【SONY】α7RIII 先行展示レポート » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【SONY】α7RIII 先行展示レポート

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月31日 20時20分]


α7RIII

先日ソニーより発表のあった大型の新製品「SONY α7RIII」の予約受付が本日2017年10月31日よりスタートいたしました。そして、同じく本日より全国各地のソニーストアにて先行展示が開始されたということで、前モデルである「α7RII」と大口径ズームレンズ「FE 24-70mm F2.8 GM」を携えて早速銀座にあるソニーストアへと足を運びました。
ライン
α7RIII

11時の開店と同時に店内へ。私を含め、並んでいた方の向かう先はもちろん「α7RIII」です。
α7RIIIを試されている方や、スタッフの方に詳しい機能面についての質問をしている方が多数居たりと、発売前から注目度の高さが伺えました。


α7RIII

展示台には「α7RIII」と、同日発売予定の「FE24-105mm F4 G OSS」が1つずつ並んで置いてあり、真ん中には商品スペックが書かれたリーフレットが。
季節に合わせた秋らしい試写用の小道具も置いてありました。


α7RIII

さあ、いよいよα7RIIIとご対面です!
外観はα9からドライブモードダイヤルとフォーカスモードダイヤルを無くしたものとほぼ同一。α7RIIと比べてグリップが握りやすくなり、シャッターボタンのフィット感も向上していました。
また、最初にシャッターを切った際に気が付いたのですが、シャッター音がα7RIIともα9とも違うのです。新開発のシャッターチャージユニットによるものだとは思いますが、今までのα7シリーズの「カシャン」というゆっくりとした音と比べて「カシャ!」とキレが良く、一枚一枚の撮影により重みが感じられました。シャッター音にも何かこだわりがあるのかもしれません。


α7RIII

背面には、控えめに主張する「α7RIII」の刻印がキラリと輝きます。
じっくりと外観とシャッター音を楽しんでいるうちに、後ろにどんどんと列が出来てしまいました。
ちなみに、混雑時の制限時間は5分。タイマーでしっかりとスタッフの方が管理されているので、皆さん平等にα7RIIIを体験することが出来ます。


α7RIII

背面ボタンも非常に操作しやすく、特にコントロールホイールはα7RIIよりも更にしっかりとした操作感で、とっさの設定変更でも確実なセッティングができると感じました。
新搭載のマルチセレクターはピント拡大中に操作することでより綿密なピント合わせを可能としてくれる優れもの。
カードスロットも待望のデュアルスロットに。更にはタッチパネルも搭載。また、新たにRAW+JPEG記録時にJPEGの画質が変更できるようになったのも嬉しいポイントです。(従来はファイン固定だったところ、エクストラファイン/ファイン/スタンダードが選べるようになりました。)


α7RIII

α6500、α9で好評だったチルト時のアイセンサー無効機能ももちろん付いています。
個人的にこの進化が一番嬉しかったです。上の写真のようにぐっと体に近づけても、モニターの表示が消えてしまうことはありません。

そして、もう1つ特筆すべき点としては「Aマウントレンズ装着時も瞳AFに対応する」ということ。残念ながらソニーストアではAマウントレンズを装着して試すことは出来ませんでしたが、その情報だけでも心が躍るというもの。Eマウントユーザーを増やしつつも、Aマウントユーザーの要望もしっかりとカバーしてくれる。ソニーが支持される所以を感じました。


α7RIII

また、女性が持ってもフィットするこのサイズ感に改めて感動しました。重量を調べてみたところ、α9、α7RII、α7RIIIの中でα7RIIIが一番軽量だということに気付き驚きました。(※いずれもバッテリー無しの場合)
α9とα7RIIそれぞれの良いところを踏襲しつつ、価格をここまで抑えるだけでなく重量まで抑えてしまうとは…。恐れ入ります。
ライン
FE24-105mm F4 G OSS

α7RIIIの隣には、同じく新製品である「FE24-105mm F4 G OSS」が並んでいました。
広角~望遠域をカバーしてくれるオールマイティなレンズ。F4通しと使いやすく、Gレンズのため画質も申し分なし。想像以上にコンパクトなのもうれしい誤算でした。


FE24-105mm F4 G OSS

AFは非常に早く、狙った被写体を逃がしません。少し触ってみただけでもその優秀さが十分に感じられました。
出てくる画もさすがGレンズといったところ。コントラストが高く、クリアな描写が印象的です。
これから長くEマウントユーザーに愛されていくレンズとなることでしょう。
ライン
ソニーストア銀座での体験レポートをお届けいたしましたが、いかがでしたでしょうか。
α7RIIを使用している時に感じる「これがあったら良いのに」が解消されていることが感じられる、非常に完成度の高い1台でした。今から発売日が待ち遠しいです!


2017年11月25日(土)発売予定!
ご予約はぜひマップカメラで!
▼ご予約受付はこちらから▼



タッチパネルを保護する液晶保護ガラスや
予備バッテリー、バッテリーグリップ等
▼おすすめアクセサリーはこちら▼




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年10月31日 20時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
PENTAX K-1 HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]