Select Language



【Nikon】希少!! Nikon S3追加生産型!

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年08月14日 19時30分]




Nikon (ニコン) S3オリンピック 50mmF1.4付

この凛々しいブラックニコンは、通称「Nikon S3 オリンピック」とよばれているカメラです。
Nikon S3は、1958(昭和33年)にNikon S2の後継機として登場し、12,300台あまりが製造されました。

Nikon (ニコン) S3オリンピック 50mmF1.4付

そして、一旦製造を終了した後、1965(昭和40)年に2,000台が再発売されました(S3追加生産型、ブラックのみ)。
このS3追加生産型には、新型の50mmF1.4が付いていました(ボディのみの販売もあった)。

S3追加生産型のシリアルナンバーは、6320000番台といわれています。

諸説ありますが、新型50mmF1.4は、1964(昭和39)年の東京オリンピック開催時に
報道関係向きに再生産されたNikon SPにも付けられていたことで
オリンピックニッコールと呼ばれました。

Nikon (ニコン) S3オリンピック 50mmF1.4付

そのオリンピックニッコールが付いたS3追加生産型がNikon S3オリンピックと呼ばれるようになったのです。

Nikon (ニコン) S3オリンピック 50mmF1.4付

Nikon (ニコン) S3オリンピック 50mmF1.4付

新型50mmF1.4は、それまでの3群7枚のゾナータイプから4群7枚のガウスタイプに変更されました。
外観では、レンズの全長が長くなり、焦点距離の表記が「5cm」から「50mm」に変わりました。

50年前にわずか2,000台のみ製造されたNikon S3 オリンピック 50mmF1.4付。
コレクションだけでなく、実用機としても、まだまだ活躍できる実力を持っています!
Nikon 100th Anniversary を迎えた今、また、東京大会を控えた今こそ
注目してみてはいかがでしょうか!

また、Nikon S3 オリンピック 50mmF1.4付の正当な復刻版ともいえる
Nikon (ニコン) S3 リミテッドエディション ブラックが、2002年発売されました。
こちらも2,000台限定でした!












ニコンレンジファインダーカメラ一覧は商品詳細をクリック!



ご利用ください!36回払いまで金利0%で話題の「超低金利ショッピングクレジット」
↓詳しくはコチラ!↓






〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年08月14日 19時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 【Canon】初撮り Kiss X8i 2018年06月23日
初心者、女性でも使いやすいと評判の【EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】で、都内某所をお散歩してきました。 まずは、神社で参拝です。 ここでは、パワースポットの「勝ち運の銭洗い弁天」があると知り、小銭を洗ってみました。 こちらの水で願いを込めてお金を洗うとご利益があるそうです。 私は 115円 で、「いいご縁がありますように」と願いを込めてみました。 梅雨の時期ということもあり、紫陽花が咲いてました。 そろそろお腹が空いたので、スープカレ...
続きを読む
デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『水のとき』 2018年06月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『水のとき』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 2018年06月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ・アシスタント写真展 - 『Sunrise』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]