【Leica】初めてのライカMと行く江ノ島の旅 レポート! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






皆様こんにちは!
今回は、去る9月23日に開催された屋外での撮影イベント
「初めてのライカMと行く江ノ島の旅 U-40」の模様をお送り致します!
ライカMを持って屋外を自由に撮影するという他に類を見ないイベント!
講師にプロカメラマンの斎藤巧一郎氏をお招きして、江ノ島を一周してきました!

Leica Mモノクローム(Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH
新宿から片瀬江ノ島まではロマンスカーで移動。
確実に座れて乗り心地も実に快適です。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH
江ノ島に着いてまずは1枚。
今回、同行した店舗スタッフ2名はそれぞれLeica M10Mモノクローム(Typ246)を持って行きました。
こちらはMモノクローム(Typ246)にて。
撮って出しJPEGですが、階調が実に豊かです。
DNGで撮影して現像を追い込んだらどうなるやら…すごいカメラです。

Leica M10 + Summilux M21mm F1.4 ASPH
江ノ島と言えばまずはここからです!
駅を出たらまずは江ノ島大橋を渡ります。
私は以前にここでトンビにサンドイッチを攫われた思い出が…

Leica M10 + Summilux M21mm F1.4 ASPH
午前中はヨットハーバー方面を散策しました。
海外の方が沢山いて、ギャラリーも多かったので調べてみたら
この日は「RS:X World Windsurfing Championship」の最終日だったようです。
周りに悟られぬよう目測でピントを合わせておいて
カメラを構えず、ノーファインダーでシャッターを切ったので斜め構図に…。
これはこれで個人的に嫌いではないのですが。


ヨットハーバー方面をしばらく散策し、昼食のお時間になりました。
今回の旅の目玉の一つでもある「丸だい 仙水」の「しらす花かご定食」です。
しらすのかき揚げ、しらす入り茶碗蒸し、しらすご飯もありました!
まさに江ノ島に来たらコレ!というのがギュッと詰まった定食です。
素敵なお食事をありがとうございました!

お昼休憩の合間に同じテーブルの方同士で写真をチェックしたり
親睦を深めたりといった様子もありました。
他の人の写真を見たり語り合うと新しい刺激が得られて楽しいですよね!


午後は江ノ島本島をグルッと散策です。
講師の斎藤巧一郎氏と一緒に江ノ島神社へ。
プロカメラマンと一緒に撮影に行けるなんて滅多にないことなのでワクワクしますね!


今回のような歩き回る日でもライカMなら軽快に使えます。
構える姿もかっこいいです。

Leica M10 + Summarit M75mm F2.4
私はここで脇道に少し入って児玉神社へ。
なるべく正面から捉えて厳かな雰囲気に。

Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH
山の方へ向かい、海をパシャリ。
朝方は怪しい雲行きでしたが、日中の天気は良好!
雲量が多い空模様だったので、ドラマチックな写真が撮れました。


ずーっと奥まで歩いていくと「稚児ヶ淵」があります。
ここまで来るのは結構大変ですが、それに見合う景色が待っています!
皆さん思い思いに海を撮ったり、水溜りを撮ったりしていました。

Leica M10 + Summarit M75mm F2.4
戻りがけに彼岸花を見つけました。
クロアゲハでしょうか、たまたま居たので良い画になりました。

Leica M10 + Summilux M21mm F1.4 ASPH
江ノ島から戻ったら早速、斎藤巧一郎氏による講評会です。
今日1日撮り歩いた中から「コレだ!」というベストショットを
1枚ずつお選びいただいて、プロジェクターで鑑賞しながらの進行です。
同じ場所、同じライカMというカメラを使っていても、皆様思い思いの写真がありました。
江ノ島はよくプライベートで行くのですが、横で見ながら「こんな場所があったのか!」
「こういう撮り方もアリなのか!」と私自身も新しい発見が多々ありました。

イベントのタイトル通り、ライカMを今日初めて使うという方が大半でしたが
最後の講評会で出てきた写真からは微塵もそれを感じさせないほど
レベルの高い方が多く、私も写真を勉強せねば…と思ったのでした。


いかがでしたか?
カメラを持って外に出掛けるのって気持ち良いですよね♪
皆様のおかげでイベントも大成功でした!!本当にありがとうございます。
またこういったイベントを開催したいと思います。
その際はどうぞマップカメラをよろしくお願いします。

↓今回イベントで使用したカメラはコチラ!↓


Leica M(Typ240)なら大変お買い得なアウトレット品がございます!
数量限定ですので、お早めに!!
↓お買い得なアウトレット品はコチラ!↓

M型ライカ用の各種交換レンズは商品詳細
(Map Camera.comの商品ページへジャンプします)


