカメラの前ではその悩みはいとも簡単に吹っ飛んでしまう。
私と同じような悩みを持っている方は、だまされたと思って一度でいいからこのカメラを使ってみてほしい。
特に、このカメラとレンズの組み合わせは、写真を撮ることが何倍にも楽しくなること間違いなしの銘コンビなのだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:50mm/ 絞り:F8/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200

さて、早速この組み合わせを持って向かった先は「原宿」。
原宿はいつ来ても人の海で、立ち止まってじっくりと撮影をすることはなかなか難しい。
その点E-M1 Mark IIは機動力が非常に高いので、がっちりとカメラをホールドして撮らずとも、
片手でサッと取りだして構えるだけで難なくピントを合わせてくれる。
だからこそ、普段自分が見ているありのままの光景を、空気そのものを写真に残すことが出来るのだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:100mm/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

街撮りスナップ撮影には広角レンズのイメージが強いかもしれないが、何かと重宝するのは望遠レンズだったりする。
余計な要素を省き、見せたい要点だけをギュッと写真の中に詰め込むことができるからだ。

しかし望遠撮影で気になるのは手ブレ。さっとカメラを構え、一瞬のタイミングをラフな状態で狙うことも多々あるのだが、
この『OM-D E-M1 Mark II』と『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』の組み合わせは本当にスゴイ。
5軸で6.5段分という最高峰の手振れ補正機能は秒単位のスローシャッターでも手持ちで撮れてしまうほど優秀なのだ。
どんな状況でもブレない写真が撮れる、これほど心強いカメラは他にないだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:31mm/ 絞り:F4/ シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200

このレンズがあれば、撮れないものはない。

本レンズの最短撮影距離は15cm。最大撮影倍率0.6倍と、マクロレンズ並みに寄ることも可能だ。
冒頭でも触れたが、本当に幅広い撮影シーンで活躍してくれる1本だと改めて感じた。
少し使用しただけで、発売から約9ヶ月ほど経つ今でも人気が高い理由が良く分かる。
M.ZUIKO DIGITALレンズの中で最も汎用性が高いレンズだと言っても過言ではないだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:54mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

原宿はユニークな形の建物が非常に多い。
そして、店舗の入れ替わりも早く訪れるたびに表情を変える面白い街だ。
だからこそ、何度訪れても飽きない。それが原宿の愛される理由なのだろう。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:54mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/640秒 / ISO:200

スナップはいかにその街の情景に自分とカメラが溶けこめるかで写真が大きく変わってくる。
その点でいうとこの『OM-D E-M1 Mark II』はスナップにも向いている一台と言えるだろう。
さりげさなは無いものの、カメラ・レンズともに小型なので威圧感もなく撮影ができ、画質はフルサイズ機並みに良い。
そしてとっさの瞬間にも対応してくれる高速AFは、シャッターチャンスを逃すことなく街を切り撮ってくれるはずだ。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット
焦点距離:100mm/ 絞り:F5.6/ シャッタースピード:1/320秒 / ISO:200

充実したアートフィルター機能

基本性能の素晴らしさはもちろん、アートフィルター機能の存在も忘れてはならない。
こちらはアートフィルター「パートカラー」を使用して撮影した1枚。
女性の赤い服がモノクロの背景によく映える。

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO セット

『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO』は分類にすると高倍率ズームということになるのかもしれないが、その描写性能と手振れ補正機能は今まで私が知る高倍率ズームとは別次元のレンズだった。各メーカーから次々とフルサイズ機が登場中、改めてマイクロフォーサーズのメリットに納得した1本である。次はどの街にどのレンズを持って行こうか。





TOKYO VIEW BY OLYMPUS



〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:08月03日 11時05分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]