【Leica】はじめてのライカ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica】はじめてのライカ

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月13日 14時00分]


ついに念願のライカデビューを果たしました。
数あるライカのカメラの中から選んだのは、
王道の中の王道、M3です。

早速試写をご覧ください。

カラーネガ(ISO400)を使用し、
レンズはCanon (L)50mm F1.2です。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

道頓堀川にて。
M3のファインダーは大きく、見やすく、非常に快適です。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

川沿いに雑居ビルが立ち並ぶ景色は雑多で趣があります。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

一眼レフに比べシャッター音がとても静かなので、
街中でスナップ撮影をするには丁度いいです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

続いて大阪港。
青地に黄色い文字を見ると、
某大型家具量販店を思い出してしまいます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

露出計はVoigtlander VCメーターIIを使用していますが、
明暗差のあるシーンでの撮影は露出設定が難しいです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

大阪と言えばたこ焼きです。
うっかりたこ焼きの写真を撮るのを忘れていました・・・。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

ところ変わって新宿へ


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

西日を受けるタワーの陰影が良い感じです。
この階調の豊かさはフィルム撮影の特徴でしょう。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

普段見慣れた風景も、ファインダーを通すと輝いて見えます。
上がってきた写真を見てガッカリするのもフィルムカメラならでは・・・。



Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

新宿から代々木へ向かいます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

代々木初上陸です。
新宿から近くてビックリしました。
自分の家から最寄り駅までより、
よほど近いので複雑な気持ちです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

窓枠を利用した構図です。
枠を活かそうとし過ぎて不自然になりました。
レンジファインダーカメラのファインダーは
実際に写る範囲とは違うものを見るので、視差が生じます。
そこを考えながら撮影するのも面白いものです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

レンジファインダーカメラは、一眼レフカメラと違い、
シャッターを切った際にミラーが動きません。
その為、シャッターのショックが非常に少ないので手ブレも気にならず
いつもより遅いシャッターを切ることができました。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

シャッターを切った際にミラーが動かないので、ファインダーもブラックアウトしません。
視差はありますが、より肉眼に近い見え具合で、
空間をそのまま切り取るような感覚を覚えます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2


いかがでしたでしょうか。

M3の魅力は様々ありますが、私が特に感じたのはシャッターの感触です。
シャッターの感触の良さは他に代え難いものがあります。
一度この感触を知ってしまうと、
他のカメラには戻れなくなるほどの魅力があります。

後のM4,M6といったカメラと比較すると
ファインダー内では50/90/135mmの3種類しか画角が確認できなかったり、
フィルムの装填時にスプールを抜き取らないといけなかったり、
初期モデルだとフィルム巻上げ時に2回巻きあげないといけなかったり、
慣れるまでは少し大変さを感じる事もあるかもしれません。

しかし、そこがM3の可愛いところでもあり、愛着がわくポイントです。
50mmより狭い画角しか確認できないファインダーは、その分倍率が高いので
歴代M型モデルの中でも特にピント合わせがしやすく
フィルムの装填や巻上げの所作も「写真を撮ってる」という感覚を強く感じる事ができます。

M3はM型のファーストモデルでありながらカメラの完成形のひとつだと感じました。

初めてのライカにM3はとてもオススメです!





マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!




〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月13日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Nikon】D850試し撮り 2018年04月25日
D850はNikon初の裏面照射型CMOSセンサーを採用しており高感度での撮影に非常に長けています。 試し撮りには暗い場所ということで、栃木県にあります大谷資料館にいってきました。 様々なロケにも使用される石採掘場跡です。 幻想的な地下神殿のような雰囲気にも感じます。 まるでタイムスリップをした感覚に陥りました。 やはり高感度設定での撮影でも画質が落ちることはありません。 AF-4EVなので暗いところでもピントが合い綺麗に撮影できます。 暗くても、しっかりとそれ...
続きを読む
【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 【PENTAX】ようこそ魚眼ワールド 2018年04月25日
PENTAXから唯一出ている現行の魚眼レンズ 「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」 通常の広角レンズと違った独特な世界。 今回はそんな魚眼レンズをK-70に付けて撮影に行きました。 ちょっとした路地裏もローアングルで撮影すると、 何処となくアンダーグラウンドな雰囲気に。 歩道橋と高速道路の交差地点 壁に描かれたグラフィティ モノクロで撮影すると、どことなく何時もより格好良く見えます。 駐車場の脇に咲いてる菜の花… カスタムイメージを「ほのか」にして少しノスタル...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
PENTAX K-1 HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]