【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月10日 10時30分]



SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

今年も早いもので、残すところあと少し。
今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。
軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。
今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。

使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。
間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。

冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊まったペンションに咲いていた花を捉えた1枚。
ペンションの前にあったライトの光が優しく花を照らしてくれています。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

長野旅行1日目は、生憎の雨。
せっかくの旅行なのに雨はちょっと残念でしたが、雨に濡れた紅葉というのもなかなか乙な物です。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

この日はとにかく霧が濃く、濃霧注意報が出ていました。
ここまで車で来たのですが、これ以上は視界が悪く運転するのも怖かったのでここでUターン。
…とその前に、こんな霧なかなか東京では見られないので記念に1枚。
霧に覆われてもやもやとはっきりしない画になってしまうかと思いきや、
シャープな描写で有名な本レンズの手にかかれば濃い霧もなんのその。
奥のほうまでしっかりと描写してくれました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

途中に訪れた美術館にあったストーブ。
電気ストーブや暖房に慣れてしまっていたので、「火ってこんなに暖かかったのか…」と改めて感動しました。
そして、ストーブの隙間からちらりと覗く燃え盛る炎がとても美しかったです。

本レンズの最短撮影距離は70cmですが、クローズフォーカスアダプターを使用することで
より近くまで被写体に寄ることが出来ます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

さて、ここからは2日目の写真です。
ご覧の通り、2日目は1日目の天気が嘘のような快晴!

この日は朝早くから大王わさび農場へと足を運びました。
北アルプスの伏流水を使用して育てられているというこちらのわさび。
綺麗な水のおかげですくすくと育ったわさびが、朝日に照らされて喜んでいるようです。
この写真の右奥にある木々の影がとても美しく、個人的にお気に入りの1枚です。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

ふわりと布がたなびく瞬間に合わせてシャッターを切った1枚。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

視線を感じるな…と思って振り向いてみると、猫がじっとこちらを見ていました。
可愛いなあと思いつつも、猫アレルギーなので触ることができません…。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

場所は変わって、とある美術館へ。
窓から差し込む光がステンドグラスを通して色づき、彩りのある1枚に。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

自分でも最近気が付いたのですが、どうやら私は明暗差の強いところを撮るのが好きなようです。

…と、今回のブログはこのあたりでおしまいです。
Part.2では星空の写真をご紹介する予定です。お楽しみに!








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
新しいことへの挑戦 新しいことへの挑戦 2018年04月22日
4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。 新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか? 筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に 毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。 今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。 カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにし...
続きを読む
遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]