Select Language



【Leica】大口径中望遠Summarex 8.5cm F1.5を使いたい!

[ Category:Leica|掲載日時:2018年01月16日 10時30分]



Leica ズマレックス L85mm F1.5 クローム
このレンズは、1943~1960年に製造されたSummarex 8.5cm F1.5です。
Leicaで唯一の8.5cmという焦点距離のレンズですが、撮影時のフレーミングをどうしようかと悩まされてしまいます。


こちらは、Leica IIIcにSummarex 8.5cmを装着したものです。
大口径、しかも大きなフードで、かなり迫力があります。

Leica (ライカ) IIIc 後期 (クローム) + ズマレックス L85mm F1.5 クローム + イマレクト (正像)ファインダー ※正像ビドム

カメラの上に取り付けたのは、イマレクトファインダー(正像ビドム)です。
ローレット加工されたリングを回すと視野が変化するファインダーです。3.5~13.5cmのレンズに対応します。

Leica イマレクト (正像)ファインダー ※正像ビドム

しっかりと「8.5」と刻んであります。これでSummarexの画角がわかります。
しかし、イマレクトファインダーは、ズームレンズのように倍率が変わるのではなく、
広角から望遠にいくに従い視野が狭くなっていく仕掛けです。
したがって、8.5cmでは、たいへん小さなファインダー像となってしまいます。

Leica (ライカ) IIIc 後期 (クローム) + ズマレックス L85mm F1.5 クローム + SGOOD 85mm ファインダー

そこで、こちらのSGOOD 85mm ファインダーが、お勧めです。
ご覧のようにファインダー前面に「8.5cm」と刻んであります。
Summarex 8.5㎝専用ファインダーということです。


Leica SGOOD 85mm ファインダー

明るく広い視野に、浮かんでいるように見える白いブライトフレームが特徴です。
接眼側のリングでパララックス(視差)補正を行います。
唯一の8.5cmレンズ専用ファインダーですので、生産数が少ないものです。


また、こんな面白い組合わせは如何でしょうか。時代を超えたライバル同士です。

Carl Zeiss (カールツァイス) ZEISS IKON ZMボディ シルバー + Leica ズマレックス L85mm F1.5 クローム

Carl Zeiss の ライカMマウント互換のフィルムカメラZEISS IKON ZM です。
何故?この組み合わせかと申しますと、
このカメラのファインダーには、85㎜のフレームが内蔵されているからです。

Summarex 8.5cmとM/L変換リング(28/90mm用)を併用すると自動的に85㎜のフレームが表示されます。



ライブビュー撮影が可能なデジタルカメラでは、あまり気にしなくてもいい撮影範囲ですが
外付けファインダーにもこだわりを持って、探してみるのも楽しいものです。


それにしてもどうしてSummarexの焦点距離8.5cmなのでしょう。
Leicaの望遠レンズは、9cm(90mm)か多いのですが・・・。
レンジファインダーカメラ用のレンズとしては珍しい画角で新しい世界を覗いてみては如何でしょうか。


↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓















null


〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年01月16日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
【Leica】Tour de M9 【Leica】Tour de M9 2018年05月08日
ライカといえばスナップ撮影。 「スナップ写真の名作の多くにライカあり」というイメージです。 今回は敢えて街中のスリリングなスナップではなく、 「旅と共に」ライカを使ってみました。 今回はM9にSummilux 35mm F1.4 ASPH(旧)の組み合わせで館山へ。 海際の静寂をしっかり写し取ってくれました。 この日は曇りでした。上品な湿感で多少クセのあるところが 旧ASPHの好きなところです。 宿泊したホテルはオーシャンビュー。 日没と共にその姿は変わり、宵闇に佇む灯台の灯...
続きを読む
null 【Leica】M10 + SUMMARON 35mm F2.8 2018年05月06日
みなさま、ゴールデンウイークはいかがでしたか。 関東地方は好天に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。 私も日頃行かない場所に、といっても公園ですが 出かけてまいりました。 今日のお供は【ライカ M10】と【ズマロン M35㎜ F2.8】です。 M10は2017年発売のMデジタルの最新鋭機。 ズマロンは1958年発売のレンズなので、その年齢差はなんと60年。 しかもブラックボディにシルバーレンズでもこの馴染みの良さはまさしくライカといえるものです。 ズマロン M35mm F2.8はクラシ...
続きを読む
【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 【Leica】価格改定前に欲しいレンズ Pick up! 2018年05月04日
皆様こんにちは! 早いもので、1年も3分の1が終わりました。新たに5月のスタートです! 5月と言えばゴールデンウィーク真っ只中ですが、カメラ業界では話題になっていることが1つあります。 それは…「Leica 価格改定」です! カメラ好きなら1度は手にしたいと思う憧れのLeicaというブランド。 来たる5月10日に対象商品が値上がりしてしまいます!! そこで今回は、価格改定の対象になっているレンズの中から「コレはイチオシ!」というものを幾つかご紹介! ノクティルックス M50mm F0.95...
続きを読む
null 【Leica】Tにあえてつけてみました。 2018年04月24日
「完璧かつ簡潔」 そんなコンセプトのもと、生み出されたライカT。 何故今ライカTなのか? TLでもTL2でもなく何故? その理由は後程。 アルミ削り出しの曲線的で洗練されたデザインは、スッと手に吸い付くように馴染みます。 背面を覆う大型のタッチパネル液晶はカスタマイズすることで自分のベストなメニュー配置にすることが出来ます。 まさに、機能を高めていくことで生まれた美しさ=「機能美」というものを体現しているカメラです。 さて、ライカTは専用のTマウントは勿論、Mレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]