【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月01日 11時00分]



α7SII×SHOGUNで撮影・グレーディングしたサンプル映像



使用機材:SONY α7SII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + ATOMOS SHOGUN
4K/4:2:2 8bit&S-Log2 Apple ProRes(422 HQ)記録


α7SIIの場合、4K内部収録では4:2:0/8bitのXAVC S 100Mbpsで記録される。
HDMIからは4:2:2/8bitの映像が出力され、出力されたデータを今回は「ATOMOS SHOGUN」で記録した。
今回の記録設定はProRes422 HQ、ビットレートは880Mbps程度。

外部レコーダーで高画質記録
一眼レフやミラーレス機ではSDカードなどのメディアで動画収録を行う為、
転送速度に配慮してビットレートを抑えたコーデックで収録される。
しかし、現行の多くのカメラがHDMIから非圧縮出力が可能となっていることから
ATOMOS等の外部レコーダーを使う事で映像の圧縮率を抑え、より高画質での収録が行える

ちなみに、4Kの記録フォーマットはApple ProRes(LT、422、HQ)DNxHR (HQX、HQ、SQ、LB)
の7つから選ぶことができるので、用途によって使い分けができる。

SONY α7SII(内部収録)とATOMOS SHOGUN(外部収録)の比較
(動画は掲載時の圧縮により比較が難しい為、静止画とした)

SONY α7SII・4K S-Log2撮影(内部収録)

(動画素材からの切り出し)

(等倍切り出し)
画像は編集ソフトに読み込み、キャプチャしたものである。
4:2:0と4:2:2収録の違いで一番大きな差を感じたのは色味の違いだ。
比較が分かりやすいように等倍切り出し画像では同じ設定のLUTを適応した。

ATOMOS SHOGUN・4K S-Log2(外部収録)

(動画素材からの切り出し)

(等倍切り出し)
グレーディングの際は収録素材の色味が異なる為、同じ撮影設定でも結果が異なった。
素材の色合わせ自体は簡単な補正で行えるので問題無いが、内部と外部収録の素材を合わせて編集する際には注意が必要だ。

画質に関しては、コーデックによる圧縮ノイズも少なく発色や解像感が良くなっている。
少し違いの分かりにくい比較となってしまったが、
外部収録を行う事でカメラの持つポテンシャルを最大限引き出すことが出来る。
また、最初から編集向けコーデックで撮影可能なため、編集素材として記録するのであれば、外部収録のメリットは非常に大きい。
もし、内部コーディックの制約で圧縮ノイズが目立つ場合は、外部収録を試してみると画質の向上が期待できる。

フィールドモニターとしての実力


ATOMOSが外部レコーダーとして人気の理由の一つがモニーターとしての機能も優れている点だ。

今回はSHOGUNを収録に用いたが、一つ前のSHOGUNと比べると、
後継機のSHOGUN FLAMEは格段に進化している。
SHOGUN・NINJAシリーズは7インチの1920×1200、10bit・1500nitの高輝度パネルを採用しており、
屋外撮影でも明るく映像をしっかりと把握できる。

モニターアシスト機能

拡大表示機能には「1:1」表示と「2:1」があり、
4Kの場合は画面解像度に対して「1:1」で等倍表示、「2:1」で2倍表示が出来る。
そして、REC中でも画面を指でドラッグする事で表示位置をスムーズに動かせる。
その他にもフォーカスピーキング、フォルスカラー、ゼブラ表示など一通りの機能は搭載している。

カメラ側にもピント拡大機能のあるカメラは多いが、MF時のピント送りはカメラ側のモニターでは非常に難しく、
一度ATOMOSのモニターを使ってしまうとATOMOS無しの収録には戻れないほど便利だ。

LUT適用機能

ATOMOSの外部モニターとして非常に便利な機能がこの機能だ。
最大8つのLUTをATOMOS側に入れることが出来るので、グレーディング後の結果を確認しながら収録に臨める。
また、標準機能としてLogからRec.709への変換表示や波形モニタ機能があるので「適正露出」を見極めやすい。

今回は紹介できなかったが、他にも数多くの便利な機能を搭載しており、4K撮影の必需品と言っても過言ではない。
店頭では、NINJA FLAMEやSHOGUNの店頭展示・販売もしているのでご来店の際には是非体験して頂きたい。

もちろん、ATOMOS製品も全品下取交換対象となっています!
ご購入は是非、マップカメラまで!!





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2018年01月01日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
PENTAX K-1 HD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR 【PENTAX】PENTAXの話 ~空へと続く道がやたらと混雑している話~ 2018年04月23日
今年の春は本当に足早に駆け抜けていく気がします とうとう夏日並みの気温となる日もきてしまいました 全体的にいろいろな花の開花状況が10日以上も早くなるのも無理はない気候です この春の気温の上昇により本日から開花状況がすでに見頃後半となってしまった ネモフィラブルーと青い空で有名な国営ひたち海浜公園にでかけてきました 今回、使用している機材はPENTAX K-1とHD D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WRの組み合わせ ペンタックス初のフルサイズ機にして3640万の圧倒的な画素数 ローパス...
続きを読む
【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 【SONY】 "α" movies vol.06「ピクチャープロファイルを比較する」 2018年04月23日
ピクチャープロファイルという機能をご存知でしょうか? 元々業務用カメラに搭載されていた色調等の設定機能なのですが、SONYのαシリーズではα7Sから搭載されました。 S-Logで撮影される方なら馴染みの機能だと思いますが、使用したことの無い方も多いと思います。 プリセット数も多くあるので、違いを比較撮影してみました。 ピクチャープロファイルとは 映像の特徴を決めるパラメーターを調整、変更するメニューです。 調整項目は多数ありますが、項目を分類すると、以下の4種類に分けられます。 ・...
続きを読む
新しいことへの挑戦 新しいことへの挑戦 2018年04月22日
4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。 新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか? 筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に 毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。 今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。 カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにし...
続きを読む
【OLYMPUS】雨色景色 【OLYMPUS】雨色景色 2018年04月21日
皆様はどんな時や理由で写真を撮りに行きますか? 新しいカメラ、レンズを購入した時。 桜が満開を迎えた時。 お子さんが七五三や運動会の時。 インスタでいいね!が欲しい時。 などなど。 色々あるかと思いますが、 私は雨です。 今回の撮影には「OLYMPUS PEN-F」と「Panasonic LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.」の組み合わせを使用しました。 いつもの帰り道も一味違った雰囲気に。 普段見ている景色でも雨が降るだけで、違う表情を見せる事がありま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]