【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

さて、【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1に引き続き、使用機材は
『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。
間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。

Part.1では昼間の写真がメインでしたが、今回は夕方~夜の撮影がメイン。
そして、人生で初めて挑戦した星空写真をご紹介いたします!

冒頭の写真は、日が落ちる少し前の写真。
電波塔と建物の隙間から零れる強い日の光がとても美しいです。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

この日宿泊したのは、標高2000m以上もある山の上。
夕焼けを見に外へ出たは良いものの、あまりの寒さにホテルへとんぼ返り…。
ホテルのフロントではウェルカムワインが配られていたので、私たちもありがたくあやかることに。
本レンズの最短撮影距離は70cmと少々長めですが、
クローズフォーカスアダプターのおかげでぐっと被写体に寄ることが出来ました。
ライカのレンズは最短が長いレンズが多いので、このアダプターにはいつも助けられています。

その後、お部屋でお食事をいただいて、いよいよお目当てであるナイトツアーへと向かいます!


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

道中、大量の野生のシカに遭遇する面白いイベントがありつつも、
ホテルが出してくれたバスで無事目的地へと到着。

…そしてこれが、私が初めて撮影した星空写真です!
絞りは開放、シャッタースピードは10秒ほど。
まだまだ課題はたくさんあるにせよ、きちんと星空が写っていたことにまず満足。
途中、何度か流れ星を見ることも出来ました。
ちなみに、使用した三脚はManfrottoのbefreeシリーズです。
1.4kgと軽いだけでなく、耐荷重4kgを誇るトラベル三脚。
使い勝手の割にお値段もそれほど高くなく、更におしゃれなケースまで付いています!
旅行の荷物はコンパクトに収めたい…という方にはぜひおすすめしたい三脚です。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

高原にぽつんと佇むホテルを真ん中に据え、もう1枚。
ホテルの明かりを受けて美しい青のグラデーションが出来ました。

…しかし、なんといっても寒い!笑
星空撮影に必要なものは、機材はもちろん防寒が最重要なのかもしれない…と感じた夜でした。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

翌朝。時刻はなんと朝の4時半!
星空撮影の次は、日の出撮影をするために朝早くから外で待機します。
ご覧の通り、日の出を見ようとする方々でテラスはいっぱい。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

太陽が顔を出すと共に、周りからは歓声が。
雲一つない晴天も良いですが、私は断然雲のある空の方が好きです。
雲の形、影、そして太陽に照らされて変わる雲の表情。
そのすべてがとても美しくて、こんなに美しい景色があるのか…と感動してしまいました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

こちらは先ほどの写真から数十分後の空。
日が完全に顔を出し、空の色もがらっと変わりました。
奥の方の山々も、日に照らされてその形がよりはっきりと見えるようになりました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

お昼前にはすっかり雲が無くなってしまい、この通り。
名残惜しさを感じつつも、一晩お世話になったホテルを後にします…。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

帰りの道中で、ふらりと立ち寄った諏訪湖。
さらさらと揺れる柳の木が良い感じです。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

1日目は生憎の雨でしたが、2日目・3日目はお天気に恵まれた良い旅でした。
そして、この旅の写真を改めて見返してみて、
やっぱりライカのレンズは良いな…としみじみと思いました。
マニュアルフォーカスゆえにとっさのシャッターチャンスを逃してしまうこともありましたが、
それでもやはり、じっくりとリングを回してピントを合わせている時間は何物にも代えがたいものがあります。

今年ももう残すところ約1週間。
Part.1でも書きましたが、今年は本当に色々なところに行きました。
来年の目標は、海外旅行に行くことです!
その際には、またライカのレンズと一緒に出掛けたいものです。









〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:12月23日 12時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
ズミルックス 【Leica】「貴婦人」とお散歩 2018年01月20日
SUMMILUXM50mmの第1世代 その作りの良さから付いた名称が「貴婦人」 今回はそんなSUMMILUXのNo.1759540(初期型)とライカM(type240)で、 お散歩にでかけてきました。 開放撮影が大好きなので開放で撮影した写真が多めですが、ご了承ください。 少しざわざわしたボケと日差しが当たっている部分にフレアが出ておりますが、 個人的にはこういった描写が好きなので使っています。 f5.6で撮影してみた写真です。 日が傾き始めていたせいもあってかコントラストが低く感じられます。 ...
続きを読む
null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 2018年01月02日
今回は1958年から1969年の間に生産された SUMMICRON (ズミクロン)35mm F2 1stのお話しです。 ガウスタイプの6群8枚のレンズ構成でそのため通称”8枚玉”と呼ばれ 人気が高いレンズです。 このズミクロン35mm F2はカナダのLeitz社で設計され カナダとドイツで製造されていました。 カナダ製に比べてドイツ製の個体は数が少なく高値で取引されています。 パチッとロックがされる無限遠ロックはライカレンズの中でも手が込んでいて 使うたび惚れ惚れするギミックです。 さ...
続きを読む
【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 2017年12月31日
Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax 【Leica M3にモノクロフィルムを詰めて】 M3はファインダーの倍率が0.91倍と高く、誕生から半世紀以上経過してもなお人気が高いカメラです。 初めてライカのフィルムカメラを購入する際に『M3』か露出計内臓の『M6』のどちらがいいか 非常に悩むところですが、ファインダーを覗いてしまうと『M3』の虜になってしまいます。 私は覗いてしまったのでM3を購入しました… 今回合わせたレンズは『Summaron(ズマロン) M35mm F2.8 眼鏡付...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]