【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【SONY】α7RIIIついに発表!その進化に迫る! Vol.2

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時51分]


α7RIII ブログ



続いては同じソニーの高画素機『α7RII』とライバル機『Nikon D850』と『Canon EOS 5Ds/5DsR』との比較です。一眼レフとミラーレスでは構造が違うため一概に数値だけでは比べられない点もありますが、撮影性能は現行のデジタル機の中でもトップクラスと言えます。

  SONY α7RIII  SONY α7RII Nikon D850 Canon EOS 5Ds/5DsR
有効画素数 4240万画素 4240万画素 4575万画素 5060万画素
最大記録画素数 7952×5304ピクセル 7952×5304ピクセル 8256×5504ピクセル 8688×5792ピクセル
ISO感度
(静止画)
100~32000
(50相当の減感
102400相当の増感可能)
100~25600
(50相当の減感
102400相当の増感可能)
64~25600
32相当の減感
102400相当の増感可能)
100~6400
(50相当の減感
12800相当の増感可能)
記録媒体 SDメモリーカード/メモリースティックPRO×2
(スロット1は UHS-IIに対応)
SDメモリーカード/メモリースティックPRO×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
XQDカード×1
SDメモリーカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-I/IIに対応)
SDメモリーカード×1
(SDHC、SDXCカードは UHS-Iに対応)
CFカード×1
(Type I、UDMA7対応)
ファインダー 0.5型電子ビューファインダー、約368万ドット 0.5型電子ビューファインダー、約240万ドット ペンタプリズム使用、アイレベル式 ペンタプリズム使用、アイレベル式
ファインダー倍率 約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.78倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.75倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
約0.71倍
(50mmレンズ・∞・-1m-1
オートフォーカス測距点 399点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
399点(位相差検出方式)
25点(コントラスト検出方式)
153点(うち、99点でクロス測距が可能、15点F8対応、選択可能55点) 61点(うち、41点でクロス測距が可能、中央1点F8対応)
連続撮影速度 最高約10コマ/秒 最高約5コマ/秒 最高約7コマ/秒

マルチパワーバッテリーパック MB-D18+電源がEN-EL18bの場合、最高約9コマ/秒
最高約5コマ/秒
連続撮影枚数(RAW) 76コマ 23コマ 51コマ(XQDカード) 14コマ(CFカード)
動画撮影 4K対応(HDR動画に対応)
3840×2160/30,24p
1920×1080/120,60,30,24p
4K対応
3840×2160/30,24p
1920×1080/60,30,24p
1280×720/120,30p
4K対応
3840×2160/30,25,24p
1920×1080/60,50,30,25,24p
1280×720/60,50p
フルHD
1920×1080/30,25,24p
1280×720/60,50p
液晶モニタ 3型TFT液晶
約144万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3型TFT液晶
約122.88万ドット
チルト可動式
3.2型TFT液晶
約236万ドット
チルト可動式 / タッチパネル対応
3.2型TFT液晶
約104万ドット
バッテリー撮影可能枚数 NP-FZ100
約530コマ
NP-FW50
約290コマ
EN-EL15a
約1840コマ
LP-E6N
約700コマ
寸法(W×H×D)
質量(バッテリーなど含む)
約126.9×95.6×62.7mm
約657g
約126.9×95.7×60.3mm
約625g
約146×124×78.5mm
約1005g
約152×116.4×76.4mm
約930g






<< 前の記事へ




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月25日 19時51分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

広角日和α7III+COLOR SKOPAR 21mm F4 【Voigtlander】広角日和。 COLOR SKOPAR 21mm F4 2018年04月16日
用事の帰り。なんとなく立ち寄った関内駅。ふらふらと潮風に誘われて山下公園へ入る。 首から下げた「SONY α7III」とマウントアダプターでLマウントからEマウントへ変換した「Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4 」を海へと向けた。 じょなさんズ キリッした視線を向けるカモメたち、ぷかぷかと浮かぶもの、並んで鎖に止まるもの、気持ちよさそうに空を飛ぶものと自由気ままに過ごしている。 海を見つめて 観光地でよく見かける100円を入れるタイプの望遠鏡。お客さんがいない時は...
続きを読む
null 日々のうつろい 2018年04月01日
3月末にもなると随分と暖かくなりました。 春の陽気を感じますがもうチラホラと散り始めている桜もあり、あっという間だなあと少し寂しくもあります。 1ヶ月前はまだまだ寒い日々が続いていたような気がするのですが、本当に早いものです。 今回は今日までのうつろいを写真とともに簡単に振り返ってみました。 春とはいえ、まだまだ寒かった3月初旬。 まだまだコートは手放せませんでした。 輪。 未だ桜は咲かず。日常的なスナップに徹します。 花は咲かずとも、独特の柔らかな光を持...
続きを読む
null 【SONY】α6500でプロレスの写真を撮る。 2018年03月23日
本日は大好きなプロレスの写真を撮るべく「SONY α6500 + E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」を片手に格闘技の聖地「後楽園ホール」にやって参りました。 リングに最も近い席、最前列での観戦になります。 試合中は観客席の照明が落ちて会場がだいぶ暗くなるのですが、 「α6500」は高感度におけるシャドー部のノイズが少なく、暗い屋内でも安心して撮影ができました。 この写真、なんとISO感度51200です。 「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」はズームレンズながら、ハレーションにも強く...
続きを読む
null 光を求めて 2018年03月12日
「光を掬う。」 筆者が普段写真を撮る際に心がけていることです。 手でお椀を作って水を掬い上げるように、慌てず、そっと、光と向き合います。 よろしければご覧ください。 冬の光は柔らかく、強い影を生まないところがポイントです。 何気ない引き戸にスポットライトの様に落ちる木漏れ日が画を印象的にしてくれました。 緩やかな光も、大きな影と一緒になると引き締まった印象を与えます。 斜光。屋内に入ると冬でも光と影がハッキリし、ドラマティックに。 一...
続きを読む
null 『仮想世界の片隅で』 2018年03月04日
夢を見た。まるで現実の様な、それは夢だった。 ・・・ 今日は待ちわびた休日。天気も良いし出かけよう! 来ました通称「千葉フォルニア」故郷の風を思い出します。 半世紀以上変わらないものたち。 東の海岸に着いた頃には日が暮れました。 見知らぬ町の名もなき夜道で人知れずテンションあがる現象。 何のために生まれ、何のために生きているのだろう。 寄り道しながらのんびり帰ろう。 共感も共有もいらない。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]