Select Language



【Leica】甦るタンバール!!ご予約受付中!

[ Category:Leica|掲載日時:2017年10月18日 11時45分]


Leicaが通称赤ズマロンと呼ばれる
28mm F5.6を復刻し、世界に衝撃を与えた記憶がまだ新しい中、
再び衝撃的なニュースが飛び込んできました!


なんと
タンバール90mm F2.2を復刻するというではありませんか!

タンバール L90mm F2.2
タンバールと言えばLeica Lマウントのレンズ群の中でも一際人気があるレンズ。(上記画像)
1935~42年の間に生産。生産本数は3,000に満たないという希少性と、
その柔らかな描写、センターフィルターを使ったソフトフォーカス撮影など、
現代のレンズにはない描写で、世界中のファンから愛され続ける銘玉の一本です。


80年という歳月を経て、Mマウントレンズとして21世紀に甦る銘玉タンバールの実力やいかに!!
ロマンと夢と期待に胸が膨らみますね!!


20枚の絞り羽根も手作業で組み上げていきます。
…20枚って今まで見たことがありますか!?というくらいの驚きの枚数です。


専用のフィルター・キャップ類はもちろん、レンズポーチも当時のデザインの復刻版です。
こういった細かいところにもこだわりを感じます。さすがです!


ハイライトの滲みが綺麗です。
こういった描写を後からRAW現像で再現する…という訳にはいかないですよね。
「ピント面はしっかり立っていながらも滲んでいる」というのが
このレンズの最大の利点なのですから。唯一無二のレンズです!
↓↓↓ご予約はこちらから↓↓↓


ベースとなるタンバールL90mm F2.2で撮影した
フォトプレビューもご覧ください!
Kasyapa for LEICA タンバール90mmF2.2



〓〓新製品〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年10月18日 11時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 【Canon】初撮り Kiss X8i 2018年06月23日
初心者、女性でも使いやすいと評判の【EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】で、都内某所をお散歩してきました。 まずは、神社で参拝です。 ここでは、パワースポットの「勝ち運の銭洗い弁天」があると知り、小銭を洗ってみました。 こちらの水で願いを込めてお金を洗うとご利益があるそうです。 私は 115円 で、「いいご縁がありますように」と願いを込めてみました。 梅雨の時期ということもあり、紫陽花が咲いてました。 そろそろお腹が空いたので、スープカレ...
続きを読む
デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『水のとき』 2018年06月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『水のとき』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 2018年06月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ・アシスタント写真展 - 『Sunrise』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]