Select Language



【Leica】はじめてのライカ

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月13日 14時00分]


ついに念願のライカデビューを果たしました。
数あるライカのカメラの中から選んだのは、
王道の中の王道、M3です。

早速試写をご覧ください。

カラーネガ(ISO400)を使用し、
レンズはCanon (L)50mm F1.2です。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

道頓堀川にて。
M3のファインダーは大きく、見やすく、非常に快適です。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

川沿いに雑居ビルが立ち並ぶ景色は雑多で趣があります。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

一眼レフに比べシャッター音がとても静かなので、
街中でスナップ撮影をするには丁度いいです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

続いて大阪港。
青地に黄色い文字を見ると、
某大型家具量販店を思い出してしまいます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

露出計はVoigtlander VCメーターIIを使用していますが、
明暗差のあるシーンでの撮影は露出設定が難しいです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

大阪と言えばたこ焼きです。
うっかりたこ焼きの写真を撮るのを忘れていました・・・。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

ところ変わって新宿へ


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

西日を受けるタワーの陰影が良い感じです。
この階調の豊かさはフィルム撮影の特徴でしょう。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

普段見慣れた風景も、ファインダーを通すと輝いて見えます。
上がってきた写真を見てガッカリするのもフィルムカメラならでは・・・。



Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

新宿から代々木へ向かいます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

代々木初上陸です。
新宿から近くてビックリしました。
自分の家から最寄り駅までより、
よほど近いので複雑な気持ちです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

窓枠を利用した構図です。
枠を活かそうとし過ぎて不自然になりました。
レンジファインダーカメラのファインダーは
実際に写る範囲とは違うものを見るので、視差が生じます。
そこを考えながら撮影するのも面白いものです。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

レンジファインダーカメラは、一眼レフカメラと違い、
シャッターを切った際にミラーが動きません。
その為、シャッターのショックが非常に少ないので手ブレも気にならず
いつもより遅いシャッターを切ることができました。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2

シャッターを切った際にミラーが動かないので、ファインダーもブラックアウトしません。
視差はありますが、より肉眼に近い見え具合で、
空間をそのまま切り取るような感覚を覚えます。


Leica M3 + Canon (L) 50mm F1.2


いかがでしたでしょうか。

M3の魅力は様々ありますが、私が特に感じたのはシャッターの感触です。
シャッターの感触の良さは他に代え難いものがあります。
一度この感触を知ってしまうと、
他のカメラには戻れなくなるほどの魅力があります。

後のM4,M6といったカメラと比較すると
ファインダー内では50/90/135mmの3種類しか画角が確認できなかったり、
フィルムの装填時にスプールを抜き取らないといけなかったり、
初期モデルだとフィルム巻上げ時に2回巻きあげないといけなかったり、
慣れるまでは少し大変さを感じる事もあるかもしれません。

しかし、そこがM3の可愛いところでもあり、愛着がわくポイントです。
50mmより狭い画角しか確認できないファインダーは、その分倍率が高いので
歴代M型モデルの中でも特にピント合わせがしやすく
フィルムの装填や巻上げの所作も「写真を撮ってる」という感覚を強く感じる事ができます。

M3はM型のファーストモデルでありながらカメラの完成形のひとつだと感じました。

初めてのライカにM3はとてもオススメです!





マップカメラ本館地下フロアにある「ライカブティック MAP CAMERA SHINJUKU」は今年で5周年!
それを記念してフォトコンテストを開催いたします!!
応募条件はただひとつ!「ライカ社製カメラ」で撮影している写真であること。
デジタルは勿論、フィルムスキャンの作品も応募可能です。
「ライカで撮る」をテーマに皆様からのご応募お待ちしております!




〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年02月13日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
【Leica】Tour de M9 【Leica】Tour de M9 2018年05月08日
ライカといえばスナップ撮影。 「スナップ写真の名作の多くにライカあり」というイメージです。 今回は敢えて街中のスリリングなスナップではなく、 「旅と共に」ライカを使ってみました。 今回はM9にSummilux 35mm F1.4 ASPH(旧)の組み合わせで館山へ。 海際の静寂をしっかり写し取ってくれました。 この日は曇りでした。上品な湿感で多少クセのあるところが 旧ASPHの好きなところです。 宿泊したホテルはオーシャンビュー。 日没と共にその姿は変わり、宵闇に佇む灯台の灯...
続きを読む
null 【Leica】M10 + SUMMARON 35mm F2.8 2018年05月06日
みなさま、ゴールデンウイークはいかがでしたか。 関東地方は好天に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。 私も日頃行かない場所に、といっても公園ですが 出かけてまいりました。 今日のお供は【ライカ M10】と【ズマロン M35㎜ F2.8】です。 M10は2017年発売のMデジタルの最新鋭機。 ズマロンは1958年発売のレンズなので、その年齢差はなんと60年。 しかもブラックボディにシルバーレンズでもこの馴染みの良さはまさしくライカといえるものです。 ズマロン M35mm F2.8はクラシ...
続きを読む
【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 2018年05月04日
皆様こんにちは! 早いもので、1年も3分の1が終わりました。新たに5月のスタートです! 5月と言えばゴールデンウィーク真っ只中ですが、カメラ業界では話題になっていることが1つあります。 それは…「Leica 価格改定」です! カメラ好きなら1度は手にしたいと思う憧れのLeicaというブランド。 来たる5月10日に対象商品が値上がりしてしまいます!! そこで今回は、価格改定の対象になっているレンズの中から「コレはイチオシ!」というものを幾つかご紹介! ノクティルックス M50mm F0.95...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]