高画素機で撮るモノクローム » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



高画素機で撮るモノクローム

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]




昨年、2017年はニコンのD850、ソニーのα7RIIIなど高画素でなおかつ高性能なモデルが相次いで登場し盛り上がりました。

ところで高画素の機種について、
「センサーが高精細すぎて半端なレンズでは粗が目立つ」
「センサーの性能をフルに活かすためにはレンズも高性能なものを使わなければならない」
などと言われることが多いと思います。

では高画素の機種で気軽に撮影はできないものか、できるだけ軽快に撮影を楽しめないものか検証しようと思います。

今回使用した機材は、
Nikon D800E
Voigtlander ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

いずれも現行品ではありませんが、D800Eは有効画素数36.3 メガピクセルと現行機種に負けない画素数を誇り、
レンズのULTRON 40mm F2 Aspherical SL IINは現行機種と比べると最短撮影距離は長いですが、
全長24.5mmとパンケーキレンズと呼ぶにふさわしい薄さになっています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

レトロな雰囲気の駄菓子屋のそばにあった電灯です。
高画素機の魅力として、その高精細な描写により被写体の質感が手に取るように感じられる点があります。
最新のレンズではよりシャープに隅々まで描写してくれると思いますが、
このレンズはディティールを残しつつやわらかく描写しています。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

初詣に寄った神社の境内にある狛犬の彫刻です。
時代を経た木材が醸し出す質感が伝わってくるようです。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

狛犬の顔を拡大してみました。
ここまで拡大してもディティールは失われず、かつ柔らかく描写されています。
「おまえは何をしに来たんだ?」と言わんばかりの表情に圧倒されてしまいます。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

同じく寺の境内にある木彫りの彫刻が彫られている壁です。このお寺はこの木彫りの壁が有名です。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II

中央上の二人をほぼ等倍に拡大してみました。
木の線の一本一本までしっかり描写されているのがわかります。
最新のレンズではもう少しシャープさが増してシャキッと写ると思います。
それらと比べてこのレンズは線が細い、というか柔らかいという表現が合うと思います。

Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II
Nikon (ニコン) D800E ボディ+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRON 40mm F2 Aspherical SL II


いかがでしたでしょうか?
どうしても最新の技術を使ったレンズには及ばない部分はあります。
特に先に述べた「高精細な描写を楽しむ」という点では物足りない、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。
そしてそもそもマニュアルレンズですからスピーディな撮影はなかなか難しいです。
しかし高性能のレンズは単焦点を除けばたいてい重く、大きいです。

今回使用した機材はボディ、レンズあわせて1㎏程度です。
この大きさ重さでこれほど濃密な写真が撮れるのですから軽快に撮影したい方にはお勧めです。
なお、現行のULTRON 40mm F2 Aspherical SL II Sは少し直径が長くなりましたが、
最短撮影距離が25㎝まで寄れるようになっています。




現行機種の写真はこちらからぜひご覧ください!
Kasyapa















〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年01月07日 01時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】Nikonの話 ~お買い得なミドルクラスで行楽に出かける話~ 【Nikon】Nikonの話 ~お買い得なミドルクラスで行楽に出かける話~ 2018年04月19日
今年は気温が高低が大きく4月の初めには温かい日々が続いたので 桜に引き続きチューリップも10日以上の早さで見頃を迎えているようです 色とりどりの花々が咲き誇るこれからの季節は行楽のついでに撮影に臨むには良い季節です 今回はNikon D7500にSIGMA Contemporary 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMを使用しています Nikon D7500はミドルクラスながらフラッグシップ機たるD500と同一の画像処理エンジン「EXPEED 5」とCMOSセンサーを搭載 高画質・高速性能を受け継ぎながら軽量化を図った...
続きを読む
null 【Nikon】AF-S NIKKOR 180-400mm F4E TC1.4 FL ED VRで銃剣道を撮る 2018年04月17日
4月15日、日本武道館で全日本銃剣道優勝大会が行われました。 銃剣道(じゅうけんどう)とは剣道に似た武道ですが、 剣道とは異なり竹刀ではなく木銃(もくじゅう)を用いて相手と突き合う競技です。 主に自衛隊で活発に行われているため、あまり馴染みがないかもしれません。 とはいえ近年、認知度が次第に高まりつつあり、一般にも広まってきている競技です。 私の親戚がある県の代表として試合に出場するということで、ニコンの最新レンズを持参して応援をしつつ撮ってきました。 日本武...
続きを読む
故郷の空気 故郷の空気 2018年04月13日
桜の花びらは春の強風で飛ばされ、桃色の景色はあっという間に鮮やかな緑に変わってしまいました。 気温もぐんぐんと上がり、早くも初夏並みといわれる日が出てくるほどに。 暖かくなってくると私は決まって水辺に行きたくなります。 昔から海や湖の近くで過ごしてきたからか、水が身近に感じられる 場所がとても落ち着くのです。 海を見るために横浜や鎌倉方面まで行ってもいいのですが、 都内でも身近に水の流れを感じられる場所があるのです。 この都市部のすぐ近くにある“島”が私のそんな欲を...
続きを読む
Nikon D7500 SIGMA Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM 【Nikon】Nikonの話 ~望遠ズームレンズで飛行機を撮る話~ 2018年04月04日
あっという間に桜の季節が駆け抜けていきます 皆様、春の訪れを楽しんでおられますでしょうか 夕景に映えるさくらの彩りは良いものです 今年の春は例年より早く桜前線が通り過ぎて行ったために 撮影の機会をだいぶ逃してしまった気がします さて、今回はNikon D7500とSIGMA Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM この組み合わせで旅客機を撮影したものを紹介します あれだけの巨大なものが空を駆けていくのを見るだけでもわくわくするものですが それを写真におさめるのも、...
続きを読む
AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR 【Nikon】新世代の本格ズーム FX70-200mm~新生活にスパイス~ 2018年03月28日
日常にスパイス 04 AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR 新世代望遠ズームで、新生活にスパイス 不安定な気候が続く2018年。 それでも春はやってきます。 春の訪れを感じさせるものは様々ありますが、 中でも「桜」は、春の代名詞とも言えます。 日本における始まりと別れに季節に寄り添う花。 今日は、そんな季節的にもぴったりな桜を、 AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VRで撮影してきました。 道路沿いに広がる桜並木。 昼ごろに合わせて撮影に出かけましたが、 日も暖かく、穏やかな春の陽気と...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]