Select Language



【FUJIFILM】FUJIKINA 2017 東京 見学レポート

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2017年09月11日 19時16分]


FUJIKINA2017レポート

2017年9月7日 東京・港区にて行われたXシリーズ、GFXファンミーティングイベント

『FUJIKINA 2017 東京』

その様子をレポートしたいと思います。




FUJIKINA2017レポート

会場は『綱町三井倶楽部』という歴史と気品のある洋館で行われました。

開場が平日の18:00ということもあり、仕事帰り風の来場者が非常に多い印象です。
そしてみなさんの肩や首にはストラップに繋がれた様々な『Xシリーズ』のカメラが。

かく言う私もプライベートで『X100F』を愛用しているXユーザーなのですが、
今回は取材用に『GFX50S』を使用してレポート写真を撮っています。



FUJIKINA2017レポート

館内も豪華絢爛。“きらびやか”というより“上品で格式高い”雰囲気です。

今回は同日(9/7)に発表された新商品があると聞きつけ、
どこにあるのかと探していると…



FUJIKINA2017レポート

なんとタッチ&トライコーナーにありました!
注目の『X-E3』『XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro』だけでなく、
GFX50S用の新レンズ『GF45mm F2.8 R WR』3つの発売前商品が試せることもあって、大盛況でした。
私も行列に並んで順番を待ちます。



FUJIKINA2017レポート

ありました!『X-E3』
基本性能は『X-Pro2』や『X-T2』と同様にX-Trans CMOS IIIとX-Processor PROを組み合わせた機種なので
撮影性能や画作りは完成されていると言っていいでしょう。そこへさらに動体追尾が強化されたAFが追加されています。

手にした感触は「小さいけど、使いやすい」。サイズは『X-A3』、またはレンズ交換の出来る『X100F』といった感じです。
背面のボタン類はシンプルになり、フォーカスレバーが追加されたことで操作性がUPしています。
また、『X-T20』と同様に電源スイッチ部に『AUTOモード』やタッチパネル操作が加わり、
これからの方にも使いやすい機種になりました。



FUJIKINA2017レポート

続いては新レンズ『XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro』

XFレンズ初となる等倍マクロを実現させただけでなく、テレコンバーターを併用することで最大2倍マクロまで撮影が可能です。
AFも静かで高速。手振れ補正は最大5段分まで効きます。
『XF 60mm F2.4 R Macro』も超解像力なレンズでしたので本レンズへの期待も高まりますね。



FUJIKINA2017レポート

そして『GF45mm F2.8 R WR』

35mm判換算で36mm相当の焦点距離となる単焦点レンズ。見た目も大きさも『GF63mm F2.8 R WR』のようで、
50mm派と35mm派によって両者に分かれるGFX50Sのファーストレンズになる予感です。

11月発売予定のレンズなのですが、会場で撮影した写真の掲載許可をいただきました。



Canon  EOS 6D Mark II
絞り:F4/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200/ 使用機材:FUJIFILM GFX50S + GF45mm F2.8 R WR
<写真をクリックすると横幅5000pixの拡大画像が表示されます>

絞りF4でこの写りです。フォーカス部の解像力はかなり高いのですが、何より質感表現が素晴らしいですね。
階調のリッチな表現、滑らかなガラスの質感など、さすが中判デジタルの表現力です。



FUJIKINA2017レポート

タッチ&トライコーナーを後にして、既存のレンズラインナップが紹介されているショーケースを覗いていたのですが、

ん?んんん!?

なんと新レンズロードマップで発表された『XF8-16mm F2.8』『XF200mm F2』のモックアップが!!

『XF8-16mm F2.8』のサイズは他メーカーになりますが『SONY FE 12-24mm F4 G』くらい。
『XF200mm F2』はニコン・キヤノンの200mm F2のようなスタイルです。

『XF200mm F2』を『X−T2』に付けたら相当な迫力になりますね。あとは重量がどのくらいになるのか。



FUJIKINA2017レポート

同じくレンズロードマップで発表された『GF250mm F4』『GF1.4×テレコンバーター』のモックアップもありました!

