SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM


茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。
使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。

シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。
今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。

写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。
撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1600 ISO-100
撮影した時期は10月。
コキアはまだグラデーションカラーでした。
ピントは中央の辺りに合わせています。
F1.4で撮影。Artの特徴的な周辺のボケ味、色味が出ます。
私はこの周辺のボケ味が非常に好みで、ポートレートにもよく使いたくなります。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F10 1/125 ISO-100
今度はF10で撮影。
ピントは中央よりやや下のコスモスに合わせています。
周辺のボケがなくなり、すっきりと、引き締まった印象に。
単焦点だといつも開放で撮影することが多かったのですが、ぐっと絞った画も気に入りました。

コキアではアンバーなイメージ。コスモスではすっきり明るいイメージ。
全く異なったイメージなのに、設定を変えるだけでそれぞれのイメージに近付ける素晴らしいレンズ。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/5000 ISO-100


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100


SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1600 ISO-100
この3つは開放での撮影ですが、
やはり太陽の位置によっても周辺の落ち方が違います。
被写体との距離や、被写体と背景との距離を変えて撮影すると、ボケ方も変わります。
それを意識しながら撮影してみると、また楽しいです。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F4 1/640 ISO-100
奥の空にピントを合わせての撮影。
コントラスト強め、彩度低めにしたら、絵画のようなイメージに。
夕方、急に天気が暗くなってきて、少し不思議な感じとなりました。



ここからは、同じ画角の写真をそれぞれ絞り値を変えて撮影してみました。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/2000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F8 1/80 ISO-100




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/4000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-100




SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100

SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F5.6 1/50 ISO-100

いかがでしょうか。
同じ被写体、同じ画角でも、絞り値を変えるとイメージがこれだけ変わります。

シグマのArtシリーズはコストパフォーマンスが非常に良いにも関わらず、
解像度が高く、滑らかで美しいボケ味、特徴的でシャープな描写力。
他者と差をつけるには持ってこいのレンズです。

あとはレンズの特性を知って、被写体のイメージによってF値や距離を変えると、
このレンズの良さを更に引き出せるかもしれません。
色々と検証してみると本当にイメージがガラっと変わるので、皆様も試してみて下さい。



SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM
F4 1/400 ISO-100
キレッキレの美しいピント。
他では決して出せない、シグマArtならではの力強い描写・色味・キレ味。
ぜひお客様のその手で味わって下さい。


********************

Artシリーズ85mmレンズの作例もあります。
同じシリーズでもボケ味の性質が異なるので、比べてみて下さい↓
SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

********************



↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓










〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:11月30日 17時00分]



≪前の記事 記事一覧 これ以上新しい記事はありません。

null SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM F値の違いによる検証 2017年11月30日
SIGMA A 50mm F1.4 DG HSM 茨城の国営ひたち海浜公園に行ってきました。 使用カメラはCANON EOS 5D MarkⅢです。 シグマのArt標準50mmレンズでF値を変えて撮影すると、どんな風に写るのでしょうか。 今回はF値を変えて、写りにどんな違いがあるのか色々と試してみました。 写真データはPCで編集せず、撮影したそのままのデータで掲載させて頂いてます。 撮影時、ピクチャースタイルでコントラストと彩度高めで設定した写真が多いです。 F1.4 1/1600 ISO-100 撮影した時期は10月。 ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part4> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   シグマとFoveonとの出会い シグマといえばレン...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part3> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに刻まれた ヴィンテージナンバー   ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part2> 2017年11月09日
会津に生産拠点を構えた理由 レンズに込めた哲学と想い シグマが他と決定的に違う点 レンズに刻まれたヴィンテージナンバー 国内と海外での反応の違い これまでにあった印象深い出来事 シグマとFoveonとの出会い 新たなレンズの展開と未来のシグマ   レンズに込めた 哲学と想い 近年、カメラ...
続きを読む
null 【SIGMA】 山木和人社長 スペシャルインタビュー <Part1> 2017年11月09日
シグマ会津工場レポートの特別編として、株式会社シグマの代表取締役社長・山木和人氏にお時間をいただき、インタビューを行いました。インタビュアーはシュッピン株式会社・代表取締役社長の小野尚彦。なぜ会津に工場を構えたのか?新たなレンズシリーズを展開した意図とは?ヴィンテージナンバーの意味とは?など、シグマという会社や製品に込められた想いなどを伺ってきました。ぜひご覧ください。 会津に生産拠点を構えた理由 レンズに...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]