【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい! » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language





Leica ズマレックス L85mm F1.5 クローム
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。
Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。


こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。
大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。

Leica (ライカ) IIIc 後期 (クローム) + ズマレックス L85mm F1.5 クローム + イマレクト (正像)ファインダー ※正像ビドム

カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。
ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。

Leica イマレクト (正像)ファインダー ※正像ビドム

しっかりと「8.5」と刻んであります。これでSummarexの画角がわかります。
しかし、イマレクトファインダーは、ズームレンズのように倍率が変わるのではなく、
広角から望遠にいくに従い視野が狭くなっていく仕掛けです。
したがって、8.5cmでは、たいへん小さなファインダー像となってしまいます。

Leica (ライカ) IIIc 後期 (クローム) + ズマレックス L85mm F1.5 クローム + SGOOD 85mm ファインダー

そこで、こちらのSGOOD 85mm ファインダーが、お勧めです。
ご覧のようにファインダー前面に「8.5cm」と刻んであります。
Summarex 8.5㎝専用ファインダーということです。


Leica SGOOD 85mm ファインダー

明るく広い視野に、浮かんでいるように見える白いブライトフレームが特徴です。
接眼側のリングでパララックス(視差)補正を行います。
唯一の8.5cmレンズ専用ファインダーですので、生産数が少ないものです。


また、こんな面白い組合わせは如何でしょうか。時代を超えたライバル同士です。

Carl Zeiss (カールツァイス) ZEISS IKON ZMボディ シルバー + Leica ズマレックス L85mm F1.5 クローム

Carl Zeiss の ライカMマウント互換のフィルムカメラZEISS IKON ZM です。
何故?この組み合わせかと申しますと、
このカメラのファインダーには、85㎜のフレームが内蔵されているからです。

Summarex 8.5cmとM/L変換リング(28/90mm用)を併用すると自動的に85㎜のフレームが表示されます。



ライブビュー撮影が可能なデジタルカメラでは、あまり気にしなくてもいい撮影範囲ですが
外付けファインダーにもこだわりを持って、探してみるのも楽しいものです。


それにしてもどうしてSummarexの焦点距離8.5cmなのでしょう。
Leicaの望遠レンズは、9cm(90mm)か多いのですが・・・。
レンジファインダーカメラ用のレンズとしては珍しい画角で新しい世界を覗いてみては如何でしょうか。


↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓















null


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:01月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null トークイベント『ライカを使う理由、 選ぶ理由。』レポート 2018年02月20日
2018年2月17日 東京・新宿にて、ライカを使用している5人のフォトグラファーの方々をお招きし、 愛用の機材解説も交えたトークショー『ライカを使う理由、 選ぶ理由。』が開催されました。 今回はその様子を写真を交えてレポートいたします。 今回はマップカメラ本館地下1階『ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU』の5周年記念として開催されたイベントの一つで、有名フォトグラファー5人が一堂に会す特別なトークイベントとなりました。 会場はいつ...
続きを読む
【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス 【Leica】夜の街でポートレート with ノクティルックス 2018年02月20日
50mm F0.95 1/125秒 ISO320 皆様こんにちは。 本日はマップカメラ本館地下にある「ライカブティック MAPCAMERA SHINJUKU」の設立5周年の記念日です。 皆様に支えられて、まずは5年という節目を迎えることが出来ました! 誠にありがとうございます。 本日は、4年ぶりくらいに会った中学時代からの友人をモデルに、夕方~夜の時間の街中ポートレートをお送りします。 使用機材はLeica SL(Typ601) + ノクティルックス M50mm F0.95 ASPHです。 その日のファーストカットだった、ちょっと固い笑顔から...
続きを読む
【Leica】ライカブティックは5周年を迎えました! 【Leica】ライカブティックは5周年を迎えました! 2018年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン5周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックではLeica M10やSL (Typ601)など話題の機種をお試しいただけます。 是非、ライカの魅力をご堪能くだ...
続きを読む
Leica M Monochrom (Typ246) + Summarit M35mm F2.4 ASPH 【Leica】Mモノクローム(Typ246)と行く江ノ島の旅 2018年02月19日
皆様こんにちは! だいぶ前になりますが、江ノ島へ旅に出ました。 オトモに選んだのはLeica Mモノクローム(Typ246)、ズマリット M35mm F2.4 ASPHです。 M型は手に取った時のサイズ感がちょうどよく、特にレンズが小型・軽量なので 一日中歩き回っても負担になりません。 この日は片瀬江ノ島駅からスタート。 大橋を渡る前からいい景色です。 だいぶ雲が多いので少し不安だったもののまだ大丈夫そう。 むしろ雲量が多い空をモノクロで撮るとすごく良い感じです。 まずはヨットハ...
続きを読む
【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]