Select Language



【ロシア】ヘリオス44-2 58mm F2と歩く

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月14日 11時10分]



SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

今回は、1年とすこし前に購入してからすっかりハマってしまったオールドレンズ
『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2』をご紹介いたします。

冒頭の写真は、良い被写体があった!と思ってカメラを構えたところ、
ピントを合わせる前の画がとても幻想的だったのでそのままシャッターを切った1枚です。
マニュアルフォーカスレンズの良いところは、
こうした予期せぬ1枚に巡り合えるところにあると私は思っています。



SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

先ほどの1枚のピントを合わせた結果がこちら。
ヘリオスの柔らかなフレアがとても美しいです。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

今回掲載している写真は、すべて去年の元旦に撮影をしたものです。
だいたいどのお店も閉まっていて人通りも少ない元旦は、写真を撮る者にとって最高の環境!
ふらっと近くにある遊園地に訪れてみたらなんと釣り堀がやっていました。
元旦からの営業、おつかれさまです。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

営業しているとは言えど、園内に人はほとんどいません。
そんな中、我が物顔で階段に陣取るお猫様。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

釣り堀の周りにはなぜか猫がたくさん。
どうやら釣れた魚を狙っているようです…。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

何枚もシャッターを切っていたら、カメラ目線をくれました。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

このレンズ、実は7,800円で購入した並品。
安いし買ってみるかという軽い気持ちで購入をしたのですが、
想像以上に好みの写りをしてくれるので今ではすっかりスタメンです。
これだからオールドレンズはやめられない!


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

大きなボケ味と、優しい色味。
光が強いと派手なゴーストが出ることもありますが、それもまた味というもの。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

ヘリオスを購入してからというものの、すっかりロシアレンズ沼にハマってしまいました…。
毎日マップカメラの新着中古でロシアレンズを漁る日々。
意外と難あり品に掘り出し物があるのです。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

日もすっかり暮れて、せっかくなので初詣に。
さすが元旦!すごい行列です。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

さすがに周辺の解像力は落ちますが、中央の描写力は見事なもの。
絞り込めばよりいっそうシャープな画を見せてくれます。


SONY (ソニー) α7ボディ ILCE-7+ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)

卒塔婆がシルエットになり、ちょっとイラストチックな1枚になりました。
夜空に浮かぶ三日月がとても美しいです。

『ロシア ヘリオス 44-2 58mm F2 (M42)』いかがでしたでしょうか。
ヘリオス特有の柔らかい写りの魅力が少しでもお伝えできていたらとても嬉しいです。
人気商品なので入荷してもすぐに売り切れてしまうことが多いのですが、
見かけたときはぜひお手に取ってみてください。
ヘリオス越しの世界はとても幻想的で、病みつきになること間違いなしです。








〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年01月14日 11時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
null 【CONTAX】シンプルな日々。 2018年05月15日
映画用に使われていたKodak50Dを35mmフィルムカメラで使えるようにしたCinestill 50D。 最近フィルムは100~400あたりの感度を使うことが多いのですが、 今回のフィルムは感度50。 室内などではスローシャッターになってしまうので慎重になってしまいますが、日中ではとても綺麗な一枚が撮れます。 今回使用するカメラはこちら。 私が初めて購入したフィルムカメラとレンズです。 ポルシェデザインのCONTAX RTSⅡと標準レンズの帝王と呼ばれたPlanar T* 50mm F1.4 AE。 F2.4あたりまで少...
続きを読む
新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年4月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年05月10日
新品デジカメ4月ランキング 1位 SONY α7III レンズ交換式デジタルカメラ 2位 Nikon D850 レンズ交換式デジタルカメラ 3位 Canon EOS Kiss X9 レンズ交換式デジタルカメラ 4位 SONY α7RIII レンズ交換式デジタルカメラ 5位 Nikon D3400 レンズ交換式デジタルカメラ 6位 Canon EOS 6D Mark II コンパクトデジタルカメラ 7位 Canon EOS 5D Mark IV レ...
続きを読む
GWバッグの中身大公開! 【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.9 2018年05月06日
楽しい連休もアッという間に過ぎてしまいました。 ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」もいよいよ最終回です! 最後のトリを飾るのは、フィルムカメラにこだわりを持つ2人です。 普段街のスナップが多いので、布のトートバッグにHAKUBAのクッションバッグを入れてカメラを持ち歩いています。 ポータブルさとさりげなさは抜群なコンビです。 撮影後の予定もこのまま気兼ねなくいけるのがこのスタイルのポイントです。 トートバッグの中をのぞいてみ...
続きを読む
GWバッグの中身大公開! 【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.8 2018年05月05日
ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」 今日は第八弾!同じ部署同士のカメラ好きペアでお送りします。 元々、カメラに興味のなかった私。 マップカメラに来てからあっという間に染まりに染まってしまい アンティークなものが好きというのもあってローライの2眼レフからカメラデビュー。 今ではすっかり(中古で買ったものですけど)ライカオーナー。 そんな私が愛用しているのが「ONA」というブランドの鞄。 数あるONAのラインナップの中でも特に愛...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]