Hassel Blad SWC » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



ハッセルブラッドの、というよりはカメラの中でもかなり特殊な分類に入るカメラだと思います。
 広角専用機として作られたこのカメラはかなりおもしろい特徴がいっぱいあります。
このカメラはカメラにレンズが付いているというよりもレンズにカメラが付いているといってもよいほど、ボディのメカニカル部は非常にシンプルな構造になっています。もともとレンズシャッターなので構造上シャッター無しのレンズに比べて制約があるのですが、このレンズに関しては妥協をせず、レンズの性能を可能な限り引き出せるように作られた為、ものすごく後玉が飛び出した形になりました。
~というわけで一眼レフタイプのボディに装着するとミラーにぶつかってしまう為専用のボディが作られたわけです。ミラーがないのでこのカメラは目測撮影になるのですが、超広角レンズということもあり撮影はそれほど難しくありません。主に建築関係の撮影をする為に作られたカメラだと思いますが、風景などを撮影すると思いがけないダイナミックな絵が出来上がります。
 SWCはそれほど多く作られていない割にはいくつかのバリエーションがあります。
最初に作られたのはレンズ鏡胴がシルバーのアルミニウムタイプのもので、1959から1969迄作られました。1970年頃になるとこの鏡胴が艶消しブラックになります。あとそれまでビューファインダーの接眼部が小さかったのに対しこのころから少し大きなゴムを取り付けることによってメガネをかけた状態でもメガネが傷つきにくくなりました。1972年になるとそれまでシルバークロームのみであったボディにブラックのボディが加わります。1973年になるとT*コーティングがなされるようになり、カラーでの発色がさらに良くなります。
 あと、SWCには弱点があり、構造上ポラロイドフィルムマガジンが取り付かないため使用出来ません。そこで当時日本の代理店であるシュリロカンパニーでは、これに対応する為にビューファインダーと三脚座金をかさ上げし、チャージレバーをラチェット式にすることによりポラロイドフィルムマガジンを使用出来るように改造するというサービスを行いました。その後この改良されたSWCはSWC/Mという名前で販売されるようになりました。
 本来プロ仕様のカメラであるハッセルブラッドは、日々ユーザーのニーズに合わせて本当に細かなマイナーチェンジを繰り返し、現在でも常に良い物を提供し続けてくれるカメラだと思います。
だからハマるとつらいですねぇ・・・
HASSELBLAD SWC(SuperWide C)
1959年~1980年製造
総生産台数約26,582台
撮影レンズ:C Biogon38mmF4.5
シャッタースピード:B、1~1/500秒 シンクロコンパー
画角: 対角線 90° 水平線 72°
フィルター径:シリーズ63
レンズ構成枚数:8枚 撮影範囲:0.3m~∞
SWCの現在の在庫は→こちら
※往時のカタログ

[ Category:HasselBlad|掲載日時:12月19日 18時17分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 2017年12月10日
今年も早いもので、残すところあと少し。 今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。 軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。 今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。 使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊ま...
続きを読む
null ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 2017年12月09日
ケラレはどれくらい!? 磁力でフィルターを取り付ける Manfrotto Xume(ズーム)の実力!! 11月28日、マンフロットブランドのフィルターが、ついに日本上陸を果たした。 パッケージもシンプルかつ洗練された印象。 早いもので、年の瀬迫った12月。 街中はクリスマスソングやイルミネーションに溢れて 高揚感が高まっております。 毎年恒例の情景...に対抗して(?)、今回は今までに無かった 便利アイテムを取り上げたいと思います。 XUMEとは? 今回取り上げるアイテムは、 11...
続きを読む
オリオンビール Nikon D5を『贅沢に』ビール撮りに使う 2017年12月08日
ニコンからD5が発表されたのが2016年1月。 連写、画素数、高感度、耐久性など種々の素晴らしいスペックに圧倒された方も多いのではないでしょうか。 まさに極限の状況で撮影に挑むプロフェッショナル・フォトグラファーのためのフラッグシップ機。 そんなフラッグシップ機を使えば、非常に暗い居酒屋で酔いながらビールを撮る、といった極限の状況でも綺麗な写真が撮れるはず。 そこまでの極限状況ではなくとも、料理や飲み物などを美味しそうに撮れるはず。 そう考えた私は即座に予約して手に入れまし...
続きを読む
Canon (キヤノン) PowerShot G1X Mark III 【Canon】Canon史上最強のお供カメラ PowerShot G1X MarkIII  2017年12月07日
Canon PowerShot G1X MarkIII 11月30日に新発売のCanon PowerShot G1X MarkIII 先日本機を使う機会がありましたので、写真を交えてレビューしていきたいと思います。 APS-Cセンサーに新開発のレンズの実力を思う存分堪能してきました。 小型なのにこの写り…被写体の質感…Canonの最新機種には脱帽です。 ※写真はDigital Photo Professional 4にて簡易的な修正(明るさ、カラーバランス等)を行っております。 ※焦点距離は35mm換算した数値を記入しています。 焦点距離:72mm 絞...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 三村漢ゼミ「写真集を作ろう」修了展『めくる めくる 写真展』 2017年12月07日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 三村漢ゼミ「写真集を作ろう」修了展 - 『めくる めくる 写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]