【Leica】麗しのブラックxニッケル » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Leica】麗しのブラックxニッケル

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月19日 13時30分]






あゝ、麗しのブラックxニッケル。

本日ご紹介いたしますのは、
艶やかなブラックと
シルバーとも、ゴールドとも違う、静かな妖しい輝きを放つニッケル
「ブラックxニッケル」の世界でございます。


ニッケル仕上げのレンズはいくつか存在いたしますが、
本日紹介するのはそのうちの4本。

まずはバルナック型といえばこちらのレンズ。
「エルマー L50mm F3.5」
こちらのレンズのバリエーションにはブラックの塗装がなく、
暖色系のニッケル仕上げがブラックのボディを華やかに演出。

またエルマーを装着しておりますコチラのボディ、
バルナック型の中でも人気が高いDIIIのブラックペイント。
1933年に発売されたモデルで、当時の報道関係者が多く使用していました。
ストラップを通す環や、視度補正レバーが付いたりと実用性が飛躍的に向上しました。
後のバルナック型の基礎となった名機です。


一風変わった宇宙船のような形をしたコチラは「ビドム」という可変焦点ファインダーです。
バルナック型は50mmのファインダーしか内蔵していないので
35mmなどのレンズを使う際は外付けファインダーで対応します。
下部には視差(パララックス)を補正するレバーがあります。


ローレット部を回すことでレンズの焦点距離に合わせた画角が覗けるようになっています。
複数のファインダーを持ち歩かなくて済む上に見た目もクールです。


続いては「エルマー 90mm F4 ダルマ」
ダルマのような美しい流線形のフォルムからダルマと呼ばれております。
通常のエルマーのスマートな見た目に対し、レンズの存在感が際立ちます。

先ほどの「ビドム」と組み合わせると一際です。
現代には無い見た目のカメラです!



続いては「山岳エルマー L105mm F6.3」と呼ばれるレンズ。
山岳写真家や登山家が好んで使ったことからその名が付きました。
風景を撮るときは絞りを絞って撮影することが多いので、レンズ自体の明るさはそれほど必要なく
むしろF値を抑えることで望遠レンズながらもコンパクトな仕上がりになっています。


望遠レンズらしい長さですがスラッとした鏡胴がセクシーです。
ポートレートなど、被写体を切り取る用途にもオススメです。


最後は「ヘクトール L73mm F1.9」
クセ玉として名を連ねるレンズの1つで、特に中望遠レンズで描写にクセがある物というのは珍しいです。
そして、ブラックxニッケル、ブラックxシルバーなど外装のバリエーションが豊富なのも面白いです。


今回ご紹介したレンズ達です。
並べてみると艶のあるブラックペイントとニッケル特有の暖色がなまめかしい雰囲気です…。


アナタはどの「ブラックxニッケル」にしますか?

↓今回ご紹介したブラックxニッケル」はコチラ!↓















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月19日 13時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む
新しいことへの挑戦 新しいことへの挑戦 2018年04月22日
4月もいよいよ最後の1週間に差し掛かろうとしています。 新しい環境で仕事や学生生活をスタートした方には、新鮮な事が非常に多かったのではないでしょうか? 筆者は世間でも色々な事が切り替わるこの時期に 毎年新しいことを、やってみたかったことを実際にやってみるようにしています。 今年は、趣味の方では英語の勉強を始めてみました。 カメラの方では触った事のない[画角]に挑戦してみることにしましたので今回は Voigtlander SNAPSHOT-SKOPAR 25mm F4 で広角での撮影に挑戦してみることにし...
続きを読む
遠くへ行きたい その2 遠くへ行きたい その2 2018年04月15日
皆様こんにちは 3月のとある週末、韓国へ弾丸旅行に行った旅行記の続きです。 (前回はこちらから) 韓国第2の都市、釜山のマチュピチュとよばれる、甘川文化村(カムチョン ムナマウル)から市街地へと戻ってきた我々が 次に向かったのはこちら。 こちらは龍頭山公園(ヨンドゥサンコンウォン)、 市民の憩いの場であると同時に、釜山のシンボルである「釜山タワー」があることから、1年中多くの人々で賑わっています。 手前の大きな銅像は、1590年代の豊臣秀吉率いる当時の日本の戦国武将...
続きを読む
【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 【Leica】ノクティルックスと行く夜の新宿。 2018年04月14日
皆様こんにちは! 今回載せるのは、少し前に書いた「タンバールM90mmのブログ」のアナザーカットです。 この日はタンバール M90mm F2.2とノクティルックス M50mm F0.95 ASPHというゴージャスな組み合わせ。 撮影していてすごく楽しい1日でした! 私はノクティルックスを持つと、どうにも暗い場所や夜にしか写真が撮れないらしいので(私が夜行性なのも相まって) 夜の街で全て絞り開放で撮った写真たちです。 まずは、ほぼ最短撮影距離(1m)での撮影。 上からの電気を活かして明るめに、ホワイトバ...
続きを読む
null 遠くへ行きたい その1 2018年04月06日
3月のとある金曜日、 1週間の仕事を終えた私がその足で向かったのは羽田の国際線ターミナル 羽田 01:55発、Peach Aviation MM809便 ソウル仁川空港行き。 税金や手数料を別にすれば、この時は片道運賃¥11,080- 私みたいに放浪癖がある人間にとって、LCCは偉大です。 あっという間にソウル・仁川(インチョン)空港へ 季節柄、空港で買ったミネラルウォーターは平昌のお水でした。 ここから電車でソウルのもう一つの空港、金浦(キンポ)空港へ、 仁川と金浦の関係性は、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]