Select Language



【PENTAX】アプトの道をゆく FA31mm

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年01月08日 10時30分]




SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO1600)

信越本線の横川駅 - 軽井沢駅間旧線は1963年に廃止されてから時間が経っていますが、
山深い場所に今も鉄道遺構が残っており、一部は「アプトの道」としてしっかり整備されています。

今回はSONY α7IIにPENTAX FA31mm Limited, Sonnar T* FE 55mmを携えてお散歩して参りました。
どちらも納得の描写にも関わらず細身で携帯するのが嫌になりません。


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/100s f/1.8 ISO100)

隧道の入り口にて。何か取り付けてあったのでしょうか。
苔のついた煉瓦が時間の経過を感じさせます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO640)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO1600)

横川方面より歩くと、このような煉瓦積みの隧道がメガネ橋まで5本続きます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO640)

現代のコンクリート造りのトンネルも悪くありませんが、
煉瓦造りは雰囲気があって非日常を感じます。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/1.8 ISO1250)


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/2000s f/3.2 ISO100)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/320s f/5.6 ISO100)

5号隧道を抜けると碓氷第三橋梁 通称「メガネ橋」と呼ばれています。1893年(明治26年)に竣工とのこと。
歴史的経緯は深く存じませんが、前後の隧道も含めて100年以上経っています。
後から作られた橋や隧道が廃道になりあっという間に自然に還るケースを考えると、凄いことなのではと思います。


SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
SONY α7II + Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1/400s f/5.6 ISO100)


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/320s f/5.6 ISO100)

他社に無い31mmという画角。絶妙で気に入っています。
35mmのようにちょっと狭いかなと思う事もなければ
28mmのようにパースを感じる事もあまりなく。
開放F1.8の明るさもあって、様々なシチュエーションで活躍します。


SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited
SONY α7II + RAYQUAL PK-SαE + PENTAX FA31mm F1.8 Limited (1/60s f/2.8 ISO2500)

橋を渡りきると、また隧道が続いているのでした。
今回はここらへんで折り返しです。

個性派が揃うペンタックスレンズもα7シリーズなら
35mmフルフレームの画角で軽快にお使い頂けます。
機会があれば、往年のFA☆シリーズも試してみたいと思うこの頃です。
ペンタックスボディ同様に7II系であればボディ内に手振れ補正を内蔵。
今回の様な薄暗いシチュエーションでも躊躇なく撮影に臨めます。



せっかく買うなら新品で。こちらよりご購入頂けます。



気兼ねなく使いたいから中古品で。
良品・並品のFA31mmは新品との値段差が大きくお買い得です!









〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年01月08日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 【Canon】初撮り Kiss X8i 2018年06月23日
初心者、女性でも使いやすいと評判の【EOS Kiss X8i + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM】で、都内某所をお散歩してきました。 まずは、神社で参拝です。 ここでは、パワースポットの「勝ち運の銭洗い弁天」があると知り、小銭を洗ってみました。 こちらの水で願いを込めてお金を洗うとご利益があるそうです。 私は 115円 で、「いいご縁がありますように」と願いを込めてみました。 梅雨の時期ということもあり、紫陽花が咲いてました。 そろそろお腹が空いたので、スープカレ...
続きを読む
デジタル一眼はじめました。 デジタル一眼はじめました。 2018年06月22日
マップカメラに入社してからはや数年、子供たちの小学校入学を機にミラーレス一眼カメラの購入を決めました。 ボディは、オートフォーカスと連続撮影に定評がありタッチパネルを装備している、α6500。 レンズは、まずは標準ズームと思い SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z を選びました。 これがデジタル一眼初体験という状態にもかかわらず、入学式1週間前にやっと購入。 機能の確認や試し撮りする時間もほとんどないまま、ほぼぶっつけ本番での撮影となりました。 ...
続きを読む
null 写真展のご案内 〜 写真展『水のとき』 2018年06月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『水のとき』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
写真に残す。 写真に残す。 2018年06月21日
写真を撮っていくと 色々なことにこだわってきたり、臆病になったりします。 たとえば 白飛びや黒潰れ。 特にデジタルの世代になって「白飛び」にはかなり神経を使うことが多くなった気がします。 白飛びも黒潰れも気をつけなくてはいけないのは間違いありません。 そうなってしまったところは現像でも手をつけることが出来ませんから。 でもその「素材」を重視するあまり、なんでもかんでもアンダーに撮ってしまうようになっていました。 撮り方を知るほど、拡がる選択肢に助けられたり...
続きを読む
ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 写真展のご案内 〜 ユカイハンズ・アシスタント写真展『Sunrise』 2018年06月21日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは ユカイハンズ・アシスタント写真展 - 『Sunrise』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]