【ATOMOS】 4K収録の強い味方、SHOGUN × α7SIIで4K収録を試す » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





α7SII×SHOGUNで撮影・グレーディングしたサンプル映像



使用機材:SONY α7SII + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + ATOMOS SHOGUN
4K/4:2:2 8bit&S-Log2 Apple ProRes(422 HQ)記録


α7SIIの場合、4K内部収録では4:2:0/8bitのXAVC S 100Mbpsで記録される。
HDMIからは4:2:2/8bitの映像が出力され、出力されたデータを今回は「ATOMOS SHOGUN」で記録した。
今回の記録設定はProRes422 HQ、ビットレートは880Mbps程度。

外部レコーダーで高画質記録
一眼レフやミラーレス機ではSDカードなどのメディアで動画収録を行う為、
転送速度に配慮してビットレートを抑えたコーデックで収録される。
しかし、現行の多くのカメラがHDMIから非圧縮出力が可能となっていることから
ATOMOS等の外部レコーダーを使う事で映像の圧縮率を抑え、より高画質での収録が行える

ちなみに、4Kの記録フォーマットはApple ProRes(LT、422、HQ)DNxHR (HQX、HQ、SQ、LB)
の7つから選ぶことができるので、用途によって使い分けができる。

SONY α7SII(内部収録)とATOMOS SHOGUN(外部収録)の比較
(動画は掲載時の圧縮により比較が難しい為、静止画とした)

SONY α7SII・4K S-Log2撮影(内部収録)

(動画素材からの切り出し)

(等倍切り出し)
画像は編集ソフトに読み込み、キャプチャしたものである。
4:2:0と4:2:2収録の違いで一番大きな差を感じたのは色味の違いだ。
比較が分かりやすいように等倍切り出し画像では同じ設定のLUTを適応した。

ATOMOS SHOGUN・4K S-Log2(外部収録)

(動画素材からの切り出し)

(等倍切り出し)
グレーディングの際は収録素材の色味が異なる為、同じ撮影設定でも結果が異なった。
素材の色合わせ自体は簡単な補正で行えるので問題無いが、内部と外部収録の素材を合わせて編集する際には注意が必要だ。

画質に関しては、コーデックによる圧縮ノイズも少なく発色や解像感が良くなっている。
少し違いの分かりにくい比較となってしまったが、
外部収録を行う事でカメラの持つポテンシャルを最大限引き出すことが出来る。
また、最初から編集向けコーデックで撮影可能なため、編集素材として記録するのであれば、外部収録のメリットは非常に大きい。
もし、内部コーディックの制約で圧縮ノイズが目立つ場合は、外部収録を試してみると画質の向上が期待できる。

フィールドモニターとしての実力


ATOMOSが外部レコーダーとして人気の理由の一つがモニーターとしての機能も優れている点だ。

今回はSHOGUNを収録に用いたが、一つ前のSHOGUNと比べると、
後継機のSHOGUN FLAMEは格段に進化している。
SHOGUN・NINJAシリーズは7インチの1920×1200、10bit・1500nitの高輝度パネルを採用しており、
屋外撮影でも明るく映像をしっかりと把握できる。

モニターアシスト機能

拡大表示機能には「1:1」表示と「2:1」があり、
4Kの場合は画面解像度に対して「1:1」で等倍表示、「2:1」で2倍表示が出来る。
そして、REC中でも画面を指でドラッグする事で表示位置をスムーズに動かせる。
その他にもフォーカスピーキング、フォルスカラー、ゼブラ表示など一通りの機能は搭載している。

カメラ側にもピント拡大機能のあるカメラは多いが、MF時のピント送りはカメラ側のモニターでは非常に難しく、
一度ATOMOSのモニターを使ってしまうとATOMOS無しの収録には戻れないほど便利だ。

LUT適用機能

ATOMOSの外部モニターとして非常に便利な機能がこの機能だ。
最大8つのLUTをATOMOS側に入れることが出来るので、グレーディング後の結果を確認しながら収録に臨める。
また、標準機能としてLogからRec.709への変換表示や波形モニタ機能があるので「適正露出」を見極めやすい。

今回は紹介できなかったが、他にも数多くの便利な機能を搭載しており、4K撮影の必需品と言っても過言ではない。
店頭では、NINJA FLAMEやSHOGUNの店頭展示・販売もしているのでご来店の際には是非体験して頂きたい。

もちろん、ATOMOS製品も全品下取交換対象となっています!
ご購入は是非、マップカメラまで!!





スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!
電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。




〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:01月01日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 2018年01月24日
【Ring color of Zeiss】 青いリングに込められた想いは・・・ 青いリングがもたらす力は、優雅に羽ばたく鳥である。 青いリングでツァイスレンズの神話がよみがえり、 青いリングがツァイスレンズの宇宙を鮮明にする。 青いリングと共に旅立ちの時、 いま、最後の列車が動き出す・・・リングカラー・オブ・トゥイート。 Zeiss Lens Taste 04【花の力】 花と光の楽園!足利フラワーパーク! 今となっては、とても有名な栃木県足利市にある花の公園! 今回はマクロレンズで...
続きを読む
null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]