【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

今年も早いもので、残すところあと少し。
今年の1年を振り返ってみると、近場が多いとはいえたくさん旅行に行った年でした。
軽井沢、日光、名古屋、佐久島、島根、長野…。
今日はそんな中から、先月訪れた長野旅行の写真をご紹介したいと思います。

使用した機材は、『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。
間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。

冒頭の写真は、2泊3日あった長野旅行の1日目に泊まったペンションに咲いていた花を捉えた1枚。
ペンションの前にあったライトの光が優しく花を照らしてくれています。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

長野旅行1日目は、生憎の雨。
せっかくの旅行なのに雨はちょっと残念でしたが、雨に濡れた紅葉というのもなかなか乙な物です。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

この日はとにかく霧が濃く、濃霧注意報が出ていました。
ここまで車で来たのですが、これ以上は視界が悪く運転するのも怖かったのでここでUターン。
…とその前に、こんな霧なかなか東京では見られないので記念に1枚。
霧に覆われてもやもやとはっきりしない画になってしまうかと思いきや、
シャープな描写で有名な本レンズの手にかかれば濃い霧もなんのその。
奥のほうまでしっかりと描写してくれました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

途中に訪れた美術館にあったストーブ。
電気ストーブや暖房に慣れてしまっていたので、「火ってこんなに暖かかったのか…」と改めて感動しました。
そして、ストーブの隙間からちらりと覗く燃え盛る炎がとても美しかったです。

本レンズの最短撮影距離は70cmですが、クローズフォーカスアダプターを使用することで
より近くまで被写体に寄ることが出来ます。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

さて、ここからは2日目の写真です。
ご覧の通り、2日目は1日目の天気が嘘のような快晴!

この日は朝早くから大王わさび農場へと足を運びました。
北アルプスの伏流水を使用して育てられているというこちらのわさび。
綺麗な水のおかげですくすくと育ったわさびが、朝日に照らされて喜んでいるようです。
この写真の右奥にある木々の影がとても美しく、個人的にお気に入りの1枚です。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

ふわりと布がたなびく瞬間に合わせてシャッターを切った1枚。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

視線を感じるな…と思って振り向いてみると、猫がじっとこちらを見ていました。
可愛いなあと思いつつも、猫アレルギーなので触ることができません…。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

場所は変わって、とある美術館へ。
窓から差し込む光がステンドグラスを通して色づき、彩りのある1枚に。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

自分でも最近気が付いたのですが、どうやら私は明暗差の強いところを撮るのが好きなようです。

…と、今回のブログはこのあたりでおしまいです。
Part.2では星空の写真をご紹介する予定です。お楽しみに!








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:12月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
ズミルックス 【Leica】「貴婦人」とお散歩 2018年01月20日
SUMMILUXM50mmの第1世代 その作りの良さから付いた名称が「貴婦人」 今回はそんなSUMMILUXのNo.1759540(初期型)とライカM(type240)で、 お散歩にでかけてきました。 開放撮影が大好きなので開放で撮影した写真が多めですが、ご了承ください。 少しざわざわしたボケと日差しが当たっている部分にフレアが出ておりますが、 個人的にはこういった描写が好きなので使っています。 f5.6で撮影してみた写真です。 日が傾き始めていたせいもあってかコントラストが低く感じられます。 ...
続きを読む
null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 2018年01月02日
今回は1958年から1969年の間に生産された SUMMICRON (ズミクロン)35mm F2 1stのお話しです。 ガウスタイプの6群8枚のレンズ構成でそのため通称”8枚玉”と呼ばれ 人気が高いレンズです。 このズミクロン35mm F2はカナダのLeitz社で設計され カナダとドイツで製造されていました。 カナダ製に比べてドイツ製の個体は数が少なく高値で取引されています。 パチッとロックがされる無限遠ロックはライカレンズの中でも手が込んでいて 使うたび惚れ惚れするギミックです。 さ...
続きを読む
【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 2017年12月31日
Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax 【Leica M3にモノクロフィルムを詰めて】 M3はファインダーの倍率が0.91倍と高く、誕生から半世紀以上経過してもなお人気が高いカメラです。 初めてライカのフィルムカメラを購入する際に『M3』か露出計内臓の『M6』のどちらがいいか 非常に悩むところですが、ファインダーを覗いてしまうと『M3』の虜になってしまいます。 私は覗いてしまったのでM3を購入しました… 今回合わせたレンズは『Summaron(ズマロン) M35mm F2.8 眼鏡付...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]