Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





null
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4 ライカLマウント(写真右)

日本光学工業株式会社(現ニコン)は、戦後の一定期間、他社用にLマウントのレンズを供給していましたが、
自社用Sマウントレンズには無くて、一部のLマウントレンズにしかないものがあります。
古いレンズがお好きな方はピンとくることと思いますが、それは、ピントリングのストッパー機構です。
今回は、少々マニアックですが、このストッパー機構の音色についてです。

null
null

個人的にゾナー型のレンズの写りが大好きで、5cm f1.4のこのレンズを愛用しているのですが、
写真を撮る際に、このストッパーが煩わしくもあり、この優しい感触が楽しくもあります。
だいぶ使い込まれた個体であるため経年変化で優しい感触になっているのかもしれませんが、
このストッパーの定位置に戻す際の音も佳いのです。

このストッパー機構、ライカのズマリット50mm F1.5などにもあるですが、ノブに指を当てて戻す際は、
ライカが精密感ある「カチン」という高く響くような乾いた音色に対して、
ニッコールは「カチッ」という、やや低くやわらかい優しい音色。
ライカ同様、精密感溢れる感触や音だろうと思い込んでいただけに、このニコンの優しさは意外でした。

null
ストッパーにノブが固定されている状態

null
ストッパーからノブが解除された状態

個体ごとの製造年数はわかりませんが、1951年から製造されていた為、初期ロットであれば70年近い年月が流れていることになります。
このレンズが新品として売られていた時、どんな音色を響かせていたのでしょうか。
もっと精密感ある音色だったのか、それとも当初から優しい音色だったのか、今となっては確かめる術もありません。

凛と空気が張り詰める冬の夜、クラシックレンズの描写だけではなく、その音に耳を傾けてみてください。
レンズそのものが駆け抜けてきた時代に想いを馳せるのも、またひとつのレンズの楽しみです。

もちろん描写そのものも、3群7枚のクラシックゾナーらしい、開放ではとても雰囲気のある描写をしますので、
撮影でも楽しめるのは間違いありません。

null
Voigtlander BESSA R3A, Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

null
Sony α7, Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター,
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

※さらに初期のロットには、Nippon kogaku Tokyo銘のレンズが存在しますが、筆者は未だ実物に巡り会えた事がありません。
※音の感じ方には個人差がありますので、ご了承ください。また、ピントリングを掴んで戻すと音色の印象は変わります。
※当店では、同レンズの商品名を Nikon (ニコン) NIKKOR-S.C (L) 50mm F1.4と表記しております。







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:Nikon|掲載日時:12月03日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]