108の煩悩と、108本のローレットが刻まれたレンズ » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






煩悩とは、欲望などわれわれを惑わし、苦しめるものと言われております。
仏教において人間の煩悩は108個あり、それを祓うために大晦日の夜から元旦にかけて煩悩の数だけ鐘をつくそうです。

カメラ好きの我々を惑わし苦しめるモノ、それはやはりライカでしょうか。
そうやすやすと手の届かないライカ、そのライカのレンズに人間の煩悩と同じ数の溝が刻まれたレンズがありました。

null

それは、NOCTILUX-M 50mm f/0.95 ASPH? それともAPO-SUMMICRON-M 50mm f/2 ASPH.?
はたまたSummilux-M 75mm f/1.4? これら名だたるレンズたちでしょうか?

実は、108本のローレットが刻まれたのはこのレンズ。

ズミルックス M50mm F1.4 初期型
Summilux 50mm/f1.4 1st

その描写しかり、モノとしての作りもしかり、われわれを魅了し続けるズミルックス。
これは偶然なのかそれとも必然だったのでしょうか、Summilux-M 50mm初代のピントリングに、
人間の煩悩と同じ数の溝が刻まれていたことに驚きつつも、妙に納得をしてしまいます。

Summilux-M 50mm/f1.4 1stのピントリングは、9本の溝が掘られた箇所がレンズを囲う様に12箇所あります。

ズミルックス M50mm F1.4 初期型

年の瀬が迫り、あと数日もすれば日本中に除夜の鐘が響きわたります。
Summilux-M 50mm/f1.4 1st なんとなく眺めていると釣鐘のような形にも見えなくもない。
カメラ好きの煩悩を祓うのは、除夜の鐘ではなくSummilux 50mm/f1.4 1stかもしれませんね。
年末までに手に入れて、年越しはSummilux-M 50mm/f1.4 1stを付けたカメラでシャッター音を響き渡らせ煩悩を祓いましょう。

え、手にしたら煩悩を持ったまま年を越してしまうのではないか?
その時はその時です。潔くライカレンズの深淵に飛び込みましょう。
その魅惑の描写は、Kasyapaでもご覧いただけます。

Kasyapaへは商品詳細










〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:12月29日 12時39分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】”ルックス”重視で決めるレンズ選び。 2018年01月23日
「ファッションとは、前を向く事」 ファッション雑誌アメリカ版「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの言葉です。 いろいろな意味を含んでいると思います。 そのひとつとして、 好きなものを身につけること、 欲しかったものを手に入れること、 それによってきっと人は気持ちが前向きになるのではないかと思います。 カメラや交換レンズにおいても同じことが言えるのではないでしょうか? しかしその選択肢によっては、 その数の多さでなかなか決めることが出来ない場合もあると思い...
続きを読む
ズミルックス 【Leica】「貴婦人」とお散歩 2018年01月20日
SUMMILUXM50mmの第1世代 その作りの良さから付いた名称が「貴婦人」 今回はそんなSUMMILUXのNo.1759540(初期型)とライカM(type240)で、 お散歩にでかけてきました。 開放撮影が大好きなので開放で撮影した写真が多めですが、ご了承ください。 少しざわざわしたボケと日差しが当たっている部分にフレアが出ておりますが、 個人的にはこういった描写が好きなので使っています。 f5.6で撮影してみた写真です。 日が傾き始めていたせいもあってかコントラストが低く感じられます。 ...
続きを読む
null 【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! 2018年01月16日
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。 Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。 こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。 大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。 カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。 ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。 ...
続きを読む
【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 【Leica】魅惑の8枚玉、ズミクロン M35mm F2 1st! 2018年01月02日
今回は1958年から1969年の間に生産された SUMMICRON (ズミクロン)35mm F2 1stのお話しです。 ガウスタイプの6群8枚のレンズ構成でそのため通称”8枚玉”と呼ばれ 人気が高いレンズです。 このズミクロン35mm F2はカナダのLeitz社で設計され カナダとドイツで製造されていました。 カナダ製に比べてドイツ製の個体は数が少なく高値で取引されています。 パチッとロックがされる無限遠ロックはライカレンズの中でも手が込んでいて 使うたび惚れ惚れするギミックです。 さ...
続きを読む
【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 【Leica】M3にモノクロフィルムを詰めて 2017年12月31日
Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax 【Leica M3にモノクロフィルムを詰めて】 M3はファインダーの倍率が0.91倍と高く、誕生から半世紀以上経過してもなお人気が高いカメラです。 初めてライカのフィルムカメラを購入する際に『M3』か露出計内臓の『M6』のどちらがいいか 非常に悩むところですが、ファインダーを覗いてしまうと『M3』の虜になってしまいます。 私は覗いてしまったのでM3を購入しました… 今回合わせたレンズは『Summaron(ズマロン) M35mm F2.8 眼鏡付...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]