【Canon】古き良き L 50mm F1.2 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Canon】古き良き L 50mm F1.2

[ Category:Canon|掲載日時:2018年01月09日 20時20分]



Canon 50mm F1.2と言えば、通称Lレンズの
EF 50mm F1.2L USM を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし本日ご紹介するのは、
レンジファインダーカメラ用、スクリューマウント版
ライカ Lマウント互換のレンズです。

Canon 7 + Canon L 50mm F1.2
↑の写真はCanon 7に取り付けたものです。
当時はこういった組み合わせで使われていました。

ライカ Lマウントは、L39マウントや
LTM(Leica Thread Mount)
と呼ばれることもあります。

今回使用したカメラは、Canon 7ではなく、
軽量コンパクトボディにフルサイズセンサーを搭載した、
フルサイズミラーレスという新ジャンルを切り開いた
SONY α7です!

では早速ご覧ください。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/800秒 ISO100
絞り解放では周辺部の流れや、光量落ちなどがあるため、
被写体や構図を選ぶかもしれません。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/4000秒 ISO100
何故か人物がミニチュアのようになってしまった1枚です。
大口径レンズらしい豊かなボケです。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO160

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO200
ほわほわとした写りとレトロな被写体が相まって、
タイムスリップしたような感覚にとらわれます。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/200秒 ISO100
日が暮れ始めると、周辺の光量不足が目立ちますが、
薄暗さに加え、寂しい雰囲気が伝わってきます。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/125秒 ISO100
哀愁のある背中です。
よく見るとふわっと滲む箇所があり、
オールドレンズらしいレトロな描写になっています。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO3200
F1.2という破格の明るさは、夜の撮影に臨む際も安心です。
ISO感度とシャッタースピードの選択肢が増える為、
撮影が格段に楽になります。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO2000
靄と高層ビルの組合わせはどことなく海外らしい雰囲気。
特にしっとりした気候の香港やロンドンのような。
(勝手なイメージです。)


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/100秒 ISO160

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/60秒 ISO640

SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/80秒 ISO100
明るいレンズがあると、夜の撮影が手軽に楽しめます。
日中は気付かない魅力的な被写体と出会えるかもしれません。


SONY a7 + Canon L 50mm F1.2
F0 1/640秒 ISO100
開放付近の写真ばかりになりましたので、
絞った際にどうなるのか、参考までに。
予想以上にシャープで、コントラストの高い描写に驚きました。

最新レンズとは違う収差がいい味のレンズです。








このレンズはクモリが出やすいレンズとして知られていますが、
例に漏れず、今回使用したレンズもクモリが出ています。

クモリの程度によっては、よりふんわりとした描写が得られることもあり、
個体毎の描写を楽しむこともオールドレンズの醍醐味かもしれません。

↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓










〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年01月09日 20時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Canon(キヤノン)PowerShot G7X Mark II 【Canon】G7X Mark IIで街歩き 2018年04月19日
本日はCanon PowerShot G7X Mark IIを持って有楽町周辺を散策してきました。 この日の天候は晴れ。 青空に綺麗な雲が浮かび上がり、少し汗ばむくらいの心地良い一日でした。 焦点距離:24mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/640秒 ISO:200 まずは東京国際フォーラム内で広角撮影をしました。 はじめて訪れた場所だったのですが、事前に調べた際に「ガラスの船」のようだという文字を目にしました。 実際に目の当たりにしたら、まさにその通りで、ガラス張りの天井から光が差し込んでいる...
続きを読む
【Canon】EOS Kiss M レビュー  エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力 【Canon】EOS Kiss M レビュー エントリー機の名前を冠した最新鋭ミラーレスの実力 2018年04月12日
Canon EOS Kiss M 2018年3月23日に新発売となったEOS Kiss M 気になっている方も多いのではないでしょうか? 今までキヤノンのKissシリーズはすべて一眼レフカメラでしたが、ついに満を持してミラーレス機としてデビューを果たしました。 今回EOS Kiss Mを使う機会がありましたので、作例を交えたレビューをお伝えしたいと思います。 エントリークラスとしての位置付けですが、実質的には現行のEOS M5やM6に対しての下剋上機種といって差し支えない完成度です。 新映像エンジンDIGIC 8が...
続きを読む
null SUPER GT を撮ろう。今シーズンまもなくスタート!! 2018年03月29日
SUPER GTとは、主に国内のサーキットで行われていて、 前身が全日本GT選手権(JGTC)として開催されていた自動車レースで、 2005年からFIA公認の国際シリーズとなった自動車レースです。 GT500クラスとGT300クラスという異なる2つのクラスの車両が同一コースを混走するという方式で, 両クラスの速度差から徐々に混走状態となり、 コースの所々で抜きつ抜かれつの争いが展開になる為、 観客にはより楽しめるエキサイティングな場面が増え、 コースサイドではその迫力のレースを撮ろうと多くのアマチュ...
続きを読む
null 単焦点レンズでポートレート撮影 2018年03月22日
単焦点レンズ2本とストロボを持って、 野外と室内とで友人の和装ポートレート作品を撮影。 今回は異なるメーカー2本を持って行きました。 Canon EF50mm F1.2L USM F2 1/500 ISO-100 50mm 公園で夕暮れ時に撮影。 小さな公園で背景選びに苦労しましたが、レンズ効果で背景が綺麗にボケてくれるので良く撮れました。 着物はモデル自身が着付けています。 和装撮影は滅多に出来ないのでとても楽しむことができました。 F1.8 1/160 ISO-500 50mm 室内で小物を持ち寄って背景を作り、撮...
続きを読む
null 【Canon】 EF135mm F2L USM + SIGMA MC-11 で撮る。 2018年03月15日
絞り:F2.0/ シャッタースピード:1/400秒 / ISO:200 / SONY α7 + SIGMA MC-11 + Canon EF 135mmF2L  135mm。  望遠レンズの入り口、とも言われる焦点距離ですが  なかなか最初は単焦点レンズとして手にしよう、とは思わないかもしれません。  しかし各社から出ている135mmのレンズにハズレなし  と言えるほど写りが良く、国内外問わずその素晴らしい作例に惹かれた  135mmユーザーは着実に増えています。ともいう私もその中の1人です。  やはり135mmといえばポートレートだと思いま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]