【Nikon】D850 その進化に迫る <その1> » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




D850ブログtit



ついに発表された『Nikon D850』。従来機のみならず、今までの一眼レフの常識を覆すような凄まじい性能へと進化をしました。今回はその性能の中でも注目すべき特徴をピックアップ。正常進化だけでなく、一眼レフの利点とミラーレス機の利点を合わせたような新機能にも注目です。

4575万画素のローパスレス仕様で
9コマ/秒の高速連続撮影を実現
※マルチパワーバッテリーパック(Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL18b)使用時

有効画素4575万画素という超高画素センサーを搭載しながら、ボディ単体で最高約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック MB-D18使用で約9コマ/秒連写を実現。D850は今まで不可能と思われてきた、超高画素と高速連写を両立させた次世代の一眼レフです。

 

裏面照射型CMOS採用により
超高画素ながら卓越した高感度性能

D850ブログtit  

従来のCMOSセンサーと比べ、より効率的に光を取り込むことのできる裏面照射型CMOSセンサーをニコンデジタル一眼レフカメラで初めて採用。それにより高感度でもノイズを抑えた画作りが可能です。


ニコンデジタル一眼レフ史上最高の
光学式プリズムファインダー

D850ブログtit

ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラで史上最大のファインダー倍率約0.75倍を実現。このことにより、約1.15倍に広がった視野で撮影により集中できるだけでなく、EVFよりも高い解像度で被写体を詳細に視認可能です。


サイレントインターバルタイマー撮影
シャッター耐久を気にせず、大量のコマ数の撮影が可能

【例えば】インターバル1秒、30分間のタイムラプスムービー用素材(静止画)を取得する場合。

D850ブログtit

・無音なので街中や夜間の撮影で周囲を気にせず撮影可能
・メカ駆動によるブレが起きないのでよりシャープな描写が可能


MF時のピント位置をより明確に確認できる
ピーキング機能(フルHD/HD時)

ピントが合っている部分を、輪郭の着色で確認可能。表示色は被写体の色に応じて、赤、白、黄、青から選択可能できます。

D850ブログtit

・感度設定:3段階(高い、ふつう、低い)から選択可能
・動画ライブビュー時、静止画ライブビュー時、ライブビュー拡大時にも表示可能
・HDMI接続時の接続機器側には記録されないので非圧縮動画撮影にも便利



撮影可能コマ数が約50%上昇(対D810比)


D850バッテリー撮影枚数01
D850バッテリー撮影枚数02

デジタルカメラの性能が上がれば消費電力も増えるイメージですが、D850の場合は従来機と比べて撮影可能枚数がUPしています。しかもその差は約50%増という驚くべき数値。高画素機の中でも群を抜いてスタミナのあるカメラです。









次へ>>



〓〓新製品〓〓


[ Category:Nikon|掲載日時:08月25日 20時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) 【SONY】 α7IIと冬真っ盛りの北海道へ(後編) 2018年02月19日
前回に引き続き冬の道央、上川地方を旅してまいります。 昨日掲載の別スタッフの記事を見て、社内に真冬の北海道を旅しているスタッフがいたのかと驚きました。 ご覧の皆様も定番の夏に限らず、冬の北海道はいかがでしょうか。きっとその美しさに魅せられます。 SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO2000) 雪を照らす豆球の光が優しく、心が洗われます。 時間に追われ目まぐるしく状況が変わる都会も悪くはありませんが、 このような心穏やかな環境も私は大変...
続きを読む
【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
Bergger Pancro 400 フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]