【Nikon】超望遠レンズで競馬を撮る » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






先日、友人に誘われ、川崎競馬場で競馬を撮影する機会に恵まれました。
今まで経験がなかったのですが、友人の助言と自分なりの工夫によって、少しは良いなと思える写真が撮れました。
今回は試行錯誤の思い出とともに、競馬の写真を振り返ります。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
この写真はパドックでゆっくりと歩いている馬の表情を捉えたものです。
機材は私が所有しているNikon D5と、友人から借りたAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
三脚を用意していなかったため手持ちでの撮影です。
とはいえAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VRは最新の超望遠レンズ、手振れ補正もしっかりと効きます。
蛍石レンズの採用により旧型と比べて軽量化されているため、長時間でなければ手持ち撮影も可能だと感じました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
最後の直線。
馬は飛び跳ね、騎手は鞭を振り下ろします。
あっという間に過ぎ去っていくため、AFの設定はオートエリアAFかつAF-Cで固定。
露出設定はシャッタースピード優先です。
連写に強いD5のおかげで、ピントが合っていてブレていない写真を選別することができました。
馬のたくましい脚、飛び散る砂の描写にも注目していただければと思います。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
パドックでの1枚。
騎手が馬に乗っている表情を切り取りました。
これから始まるレースへの自信、不安、闘争心が入り混じっているように感じられました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
川崎競馬場ではコースに比較的近い場所で撮影することが可能です。
より馬に近い場所で撮ることのできる報道関係者でなくとも、このような写真を撮ることができました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
初めて知ったのですが、騎手はレースによって服装を変えることがあるそうです。
この写真は上に載せた騎手と同じ方。
構図を工夫してレース直前の表情を捉えてみました。


Nikon D5+AF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VR
注目していただきたいのは騎手の目。
ゴールを見据えた眼差しは真剣そのもの。
勝負にかける人の情熱を思い知らされました。


今回は昼間の撮影とともにナイター競馬の撮影にも取り組んでみました。
そこで感じたのは、開放F値の明るい超望遠レンズが非常に効果的だという点。
D5の高感度とAF-S NIKKOR 600mm F4E FL ED VRの描写能力が相まって、
競馬撮影の初心者でもある程度納得のいく写真が撮れました。

皆さんも競馬場で、人と馬とのドラマを撮影してみませんか。















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:12月17日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 【Ring color of Zeiss】Touit 50mm F2.8 ~ Zeiss Lens Taste 04 ~ 2018年01月24日
【Ring color of Zeiss】 青いリングに込められた想いは・・・ 青いリングがもたらす力は、優雅に羽ばたく鳥である。 青いリングでツァイスレンズの神話がよみがえり、 青いリングがツァイスレンズの宇宙を鮮明にする。 青いリングと共に旅立ちの時、 いま、最後の列車が動き出す・・・リングカラー・オブ・トゥイート。 Zeiss Lens Taste 04【花の力】 花と光の楽園!足利フラワーパーク! 今となっては、とても有名な栃木県足利市にある花の公園! 今回はマクロレンズで...
続きを読む
null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
null Panasonic G9 PRO 改めてその魅力に迫ります 2018年01月22日
ミラーレス市場を最前線で率いてきたパナソニック G1発売から10周年という記念すべき節目に投入されたのが スチル向けフラッグシップモデル G9 PROです。 今までの機種とは一線を画する本機 店頭スタッフも唸るスペックとこだわりが感じられます。 発売日まで残り3日と迫った本機の魅力を、改めてご紹介いたします。 -パナソニック史上最高の表現力- G9 PROは写真撮影でもっとも重要な要素のひとつである色作りを一新。 まるで生きているかのような、生命力が伝わってくる質感と色合い...
続きを読む
写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 【PENTAX】写真家 渡辺浩徳氏による「K-1」シューティングレポート 2018年01月22日
渡辺 浩徳氏 1971年 福島県生まれ。法政大学経済学部卒業 20ヶ国以上を旅し、自然の雄大さ・野生動物の力強さ・美しさに魅了され野生動物カメラマンとして活動する。 現在は、北海道を中心に撮影を続けている。数多くの雑誌などの媒体で発表。 焦点距離:250mm / 絞り:F4.5 / シャッタースピード:1/600秒 / ISO:1600 / 使用機材:PENTAX K-1 +HD D FA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW 落ち葉のカーペットとアルビノのエゾリス 小動物は、動きが素早く警戒心が強いので近づくことが困難...
続きを読む
null 【Voigtlander】潮風に吹かれて。HELIAR 40mm F2.8 VM 2018年01月22日
潮風を浴びたくて横濱に来た。 手の中には「SONY α7II」と「Voigtlander VM-E Close Focus Adapter」越しに付けた 「Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 VM 」 設定はモノクローム。余計な事は考えないでシャッターを切った。 欄干には手袋一つ。 道端で落ちている手袋は、何故だかいつも片方だけだ。 相棒を失った手袋が再び再会出来る確率はどれぐらいなのだろうか。 光の中で。 男女の声はこちらまで届かない。静かに時間だけが流れている。 暖房の効いた大桟橋の中で、二人...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]