Select Language



Nippon kogaku japan 5cm f1.4 の音色

[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月03日 20時00分]



null
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4 ライカLマウント(写真右)

日本光学工業株式会社(現ニコン)は、戦後の一定期間、他社用にLマウントのレンズを供給していましたが、
自社用Sマウントレンズには無くて、一部のLマウントレンズにしかないものがあります。
古いレンズがお好きな方はピンとくることと思いますが、それは、ピントリングのストッパー機構です。
今回は、少々マニアックですが、このストッパー機構の音色についてです。

null
null

個人的にゾナー型のレンズの写りが大好きで、5cm f1.4のこのレンズを愛用しているのですが、
写真を撮る際に、このストッパーが煩わしくもあり、この優しい感触が楽しくもあります。
だいぶ使い込まれた個体であるため経年変化で優しい感触になっているのかもしれませんが、
このストッパーの定位置に戻す際の音も佳いのです。

このストッパー機構、ライカのズマリット50mm F1.5などにもあるですが、ノブに指を当てて戻す際は、
ライカが精密感ある「カチン」という高く響くような乾いた音色に対して、
ニッコールは「カチッ」という、やや低くやわらかい優しい音色。
ライカ同様、精密感溢れる感触や音だろうと思い込んでいただけに、このニコンの優しさは意外でした。

null
ストッパーにノブが固定されている状態

null
ストッパーからノブが解除された状態

個体ごとの製造年数はわかりませんが、1951年から製造されていた為、初期ロットであれば70年近い年月が流れていることになります。
このレンズが新品として売られていた時、どんな音色を響かせていたのでしょうか。
もっと精密感ある音色だったのか、それとも当初から優しい音色だったのか、今となっては確かめる術もありません。

凛と空気が張り詰める冬の夜、クラシックレンズの描写だけではなく、その音に耳を傾けてみてください。
レンズそのものが駆け抜けてきた時代に想いを馳せるのも、またひとつのレンズの楽しみです。

もちろん描写そのものも、3群7枚のクラシックゾナーらしい、開放ではとても雰囲気のある描写をしますので、
撮影でも楽しめるのは間違いありません。

null
Voigtlander BESSA R3A, Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

null
Sony α7, Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター,
Nippon kogaku japan nikkor-s.c 5cm f1.4(L)

※さらに初期のロットには、Nippon kogaku Tokyo銘のレンズが存在しますが、筆者は未だ実物に巡り会えた事がありません。
※音の感じ方には個人差がありますので、ご了承ください。また、ピントリングを掴んで戻すと音色の印象は変わります。
※当店では、同レンズの商品名を Nikon (ニコン) NIKKOR-S.C (L) 50mm F1.4と表記しております。







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓





[ Category:Nikon|掲載日時:2017年12月03日 20時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】マイクロレンズを使ってみる。 【Nikon】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
【Nikon】長年手放せなかった1本のレンズ 【Nikon】長年手放せなかった1本のレンズ 2018年06月08日
私が長年手放せなかった1本のレンズ、 それは Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.4D IF です。 私がこのレンズを購入したのは20年ほど前のことになります。 当時はボケ味やシャープさが気に入っていたため、よく使用していました。 その後も、あまり出番はなくとも結局今まで手放せなかったレンズでした。 久しぶりに触ってみて懐かしくなり、使ってみることにしました。 撮影してみて素晴らしいと思ったのは、 何より金属の光沢や硬さといった質感がよく表現できていることです。 ...
続きを読む
【Nikon】天空のポピーとD810 【Nikon】天空のポピーとD810 2018年06月01日
とある休日。 秩父でポピーが見頃を迎えていると知り、秩父高原牧場へ行ってきました。 高原一面に咲き誇る花々。 【天空のポピー】と呼ばれています。 平日ということで人は少なめ。 これはいい写真が撮れそうです。 絶好の撮影ポイントがあったのでカメラを構えてパシャり。 真っ青な空に映える赤と緑のコントラストは抜群。 お気に入りの一枚が撮れました。 今度は少し寄って撮影。 ポピーにも数種類ありますが、私はこの色鮮やかなシャレーポピーが一番好きです。 次は...
続きを読む
【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話 【Nikon】Nikonの話~シャトーと最新機種の話 2018年05月30日
梅雨に入りそうでいて、なかなか入らない関東ではそんな天気です 今年は暑くなったり涼しくなったり雨が振ったり晴れの日が続いたりと不安定な気候が続いている気がします さて、今回はNikonの最新機種 D850とAF-S24‐70㎜F2.8Gを携えて茨城は牛久にある牛久シャトーに行ってきました ここは茨城県牛久市にあるワイン醸造施設です 自分の住んでいる近所である牛久にあるとは正直意外だったりします 実は結構有名なのでしょうか 数年前に存在を知ったのですが改修工事をしていると聞いていたので...
続きを読む
【Nikon】58年目の58mm 【Nikon】58年目の58mm 2018年05月27日
Nippon Kogaku Japan Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4 レンジファインダー式のカメラから一眼レフへ、カメラの有様が大きく変わった頃、レンジファインダー用のレンズで 達成できていた標準画角でのF1.4。 Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4は、カメラメーカーとして譲れない標準域でのF1.4を目指して開発された一眼レフ用のNikonのレンズです。 標準から8mm長い58mmという設計になったのは、当時の技術ではF1.4を達成する為に、焦点距離を8㎜伸ばすことで 必要なバックフォーカスを確保せざるを得なかったからです。...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]