ライカの魅力をたっぷり堪能して、さぁライカを買うぞ!
…と言っても踏み出すのには勇気と覚悟が必要です。
そんな時はマップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」がございます!
ナント、36回払いまでは金利がかかりません!
最長60回払い(金利10%)も承っております。

例えば、今回イベントで使用したM(Typ240)のアウトレット ¥698,000
10月17日に価格改定が決まっている
ズミルックス M35mm F1.4 ASPH ¥615,600を合わせて金利ゼロの36回払いにすると…
合計金額が¥1,313,600となり、月々のお支払いが¥36,400になります。(初月のみ¥39,600)

金利10%の60回払いにすると総額が¥1,444,960となり
月々のお支払いが¥24,000です!(初月のみ¥28,960)
なんと月々のお支払いが3万円を切って憧れのライカが手に入ります!!
価格改定前に是非お求めください!!
話題のLeica M10もお早目のお渡し、頑張ります!!

↓詳しくは下記バナーをクリック!↓



[ Category:Leica|掲載日時:10月05日 16時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 子供を撮るカメラではなく、子育てで使うお勧めカメラ 2017年12月16日
突然ですが、ただ今、3歳の子供を育てている真っ最中のパパです。 今回は、子育てでこのカメラは紹介せずにはいられないというカメラ SONY Cyber-shot DSC-RX100M5のある機能について紹介したいと思います。 私の両親は離れて暮らしている為、孫の動画となればたとえスマホで撮った動画でもシェアするととても喜んでくれます。 だから送る方も嬉しいし、シェアしてあげたい。 でも、せっかくの成長記録なので、画質の良いカメラで撮りたいと思うのがカメラ好きの本音。 画質の良いカメラで撮...
続きを読む
null 【Panasonic】パナライカと過ごす日常 (茨城編) 2017年12月15日
私生活で絶対に手放せない機材がある。 それは『Panasonic LUMIX DMC-GM5』と『Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH. 』。 写真下段のコンパクトカメラ『Leica X(Typ113)』と比較すると、その小ささが際立つ。 そして、ミニマムなボディサイズからは想像もつかぬ存在感。 今回の旅の目的は『新鮮な浜焼き』。 このミニマムな組み合わせで茨城県大洗市へ出かけた。 東京から車で走ること2時間。大洗港に到着。 2011年3月11日の震災時には津波の被害を受けたが、 今では津...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】TS-Eレンズと遊ぶ 2017年12月14日
TS-Eレンズと遊ぶ TS-E17mm F4L TS-E24mm F3.5L Ⅱ TS-Eレンズ・・・ 聞いた事や見た事があっても実際に使って写真を撮ったことがある読者の方は少ないのではないでしょうか。 TS-Eレンズとは、キヤノンがラインアップしているティルト・シフトレンズの名称であり 遠近感とピントの合う範囲をコントロールできる、アオリ機構を搭載したレンズです。 オートフォーカスの機能は無いのでピントは全てマニュアルでフォーカスします。 故に三脚を据えて撮影するのが好ましいレンズです。 筆者は...
続きを読む
null 【Nikon】 本気のFX 58mm ~現代の銘玉で日常にスパイス~ 2017年12月13日
日常にスパイス 02 深まる紅葉も徐々に散ってゆくこの季節。 今年最後の紅葉狩りに、 紅葉撮影の決定版を持ち出してみるのはいかがでしょうか。 今回は、AF-S 58mm F1.4GとD5の組み合わせでお届けします。 まずは絞り込んでパシャリ! 浅瀬から滝つぼの淵へのグラデーションを良く写し取ってくれます。 D5は高感度での性能を重視する設計といわれていますが、 ISO100でもこれだけ豊かな階調表現が可能です。 しばらくあたりを散策していると、あっというまに真っ暗に、 最近は...
続きを読む
null 【Leica】クセ玉 ズマリット L50mm F1.5 を Leica T で撮ってみました 2017年12月12日
今年の紅葉は、綺麗でした。 Leicaのオールドレンズ、「クセ玉」として有名なズマリット L50mm F1.5を APS-Cシステムカメラのモダンライカ Leica T と組み合わせて紅葉を撮影しましたので、ご覧ください。 Leica MレンズアダプターとM/L変換リングを使用しています。ボディは、藍色のLeica T CHALIE VICE。限定生産モデルです。 逆光線を受けて、輝くような赤や黄色の葉が滲んだように柔らかく写りました。 絞り開放(F1.5)の時、最もこのレンズの個性を発揮します。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]