【Leica】ノクティルックスで撮る真夜中ポートレート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/50秒 ISO1600

突然ですが、人間の目というのは暗い場所でもよく見えるものです。
カメラのレンズに換算すると「F1.0」だそうです。

明るいレンズというのは昔から誰しもが憧れるものですが
1966年にカメラ界の一線を走り続けるLeicaから「M50mm F1.2」が登場して以来
Leica最高峰の明るさを誇る名レンズとして君臨し続けているのが
「ノクティルックス」というレンズ。

今回ご紹介するのはノクティルックスの現行Ver.である「M50mm F0.95 ASPH」
レンズの明るさは驚異の「F0.95」!人間の目より明るいレンズです。
ノクティルックスの魅力を堪能するべく、今回は全て絞り開放で撮影しています。
そしてJPEG撮って出しです。
ピントの浅さがレンズの明るさを物語っています。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/200秒 ISO1600

とにかく被写界深度(ピントが合って見える範囲)が浅いので
数ミリ単位で動いただけでもピントがずれてしまいます。
しかし、今回使用したカメラ、Leica SL(Typ601)
ピント面を拡大しての撮影が出来るのでとても頼もしかったです!
とはいえ、SL(Typ601)のEVFの基本性能が非常に優秀なので
実はピント拡大の機能はほとんど使っておらず、ピント合わせにそこまで苦労しませんでした。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/100秒 ISO1600

ハロウィン用に持ってきたペストマスクを被ってゆらゆらり。
街灯の真下でトップライトを浴びて踊る、踊り子のようなイメージ。

ちなみに、同じシチュエーションをF2のレンズで撮るとしたら
シャッタースピードを1/20秒にするかISO感度を8000にしないと同じ明るさになりません。
前者は手ブレしそうですし、後者は高感度ノイズが気になります。
こういったシチュエーションでは難なく撮影が出来る明るいレンズが重宝します。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/160秒 ISO1600

ノクティルックスは「Noctilux」と書きます。
「Noct」は夜、「lux」は光という意味なので
まさにこういったシチュエーションにピッタリです。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/80秒 ISO1600

最短撮影距離は50mmレンズにしては少し長い1m。
それでもこの浮き立つような立体感と質感描写です。
「ボケ味」とはよく言いますが、ピント面からボケのグラデーションが見事です。

Leica SL(Typ601) + Noctilux M50mm F0.95 ASPH
50mm F0.95 1/125秒 ISO200

トップの写真もですが、被写体と距離を離してもなお背景ボケがしっかり出ます。
85mmや135mmといった望遠系のレンズを使えば背景ボケは簡単に出せますが
そうなると背景が写り込まなくなるので遠近感が無くなってしまいます。
この自然な遠近感を出しつつボケを演出できるというのが
ノクティルックスの真骨頂です!

実は今回初めて屋外で使用したのですが、撮っていてすごく難しいながらも楽しめました。
Leica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH
このセットはノクティルックスの明るさをフルに活かせる最高の組合わせです。

次は同じ組合わせで昼に撮るべく試行錯誤してチャレンジしたいと思います。
それではまた!

↓今回使用した機材はコチラ!↓









〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:10月29日 14時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 2018年01月02日
今回は1958年から1969年の間に生産された SUMMICRON (ズミクロン)35mm F2 1stのお話しです。 ガウスタイプの6群8枚のレンズ構成でそのため通称”8枚玉”と呼ばれ 人気が高いレンズです。 このズミクロン35mm F2はカナダのLeitz社で設計され カナダとドイツで製造されていました。 カナダ製に比べてドイツ製の個体は数が少なく高値で取引されています。 パチッとロックがされる無限遠ロックはライカレンズの中でも手が込んでいて 使うたび惚れ惚れするギミックです。 さ...
続きを読む
【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 2017年12月31日
Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax 【Leica M3にモノクロフィルムを詰めて】 M3はファインダーの倍率が0.91倍と高く、誕生から半世紀以上経過してもなお人気が高いカメラです。 初めてライカのフィルムカメラを購入する際に『M3』か露出計内臓の『M6』のどちらがいいか 非常に悩むところですが、ファインダーを覗いてしまうと『M3』の虜になってしまいます。 私は覗いてしまったのでM3を購入しました… 今回合わせたレンズは『Summaron(ズマロン) M35mm F2.8 眼鏡付...
続きを読む
null 108の煩悩と、108本のローレットが刻まれたレンズ 2017年12月29日
煩悩とは、欲望などわれわれを惑わし、苦しめるものと言われております。 仏教において人間の煩悩は108個あり、それを祓うために大晦日の夜から元旦にかけて煩悩の数だけ鐘をつくそうです。 カメラ好きの我々を惑わし苦しめるモノ、それはやはりライカでしょうか。 そうやすやすと手の届かないライカ、そのライカのレンズに人間の煩悩と同じ数の溝が刻まれたレンズがありました。 それは、NOCTILUX-M 50mm f/0.95 ASPH? それともAPO-SUMMICRON-M 50mm f/2 ASPH.? はたまたSummilux-M 75mm f...
続きを読む
Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH." 【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.2 2017年12月23日
さて、【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1に引き続き、使用機材は 『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。 間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。 Part.1では昼間の写真がメインでしたが、今回は夕方~夜の撮影がメイン。 そして、人生で初めて挑戦した星空写真をご紹介いたします! 冒頭の写真は、日が落ちる少し前の写真。 電波塔と建物の隙間から零れる強い日の光がとても美しいです。 この日...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]