【Leica】何コレっ?! 第17回  『13356』 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで江戸時代の眼鏡ようなこれは、いったい何でしょう?
ライカのコードネーム13356は、ユニバーサル偏光フィルターです。

↓ このようにレンズの前に取付けます。 (カッコいい~!)

null null null
画像は、クリックすると大きく表示されます。

二つのリングがつながった部分を中心に前側のリングが、180度展開します。

偏光フィルターは、水面やガラス面の反射を除去したり、
青空や木の葉の色合いやコントラストを調整するネイチャーフォトのは欠かせないものですよね。

一眼レフやミラーレスカメラ、ライブビューが可能なカメラにはそのまま使える偏光フィルターですが
ライカのようなレンジファインダーカメラでは、ちょっと工夫が必要です。

レンズを通った光を見ることが出来ないからです。

そこで、13356の登場となるわけです。


Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
レンズにアダプター(白文字でLEICA E39とある黒い円盤)をネジ込み、13356の側面のネジで固定します。

Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)

使い方はというと、まずは、偏光フィルターが内蔵された前方のリングを
つまみを持って、レンズ前から上方に展開させます。

次に、ファインダーを覗きながら、先端のギザ付き部分を回します。
そうして偏光フィルターの効果が好みの位置になったら
元のレンズ前に戻します。

偏光フィルターは、その効果が最も少ない位置を0度とすると
フィルターを回していき、最も効果が表れる所は、90度で
更に回してゆくと180度で最も少なくなります。
さらに回して270度で最大になり、360度で最小になります。

そこを利用して、13356が作られたわけですね。
前方の偏光フィルターが入ったリングを180度展開させ、調整して、元の位置に戻しても
同じ効果が得られるというわけですね。

Leicaユニバーサル偏光フィルター(13356)
13356をレンズに取り付けるためのアダプター、E39(39mmねじ込み)用の14207と
E46(46mmねじ込み)用の14210の2点が標準装備されています。

また、E49用の14211 とE49(M135mmF3.4)用の14418 が別売されています。


※かつて似たアイテムでPOOTR/13352 偏光フィルター付きフードがありましたが39ミリ口径用でした。


いや~Leicaって、いろいろ工夫して、撮影者の欲求を満たしてくれますよね!














〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:10月22日 18時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 2018年01月02日
今回は1958年から1969年の間に生産された SUMMICRON (ズミクロン)35mm F2 1stのお話しです。 ガウスタイプの6群8枚のレンズ構成でそのため通称”8枚玉”と呼ばれ 人気が高いレンズです。 このズミクロン35mm F2はカナダのLeitz社で設計され カナダとドイツで製造されていました。 カナダ製に比べてドイツ製の個体は数が少なく高値で取引されています。 パチッとロックがされる無限遠ロックはライカレンズの中でも手が込んでいて 使うたび惚れ惚れするギミックです。 さ...
続きを読む
【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 2017年12月31日
Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax 【Leica M3にモノクロフィルムを詰めて】 M3はファインダーの倍率が0.91倍と高く、誕生から半世紀以上経過してもなお人気が高いカメラです。 初めてライカのフィルムカメラを購入する際に『M3』か露出計内臓の『M6』のどちらがいいか 非常に悩むところですが、ファインダーを覗いてしまうと『M3』の虜になってしまいます。 私は覗いてしまったのでM3を購入しました… 今回合わせたレンズは『Summaron(ズマロン) M35mm F2.8 眼鏡付...
続きを読む
null 108の煩悩と、108本のローレットが刻まれたレンズ 2017年12月29日
煩悩とは、欲望などわれわれを惑わし、苦しめるものと言われております。 仏教において人間の煩悩は108個あり、それを祓うために大晦日の夜から元旦にかけて煩悩の数だけ鐘をつくそうです。 カメラ好きの我々を惑わし苦しめるモノ、それはやはりライカでしょうか。 そうやすやすと手の届かないライカ、そのライカのレンズに人間の煩悩と同じ数の溝が刻まれたレンズがありました。 それは、NOCTILUX-M 50mm f/0.95 ASPH? それともAPO-SUMMICRON-M 50mm f/2 ASPH.? はたまたSummilux-M 75mm f...
続きを読む
Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH." 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.2 2017年12月23日
さて、【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1に引き続き、使用機材は 『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 Part.1では昼間の写真がメインでしたが、今回は夕方~夜の撮影がメイン。 そして、人生で初めて挑戦した星空写真をご紹介いたします! 冒頭の写真は、日が落ちる少し前の写真。 電波塔と建物の隙間から零れる強い日の光がとても美しいです。 この日...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]