【FUJIFILM】氷瀑を目指す旅 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【FUJIFILM】氷瀑を目指す旅

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年01月12日 13時40分]


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

雲竜渓谷

栃木県日光市の山奥に位置し、
1月下旬から2月上旬の限られた時期にのみ巨大な氷瀑を見ることができます。
あたり一面氷柱に囲まれた景色は秘境そのもの。

フジフイルムX-E2フジノン XF14mm F2.8 R と共に行ってきました。


朝方早くから登り始めるため、前日の夜遅くに車で東京を出発。
夜明け前に登山口に到着し少しの間車の中で仮眠をとりましたが、尋常ではない寒さです。
それはそうですね、ここは真冬の日光の奥地。
持ってきたものすべてを着込んでも芯から凍える寒さです。


寒さに耐えながら空を見上げると・・・

FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R




さて、周りが明るくなってきたころ、準備運動を済ませ登り始めます。
最初は林道を歩きますが、ある程度進むと谷に入ります。

FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R


目的地まではまだ歩きますが、すでに非日常感があります。


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

谷奥から雪を巻き上げた風が吹いてきました。


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

川をさかのぼるように進んでいくと、あるところから景色が一変します。
おや、奥に何やら見えます・・・。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

氷の世界への入り口です。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

さらに進んでいきます。
雪が降ってきました。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

足元にも小さな自然の芸術が。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

振り返って。真ん中に人がいるのがお分かりでしょうか。
とにかく氷柱が巨大です。
雲竜渓谷は1日の日照時間が少ないために、このように氷が成長するのだそうです。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

目的の氷瀑が見えてきました。
滝の横に見える氷柱は一段一段が人の背丈以上の高さがありました。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R


FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

ただただ圧倒されます。
限られた足場で広大な景色を写すには、XF14mmは大変役に立ちました。
過度な遠近感なく目の前の風景を広々と切り取ってくれます。



FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

帰りは少し晴れました。




FUJIFILM (フジフイルム) X-E2 + フジノン XF14mm F2.8 R

景色を目に焼き付けて・・・。



単焦点の広角レンズのみだと撮れるシチュエーションに限りは出ますが、
選択肢が多いゆえにアレコレ悩むことがなくなるので、割り切っての撮影も楽しいものです。


今回、時間帯によっては氷点下というカメラには厳しい環境で長時間使いましたが、
バッテリーの消耗が通常よりも早く、また電源を入れた際の起動にも時間がかかることがありました。

氷点下でなくとも寒い環境ではバッテリーの消耗が激しくなりますので、
そういった場所で使う場合は予備バッテリーを多めに持っていくことをお勧めします。
また、予備バッテリーは肌に近いポケットに閉まっておくなどして暖かい状態にしておくと撮影枚数を増やすことができます。



最近山でミラーレスカメラを使っている方をよく見かけます。
山と限らず機材を選ぶ際は重さと画質などの折り合いが難しい問題です。

フジフイルムのX-Eシリーズはコンパクトな上に画質も妥協なく良いバランスですので、
どちらも求める方にはぜひおすすめしたいカメラです。






その他、X-Eシリーズは商品詳細







〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Fujifilm|掲載日時:2018年01月12日 13時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 【FUJIFILM】This is the "Snap-Shooter" 2018年04月11日
今まで多くのスナップシューターを魅了したFUJIFILM X100シリーズ。 その4世代目として成熟したX100Fは更に磨きをかけ、 フィルムシミュレーションACROSを搭載。 「カラーもモノクロも、これ1台」と言って良いほど。 本来は35mm判換算で35mm相当のレンズが付いているX100Fですが、 今回はワイドコンバージョンレンズWCL-X100 IIを装着。 35mm判換算28mm相当で撮影しています。 フィルムシミュレーションは勿論ACROS、 更にモノクロ撮影には欠かせないイエローフィルターを加えて ACROS+Yモー...
続きを読む
【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 【FUJIFILM】X100Fで撮る赤外スナップ 2018年04月07日
赤外撮影というと、何やら特殊な機材を用いた撮影方法のように思えますが、今のデジタルカメラでは専用フィルター1枚で気軽に楽しむことができます。 ブログの写真は『FUJIFILM X100F』にデジタルカメラ用の赤外撮影フィルター『Kenko PRO 1D R72 フィルター』を装着して撮影をしたものです。デジタルカメラ内部のセンサーには赤外線除去フィルターが付いていますが僅かながら赤外線を感光することができます。(使用するカメラの機種によって、赤外の感光特性が異なりま...
続きを読む
FUJIFILM (フジフイルム) X-T10 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS そうだ花見に行こう!(信州上田編) 2018年04月03日
筆者のわたくしもですが花粉症に悩める人達は、ついこの時期は外出が億劫になりがちです。 しかし「桜開花!」の便りを聞くとそこは日本人の性。気持ちはワクワク出かけてみようかな・・・というパワーが湧いてきます。 今日の相棒はFUJIFILM X-T10とフジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OISの組合せ。 FUJIFILMのボディはコンパクトで持ち運び、フットワークも生かせて良いですし、そこはフイルムメーカーのノウハウを生かした色彩豊かな描写にも期待しての選定となりました。 都内の桜のピーク...
続きを読む
【はじまる410】体感型フォトムービー03『春の梅園de春爛漫の旅』 【はじまる410】体感型フォトムービー03『春の梅園de春爛漫の旅』 2018年03月21日
【はじまる410(フォト)ムービー】  まったく新しい体感型フォトムービー『はじまる410ムービー』。 それは、いつもとは違う小さな旅。 そこは、新しい発見と未来を見る小さな旅。 そこへ、何度でも行きたくなる小さな旅。 そんな小旅行『はじまるトリップ』は、写真を通じて体感する小さな旅の物語です。 次はどこへ行こう!次は何をするに応える『はじまる410ムービー』がはじまります。 本日、3月21日は春分の日。昼と夜の長さが同じになる日です。 『はじまるト...
続きを読む
【FUJIFILM】フィルムシミュレーション ACROS 【FUJIFILM】フィルムシミュレーション ACROS 2018年03月11日
焦点距離36㎜(換算56㎜) F8 1/400秒 ISO200 ~FUJIFUILMフィルムシミュレーション~ フィルムメーカーとして色に強いこだわりを持ち、独自の色再現技術でユーザーの心をつかむフジフイルム。 独自のセンサーに加えその要となっているのがフィルムシミュレーションです。 フィルムを交換するイメージでモノクロ、カラー、色味など異なるにモードに切り変えることができます。 今回はその中からモノクロのシミュレーション”ACROS(アクロス)”をご紹介いたします。 X-Pro2から搭載されたフィル...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]