Select Language



【Leica】ライカの中判デジカメにハッセルのレンズを付ける!

[ Category:Leica|掲載日時:2017年10月08日 20時00分]




ご存知のLeicaの中判デジタルカメラSシリーズの標準レンズといえば
SUMMARIT S70mm F2.5 ASPH.ですね。

でも、こんな楽しみ方もできるんです。
Carl Zeiss Planar 80mmF2.8を付けてみました!



実は、このPlanar 80mmF2.8は、プロカメラマン御用達、中判カメラの王様
HASSELBLAD Vシリーズ用の標準レンズなのです。

どうしてHASSELBLADのレンズが取付けられるかというと
Leicaから、レンズマウントアダプターが発売されているからです!
Leica SアダプターV
これが、コードナンバー16024Leica S-Adapter Vです。
Leica SシリーズのボディにHASSELBLAD Vシリーズのレンズを付けるためのレンズマウントアダプターです。

他社製のレンズを付けるアダプターをラインナップするなんて
Leicaも太っ腹ですねぇ。


Leica SアダプターV

ボディとレンズは機械的な連動はありませんから
絞り開放以外での撮影では、プレビューボタンを押して、絞り込むことを忘れないようにしてください。


Leica Sシリーズユーザーの方、Carl ZeissレンズでのLeicaとは異なる写りを体験してください!

また、HASSELBLAD Vシリーズをお使いの方でレンズ資産を活かしてデジタル化をお考えならば
是非とも、Leica Sシリーズをご検討いただければと思います!











「超低金利ショッピングクレジット」もご利用ください。
なんと、36回払いまでは金利がかかりません!


↓詳しくは下記バナーをクリック!↓
null







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年10月08日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 2018年06月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ・アシスタント写真展 - 『Sunrise』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【PENTAX】K-1と散歩 【PENTAX】K-1と散歩 2018年06月20日
今回は「K-1 Mark II」でフラり、ブラり、プラり散歩をしてきました。 一緒に連れてきたレンズは「HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR」 「K-1 Mark II」からキットとして登場した標準レンズです。 焦点距離:28mm/絞り:f3.5/シャッタースピード:1/200秒/ISO:200 『皆何を考えているんだろう…』 通り過ぎる電車と、それを見届ける人々。 焦点距離:35mm/絞り:f11/シャッタースピード:1/80秒/ISO:800 高架下で撮影した一枚は光と影が層になり少しだけ神秘的な世界に。 焦点距離:50mm/絞り...
続きを読む
Qと旅する 【Leica】Qと旅する~台湾編~ 2018年06月19日
今回Qと共に訪れたのは、台湾! まずは仕事終わりに羽田に集合! 一晩明かし、早朝の便で旅立ちます。 人生初海外ということもあり、ドキドキワクワクの中上陸しました! 暑いというのは調べていましたが、正直甘かったです。 サウナと言っても過言ではない次元でした。 ではまずは水分補給をしましょう。 Monster改め魔爪です。 日本のものに較べると味や香りが薄く、癖がない印象でした。 こちらは日本では見かけないチュッパチャップスのジュース お茶が激甘だったりと、甘...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『なかののなかの』 2018年06月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『なかののなかの』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]