【Voigtlander】MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount発売!! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






null
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount

本日発売です!!

「APO-LANTHAR」と聞くと懐かしく感じられるお客様も多いのではないでしょうか。
元々、Voigtlanderのレンズの中でも"最高の光学性能"を
持つレンズに付けられる「APO-LANTHAR」の銘。

近年ではCosinaがその製造を行っていた
「APO-LANTHAR 90mmF3.5」
「MACRO APO-LANTHAR 125mmF2.5」など
"最高の光学性能"は決して誇張ではなく、その端正な写りから
銘玉として名を馳せていました。

null
そして「MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount」
2016年秋に開催されたフォトキナで開発発表され、
その後CP+2017で製品版に近い物が初お披露目、そこから更に半年の時を経て
本日発売となります!

MF専用レンズにはなりますが、
ボディ側と情報をやりとりするための電子接点も備えており
Exifへの記録やα7IIシリーズなどに搭載された
ボディ内手振れ補正も5軸全てが動作しますので
大変使い勝手の良いレンズとなっております。

古き良きレンズの血を脈々と受け継ぐ
最新光学設計のMACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
皆様からのご注文お待ちしております!



マップカメラでは36回まで金利0%の
「超低金利ショッピングクレジット」を実施中!!
是非ご利用ください!!
超低金利!ショッピングクレジットはこちら!!



〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:08月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 グループ展『氣 サラブレッド 2017』 2017年11月16日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは グループ展 - 『氣 サラブレッド 2017』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
null 【SONY】α9 Maptimes Review 2017年11月10日
ミラーレス一眼の新たな新時代を切り開く 「α9」 完全無音でレリーズ時の暗転がなく AF/AE追従で20コマ/秒で連写の行えるカメラということで 様々な可能性を秘めた高速連写機となっています。 マップカメラがおくる作例サイト『Kasyapa』でも発売時にご紹介しておりますが 本館5Fスタッフの間でも撮影に臨んで参りましたのでご覧ください。 それではどうぞ。 α9 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS ss1/1600 F2.8 ISO8000 焦点距離143mm まずはα9の主戦場である「動体撮影」から見ていきましょう...
続きを読む
【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 【Nikon】 KeyMission Movie ~ かけがえのない瞬間 ~ 2017年11月10日
【 KeyMission:Impossible 】 あなたのミッションは何ですか? 何をするのか・・・なぜそれをするのか・・・ 目指すものはさらなる高みへ・・・攻め続ける! 様々なミッションに可能な限り挑む! それが KeyMission:Impossible! ミッションはあなたをより近くへ導く ミッションはあなたをより遠くへ誘う ミッションはあなたを解き放ち・・・大胆に、生き生きと、自由に! どこへでも行くことができる! あなたのミッションは・・・I AM KeyMission! 【 KeyMi...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]