Select Language



【Voigtlander】MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount実写編

[ Category:SONY|掲載日時:2017年08月28日 21時40分]




...weil das Objektiv so gut ist
(訳:なぜならレンズがとてもいいから)

オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている
フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズですね。

今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが
フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。

そして今回はそのコシナが手掛けた
"MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical"の実写編をお届けいたします。

それではどうぞ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/80 F4.0 ISO800
さて、本レンズは最大撮影倍率が1:2となるレンズですので、いわゆるハーフマクロレンズに該当します。
まずは早速接写でググッとアップにしてみましょう。
葉がうねっているため周辺部は被写界深度から抜けてしまっていますが
ピントを合わせている中心部の解像力はさすがの一言。葉脈までしっかり描写しています。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/124 F2.0 ISO200
質感描写にも優れているなあと感じる一枚です。
木目をしっかりと描き込みつつ、硬くならないのは良いですね。
ボケ味に関しては右奥に進むにつれ少しうるさくなりそうな要素が見え隠れしていますが
背景に気を付ければ大丈夫そうです。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
上の写真からピントを置いている部分をトリミングしてみましたがいかがでしょう。
α7RIIのセンサーのおかげもあると思うのですが、本当によく写ります。
これはこれで構図の一つとして成立してしまうくらい甘さがありません。


SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/50 F2.0 ISO100
もう少しハイライトのエッジのところなどはフリンジが見えてきそうなモノですが
アポクロマート仕様ということで、色収差がほとんど感じられませんね。
色の繋がり、そして階調の繋がりにも優れたレンズであるといえます。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/1600 F2.0 ISO100
色や階調に優れたレンズとなれば、撮影したくなるのが「金属」です。
旧日本家屋の中でも、看板建築と呼ばれる銅板貼りの建物を撮影してみましたが
緑青の壁面に残る長年のキズや染みなどをつぶさに捉えています。
窓や左側の描写なども甘さがなく、見事なものですね。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/25 F2.0 ISO200
天気は生憎の曇り空。
日が傾いてくると、窓から入る光は室内を満たすことはありません。
そんな中、ゆるやかな光が木の引き戸をスポットしていたのを収めてみましたが
その場の静謐で少し澱んだ空気感が伝わってきそうな一枚となりました。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/100 F2.0 ISO200
さて、50mmから1歩2歩踏み込んだ65mmということで、少しとっつきづらさを感じるのですが
実はα7RIIやα7SII、α9などファインダー倍率0.78倍(50mmレンズを付けた際)の機種で仕様する場合
EVF上に表示される像の大きさと、肉眼で見ている物体のサイズがほぼイコールとなります。

計算式は割愛いたしますが、実は絶妙な焦点距離を持ったレンズとなっておりますので
なれない焦点距離と臆さずに、EVFと肉眼の見え方を意識してみると
また違ったアプローチが出来るでしょう。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/125 F2.0 ISO100
フォクトレンダーブランドではレンズの明るさや用途に応じて
NOKTONですとかSKOPARですとか、銘付けがされているのですが
この「APO-LANTHAR」銘は同ブランドの中でも、最高の光学性能を持つ
レンズに付けられる銘となっています。
その誉れ高い名に恥じない描写だと思います。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/80 F2.0 ISO800
遠景では少し絞って使いたくなるのですが、こういったシーンでは
被写界深度のコントロール以外で絞る必要を感じません。
周辺光量落ちが気になる方は、ボディ側の電子補正を使うか
F3.5くらいまで…なので1段+2/3段ほど絞ってあげましょう。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/6 F2.0 ISO100
最後はモノクロで。
電子接点を備えた本レンズは、ボディ側と距離情報もやりとりをする事が可能となっており
手振れ補正内蔵ボディであれば、5軸全ての手ブレ補正が動作します。
この写真もかなり低速でシャッターを切ってみましたが、意図的に歩いている人だけを被写体ブレさせることが出来ました。


・・・


いかがでしたでしょうか。
フォクトレンダー史上最高と謳われる、ハーフマクロレンズ。
高い解像力、優れた平坦性、そして色滲みを徹底的に抑制したアポクロマート仕様が
ヌケの良いトーンと素直な色の繋がりを魅せてくれます。

フルサイズEマウント用としては3本目となるマクロレンズ。
純正も優れたレンズが連なる中で、これまた極上の1本と
嬉しくも悩ましい存在なのは間違いありません。

ぜひ、極上の写りをご体験ください。


マップカメラスタッフによる
フォトプレビューサイト『Kasyapa』にも掲載中!

null


お求めはこちらから。



マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年08月28日 21時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む
null 【SONY】箱根で感じる物語の世界 2018年05月13日
少し前のお話しです。 春の足音が近づいてきた日のこと、王子さまに会いに行くことにしました。 王子さまはとてもすてきなところにいました。 日本であることを忘れてしまうかのようです。ここは20世紀初頭のフランスの街並みが再現されています。 色褪せた外壁と真新しい鮮やかなブルーの扉の対比に心くすぐられます。 良く見ると、作者の名前が看板になっていました。 こんな遊び心あふれる造りも、物語の世界に入り込んでいるようでときめきます。 直訳すれば「サン=テグジュペリの家」...
続きを読む
null 【SONY】二律背反 2018年05月07日
ボケ味と解像力。二律背反する要素を高い水準で纏め上げたソニー渾身の一石。 大口径標準ズームレンズFE 24-70mm F2.8 GM。 発売されてから2年ほど経過し、その間にFE 24-105mm F4 G OSSが発売され、更に今月末にはTAMRONから初のフルサイズのEマウントに対応した標準ズームレンズ28-75mm F2.8 DiIII RXD(Model A036SF)が発売となる。 徐々に選択肢が広がっていく中で描写の再確認をと思い、マップカメラ本館5F、ソニーフロアスタッフが撮影に臨んだ。 ss1/50 F2.8 ISO100 焦点距離47mm 2度目に...
続きを読む
ねことほそ道 ねことほそ道 2018年04月30日
その日は天気の良い休日。世間一般でも休日と呼べる曜日だったわけですが、「よし、撮影に出よう」と思い立って朝から家を飛び出します。しかしここで天の邪鬼な筆者は「休日の人ごみに飲まれたくない」と思ってしまい、行き当たりばったりな撮影に切り替えます。こういう時は大抵しょうもない写真ばかりが増えてしまうものなので、今回は"東京の路地を撮ろう"とざっくりとした目的を付け加えました。 そうして訪れたのが都電荒川線沿いにある三ノ輪駅。以前にも何度か撮影で訪れた事があり、来る度...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]