きっとこのレンズも相当写りがいいレンズになることでしょう。完成品の描写が非常に気になる一本です。



FUJIKINA2017レポート

機材を中心にレポートしてきましたが、会場では数々の写真が紹介されていたり



FUJIKINA2017レポート

セミナーやトークショー、機材の貸し出しなど盛りだくさんの内容でした。



FUJIKINA2017レポート

いかがでしたでしょうか?
当日の会場はものすごい来場者の数でしたが、みなさん思い思いにイベントを楽しんでいる様子でした。
また、α7系やOM-D系のミラーレス機、ニコン、キヤノンの一眼レフを持った方も多数いらっしゃいました。
『FUJIKINA 2017 東京』はXユーザーだけでなくカメラ好きにとって有意義な時間を過ごせたイベントだったと思います。

実際に新商品に触れてみて、発売が非常に楽しみになりました。
マップカメラでは『X-E3』『XF80mm F2.8 R LM OIS WR Macro』
『GF45mm F2.8 R WR』のご予約も開始しています。


皆様のご予約お待ちしております。





[ Category:Fujifilm|掲載日時:2017年09月11日 19時16分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】大藤に魅せられて 【FUJIFILM】大藤に魅せられて 2018年05月09日
大藤で有名なあしかがフラワーパークへ XF10-24㎜とXF35㎜ F1.4を携え新機種X-H1と共に 壮大な藤棚を思うままに撮影してみました。 藤は古くから女性に例えられ、優雅に垂れる花房は振袖姿を思わせたそうです。 その印象に違わず、陽気の下で優しく揺れる藤の花房は和の風情を感じさせます。 約1mの花房が垂れ下がって埋め尽くす様は壮観です。 少し汗ばむ陽気のこの日 XF35㎜ F1.4のレンズで撮った画像には 藤の花房の向こう側に夏の訪れを感じる事が出来ました。 ラ...
続きを読む
null 【FUJIFILM】4月の今、桜を求めて 2018年04月27日
みなさま、今年の桜は楽しめましたでしょうか。 東京の桜はすっかりピークを終えていますが、 日本気象協会によれば青森では満開、北海道函館市では4月25日に開花が確認できたそうです。 東北、北海道で見ごろを迎えようとしているこの時期、東京では奥多摩まで足を運べば山に咲く桜を楽しむことができます。 今回は奥多摩の大岳山へ行ったときの写真をご紹介いたします。 大岳山は日本二百名山に数えられており、都内からのアクセスが良く都内であれば十分日帰りで楽しむことができます。 大岳...
続きを読む
【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 2018年04月11日
今まで多くのスナップシューターを魅了したFUJIFILM X100シリーズ。 その4世代目として成熟したX100Fは更に磨きをかけ、 フィルムシミュレーションACROSを搭載。 「カラーもモノクロも、これ1台」と言って良いほど。 本来は35mm判換算で35mm相当のレンズが付いているX100Fですが、 今回はワイドコンバージョンレンズWCL-X100 IIを装着。 35mm判換算28mm相当で撮影しています。 フィルムシミュレーションは勿論ACROS、 更にモノクロ撮影には欠かせないイエローフィルターを加えて ACROS+Yモー...
続きを読む
【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 2018年04月07日
赤外撮影というと、何やら特殊な機材を用いた撮影方法のように思えますが、今のデジタルカメラでは専用フィルター1枚で気軽に楽しむことができます。 ブログの写真は『FUJIFILM X100F』にデジタルカメラ用の赤外撮影フィルター『Kenko PRO 1D R72 フィルター』を装着して撮影をしたものです。デジタルカメラ内部のセンサーには赤外線除去フィルターが付いていますが僅かながら赤外線を感光することができます。(使用するカメラの機種によって、赤外の感光特性が異なりま...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS そうだ花見に行こう!(信州上田編) 2018年04月03日
筆者のわたくしもですが花粉症に悩める人達は、ついこの時期は外出が億劫になりがちです。 しかし「桜開花!」の便りを聞くとそこは日本人の性。気持ちはワクワク出かけてみようかな・・・というパワーが湧いてきます。 今日の相棒はFUJIFILM X-T10とフジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの組合せ。 FUJIFILMのボディはコンパクトで持ち運び、フットワークも生かせて良いですし、そこはフイルムメーカーのノウハウを生かした色彩豊かな描写にも期待しての選定となりました。 都内の桜のピーク...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]